スポンサーリンクあり

全8作品。飯田芳が出演した映画ランキング

  1. ニュータウンの青春
    • S
    • 4.62
    「茶の味」「あぜ道のダンディ」「色即ぜねれいしょん」になど出演する俳優の森岡龍が、多摩美術大学の卒業制作として手がけた長編監督作品。千葉県浦安市のとある町に暮らす高校3年生の島村和秀は、映画監督を目指して8ミリカメラでひたすら街を撮り続け、同級生の嶺豪一と無職の先輩・飯田と3人で、いつも同じ公園にたむろする日々。そんなある日、和秀が気になっている女性・富永さんがストーカー被害にあっていることを知った3人は、ストーカー退治を請け負うのだが……。第33回ぴあフィルムフェスティバルでホリプロ・エンタテイメント賞を受賞。

    ネット上の声

    • 3人組のキャラいいな。一押し
    • 映画のコメントで
    • 単館上映(確か)でずっと気になってて、リバイバル上映すると知りわざわざ東京へ行っ
    • 丹精を込められて作った映画 嶺さんは出汁がとれるような俳優だね
    青春、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2012年
    • 製作国日本
    • 時間95分
    • 監督森岡龍
    • 主演島村和秀
  2. そして泥船はゆく
    • S
    • 4.58
    栃木県出身の若手映像作家・渡辺紘文が、弟で作曲家の渡辺雄司とともに故郷の栃木で旗揚げした映画制作集団「大田原愚豚舎」の第1回作品。主演には、「俺俺」「ボーイズ・オン・ザ・ラン」「フィッシュストーリー」などで存在感を見せる俳優・渋川清彦を迎えた。栃木県大田原市。祖母とふたりで暮らす無職の男・平山隆志は、無気力で自堕落な日々を送り続けている。そんなある日、他界した父の娘を名乗る少女が隆志のもとを訪ねてきて……。主人公の祖母を監督の実祖母が演じた。2013年の第26回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門で上映された。

    ネット上の声

    • 渋川清彦はこの役を演じるために生まれてきたんじゃないかって思うぐらいハマってたな
    • 渋川清彦、役にハマりすぎてて怖い(笑)実際はそんなことないと思うけど
    • 武蔵野館の喫煙所で舞台挨拶後のKEEさんと'Playback'について話した思い
    • 渡辺監督で渋川清彦さんが主演っていうが気になってた
    • 製作年2013年
    • 製作国日本
    • 時間88分
    • 監督渡辺紘文
    • 主演渋川清彦
  3. 小さな声で囁いて
    • C
    • 3.62
    これが長編初作品となる新鋭・山本英監督が、心がすれ違うカップルの熱海旅行を通し、それぞれの愛や自身の行方を描いた一作。結婚を考え始めた遼と、結婚には乗り気ではない沙良。2人は互いの溝を埋めようと3泊4日で熱海に旅行へ出かけるが、旅の間も心はすれ違うばかり。2人は漠然とした将来への不安から、未来図を描けずにいたが……。これまで主に短編などを手がけてきた山本監督は「回転(サイクリング)」がPFFアワード2016に入選し、東京藝術大学院映像研究科の修了作品として手がけた本作も第40回ぴあフィルムフェスティバル・PFFアワード2018に選出された。

    ネット上の声

    • 主演の大場みなみが素晴らしい声の持ち主であることは舞台で演じる彼女の芝居を見たこ
    • 濱口竜介っぽいという言葉をよく見かけるが、自分としてはむしろアンチハマリュー、ア
    • 大葉さん血の轍の朗読の時もすごいひきこまれたってのに好みの山本監督が加わってしま
    • 確かさと曖昧さ 束ねた感情を体外に排出するようにクネクネと身体を伸縮させる、男女
    • 製作年2018年
    • 製作国日本
    • 時間110分
    • 監督山本英
    • 主演大場みなみ
  4. 故郷の詩
    • C
    • 3.53
    俳優としても活躍する嶺豪一が、多摩美術大学の卒業制作として手がけた初長編監督作品で、第24回東京学生映画祭グランプリや、第34回ぴあフィルムフェスティバル審査員特別賞など多数の映画賞を受賞した青春エンタテインメント。スタントマンになることを夢見て熊本から上京した大吉は、熊本出身者のための学生寮「有斐学舎」で暮らし始める。しかし、東京での学生生活は酒やナンパに明け暮れる毎日で、同じ寮生で映画監督志望の天志にも見放されてしまう。気がつけば大学も卒業目前となり、何ひとつ成し遂げていない大吉は、一世一代のスタントに挑むことを決意するが……。嶺が自ら主演も務め、自身が学生時代を過ごした実際の有斐学舎を舞台に撮り上げた。

    ネット上の声

    • 多分まだ大学生になってないからこの良さをうまく掴むことが出来なかったんだろうな.
    • 熊本から上京してきた男子寮の若者達の話
    • 単純に好みじゃなかったなあ、という感想
    • 当時のぴあフィルムフェスで観た
    青春
    • 製作年2012年
    • 製作国日本
    • 時間71分
    • 監督嶺豪一
    • 主演嶺豪一
  5. 5

    丸
    • E
    • 2.40
    平凡な日常に突如現れた謎の球体が巻き起こす奇妙な出来事を、独特のユーモアタッチで描いたSFミステリー。ある朝、無職の鈴木鉄男とその彼女は、寝室で宙に浮かぶおかしな球体と遭遇し、2人は球体が視界に入ったその瞬間の姿勢で静止してしまう。そんな状況になっていることも知らず、鉄男の部屋にやってきて自身のリストラを告白し始めた父親も静止。不審に思った家族が警察に通報するが、かけつけた警察官までも球体によって静止してしまう。警察はリストラを苦にした父親による篭城と断定するが、警察発表を覆す証拠をつかんだ記者の出口の登場により、事態はますます混乱の様相を呈することとなる。監督は本作が長編デビュー作となる鈴木洋平。

    ネット上の声

    • うんこ作。精神異常。世界映画の最底辺
    • 「きっかけ」は探さずともやってくる
    • 「きっかけ」は探さずともやってくる
    • 鈴木洋平監督作品!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2014年
    • 製作国日本
    • 時間89分
    • 監督鈴木洋平
    • 主演飯田芳
  6. 神奈川芸術大学映像学科研究室
    • E
    • 2.40
    黒沢清と大森一樹に師事した新鋭・坂下雄一郎監督が、東京藝術大学大学院映像研究科の修了作品として手がけ、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2013で長編部門審査員特別賞を受賞した作品。神奈川芸術大学映像学科で助手として勤務する奥田は、事なかれ主義で保身のことしか考えない教授陣や、迷惑ばかりかけてくる学生たちの間で板挟みの日々を送っていた。そんなある日、奥田は学生たちが大学の機材を盗み出している現場を目撃してしまう。事件が世間に知られることを恐れた教授陣は隠ぺいを図り、奥田に嘘の報告書を書くよう指示。しかし、再び学内で新たな事件が発生したことから、事態は次々と悪い方向へとむかっていき……。

    ネット上の声

    • ギャグがおもろいと映画がおもろいの違い 
    • 才能あるクリエイター達の今後が楽しみ!
    • ストーリーがちょっと掴めない。
    • 怒鳴りあいの場面のパサパサ感
    コメディ
    • 製作年2013年
    • 製作国日本
    • 時間70分
    • 監督坂下雄一郎
    • 主演飯田芳
  7. タイマン
    • E
    10年以上の腐れ縁である市原栄吾と向井健児。中学時代は喧嘩ばかりの日々だったが、武浪高校に入学した時に喧嘩は卒業すると決めていた。しかし、登校初日にほかの不良から喧嘩を売られてしまう。そんななか、永田悠里に惚れてしまい…。

    ネット上の声

    • なにこれ素人にもほどがある
    アクション
    • 製作年2016年
    • 製作国日本
    • 時間70分
    • 監督江尻大
    • 主演本間優太
    • レンタル
    • 定額
  8. タイマン2
    • E
    アクション
    • 製作年2017年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督江尻大
    • 主演本間優太
    • 定額

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。