全3作品。ビリー・デウルフが出演した映画ランキング

  1. ポーリンの冒険

    ポーリンの冒険
    評価:E0.00
    往年の連続映画の女王とうたわれたパール・ホワイトの伝記映画で、テクニカラーの1947年作品。製作はソル・C・シーゲル、監督は「愛と血の大地」のジョージ・マーシャルで、P・J・ウルフソンの原作により、ウルフスンと「ネブラスカ魂」のフランク・バトラーが脚色した。撮影は「誰が為に鐘は鳴る」のレイ・レナハン、作曲はロバート・エメット・ドーランの担当。主演は「アニーよ銃をとれ」のベティ・ハットンと「夜は千の眼を持つ」のジョン・ランドで、「ジョルスン物語」のビリー・デ・ウルフ、「ジョルスン再び歌う」のウィリアム・デマレスト、舞台女優のコンスタンス・コリアらが助演するほか、サイレント時代のスター、ウィリア…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    冒険、冒険、また冒険!
    製作年:1947
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・マーシャル
    主演:ベティ・ハットン
    1
  2. ブロードウェイの子守唄

    ブロードウェイの子守唄
    評価:E0.00
    おちぶれたブロードウェイのスターの娘が脚光を浴びるまでのサクセスストーリーを描いたミュージカル。『情熱の狂想曲』のドリス・デイがあでやかな衣装に身を包み、「ブロードウェイの子守唄」をはじめ、ダンスシーンを多数披露した傑作。

    ヒューマンドラマ、ミュージカル
    製作年:1951
    製作国:アメリカ
    監督:デヴィッド・バトラー
    主演:ドリス・デイ
    2
  3. ブルー・スカイ

    ブルー・スカイ
    評価:E0.00
    コーラスガールのコールフィールドは、レストランやクラブを経営するクロスビーと恋に落ちてやがて結婚する。が、彼の気ままな性格に嫌気がさし、コールフィールドは元彼の元へ戻ろうとする……。

    ヒューマンドラマ、ミュージカル

    ネット上の声

    天才バーリン、ここにあり!
    Puttin On The Ritz
    製作年:1946
    製作国:アメリカ
    監督:スチュアート・ヘイスラー
    主演:ビング・クロスビー
    3