全3作品。石上亮が出演した映画ランキング

  1. ENOLA エノーラ

    ENOLA エノーラ
    評価:E0.00
    名古屋出身・在住の映画作家で「ローン・チャレンジャー」「岸部町奇談 探訪編」などを送り出してきた林一嘉監督が、名古屋を舞台に描いたアクションサスペンス。2015年、名古屋市を中心に数万人が突然死するという事件が起こる。原因不明のまま避難命令が出され、市内には非常事態に対応する特殊機関の工作員が徘徊するようになる。数カ月後、市内に残ったわずかな市民の中には、大学教授の平良と義理の妹ハヅキがいたが、幼少時から第六感が優れていたハヅキは、工作員たちにマークされていた。ある日、工作員に追い詰められたハヅキは近くにいた不良少年の健太に魂を移し、健太はその影響で超能力に目覚めてしまう。

    アクション、SF
    製作年:2015
    製作国:日本
    監督:林一嘉
    主演:元井康平
    1
  2. Mogera Wogura モゲラウォグラ

    Mogera Wogura モゲラウォグラ
    評価:E0.00
    河原に秘密基地を作る10歳(堀ひかる)、狭いダクト掃除のバイトを始める21歳(石上亮)、娘の引きこもりに戸惑い、コインランドリーで時間を過ごす45歳(大杉漣)、違法駐車の切符を切り続ける65歳(麿赤兒)。それぞれ問題を抱える彼らは、ラジオから流れる地震発生のうわさを耳にし、自らの問題と向き合い始めるが……。

    ヒューマンドラマ
    製作年:2009
    製作国:日本
    監督:草野翔吾
    主演:堀ひかる
    2
  3. ローン・チャレンジャー

    ローン・チャレンジャー
    評価:E0.00
    2008年に『核、弾頭』で、第10回インディーズムービー・フェスティバルでグランプリを受賞した林一嘉監督が手掛けたクライムムービー。爆弾テロの脅威にさらされた人々と、その現場で目撃されたミステリアスな仮面の少女を取り巻く緊迫した状況を描き出す。

    サスペンス

    ネット上の声

    脈絡もなく、演技もひどい。
    卒業制作以下ね
    低予算だろうけど、おもしろい作品
    色々と残念・・・。
    製作年:2012
    製作国:日本
    監督:林一嘉
    主演:林由莉恵
    3