スポンサーリンクあり

全5作品。サイーフ・アリー・カーンが出演した映画ランキング

  1. たとえ明日が来なくても
    • A
    • 4.16
    ニューヨークを舞台に3人の男女が織りなす恋と友情を描いたインド発の感動ラブストーリー。ニューヨークで暮らすインド人女性ナイナーは複雑な家庭の事情を抱え、もう長いあいだ笑顔を忘れていた。そんなある日、近所に陽気な青年アマンが引越してくる。アマンの悪ふざけに怒りながらも、いつしか心ひかれていくナイナー。そしてアマンもまたナイナーに好意を抱くが、アマンはなぜかナイナーを同級生のローヒトと結びつけようとする。

    ネット上の声

    • 商業グリッター邦画や調子の悪い時の韓国映画みたいな恋愛一色の湿りけが、少し子供
    • 久しぶりにシャー・ルク・カーン様に会うことができました
    • 休日は終盤のパーティーの曲を流して踊るのがわたしたちの定番ですが、ようやく本編を
    • あらすじをざっと説明してたら「今観てる韓国ドラマがそんな感じ」って言われたので、
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2003年
    • 製作国インド
    • 時間186分
    • 監督ニキル・アドヴァーニー
    • 主演シャー・ルク・カーン
  2. ヴィクラムとヴェーダ
    • C
    • 3.52
    「バンバン!」「WAR ウォー!!」のリティク・ ローシャンと、「インド・オブ・ザ・デッド」のサイフ・アリー・カーンが共演したクライムサスペンス。2017年にタミル語映画として製作された作品を、ヒンディー語リメイクした。 容疑者の逮捕で成績を上げることよりも、犯罪自体の撲滅を目指す優秀な警視ヴィクラム。しかし、彼が標的としていた犯罪者ヴェーダが自首してきたことから、数々の謎が浮かび上がり、ヴィクラムの信念は揺らいでいく。やがてヴィクラムとヴェーダはそれぞれの目的がありながらも、共に戦わざるを得なくなる。 ヴェーダ役をリティク・ローシャン、ヴィクラム役をサイフ・アリー・カーンがそれぞれ演じる。

    ネット上の声

    • リティクローシャンが禅問答仕掛けてくるインド産クライムアクション
    • 俳優さんのタイプなのかヒンディー語圏で好まれる表現なのかは分からないけど、
    • 【ヴィクラムとヴェーダ(ヒンディリメイク)🇮🇳@第4回インド大映画祭IDE in
    • 何が真実?!ギャングのボスが警視に仕掛ける心理戦
    ヒューマンドラマ、 サスペンス、 アクション
    • 製作年2022年
    • 製作国インド
    • 時間157分
    • 監督ブシュカル
    • 主演リティック・ローシャン
  3. インド・オブ・ザ・デッド
    • D
    • 2.73
    インドのリゾート地ゴアを舞台に、ゾンビの大群に立ち向かう若者たちの戦いをコミカルに描いたインド初の本格ゾンビコメディ。「ヒッピーの聖地」と呼ばれるビーチリゾート、ゴアにやって来たハルディク、ラヴ、バニーの青年3人組は、離島で開催されるロシア人マフィア主催のパーティに潜り込む。ところが、飲んだ者がゾンビ化する新型ドラッグにより、会場はゾンビだらけになってしまう。金欠でドラッグを買えずゾンビ化を免れた3人は、ホラー映画で得た知識とゲームで鍛えた射撃能力を頼りに、ピンチを切り抜けようと奮闘する。出演は、「エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ」「たとえ明日が来なくても」のサイーフ・アリー・カーン。アメリカ在住のインド人監督コンビ、ラージ・ニディモールー&クリシュナ・DKがメガホンをとった。

    ネット上の声

    • あははっ、ハニー僕をつかまえてごらん♡
    • ★ちぃちゃんとのデートムービー第8弾★
    • オーソドックスで良いゾンビ映画
    • ゆるゆるゾンビインドムービー
    ホラー
    • 製作年2013年
    • 製作国インド
    • 時間107分
    • 監督クリシュナ・D・K
    • 主演サイーフ・アリー・カーン
  4. カクテル 友情のトライアングル
    • E
    • 2.52
    「インディアンムービーウィーク2022 パート1」(22年6月10日~、キネカ大森ほか)上映作品。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2012年
    • 製作国インド
    • 時間146分
    • 監督ホーミー・アダジャーニア
    • 主演サイーフ・アリー・カーン
  5. エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ
    • E
    • 2.19
    「ムトゥ踊るマハラジャ」「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」などを手がけたインド最大の映画会社エロス・インターナショナルが製作したスパイアクション。インドの諜報局「RAW」のエージェントで9つの名を使い分けて世界を飛び回るヴィノッドは、アフガニスタンの組織へ潜入捜査していた際に捕らわれてしまうが、同僚のラジャンによって助けられる。その後、ロシアの犯罪組織に潜入中だったラジャンは「242」という謎の数字を残して何者かに殺害されていまい、ヴィノッドはラジャンの死の真相をめぐって捜査を開始するが……。インドの人気アクションスター、サイーフ・アリー・カーンが主演し、日本でもヒットした「きっと、うまくいく」のカリーナ・カプールがヒロイン役で共演。2人は本作の後に結婚している。

    ネット上の声

    • 『盲目のメロディ』監督によるスパイアクション
    • ボンド映画の展開をパクったインド映画
    • 初めから終わりまでアクション尽くし
    • 日本式の挨拶が全然聞き取れねぇ😂
    アクション
    • 製作年2012年
    • 製作国インド
    • 時間157分
    • 監督シュリラーム・ラガヴァン
    • 主演サイーフ・アリー・カーン

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。