スポンサーリンクあり

全7作品。エマニュエル・ベルコが出演した映画ランキング

  1. バハールの涙
    • B
    • 3.74
    「パターソン」のゴルシフテ・ファラハニが、捕虜となった息子の救出のためISと戦うこととなったクルド人女性を演じるドラマ。「青い欲動」のエバ・ウッソン監督が、自らクルド人自治区に入り、女性戦闘員たちの取材にあたって描いた。弁護士のババールは夫と息子と幸せな生活を送っていたが、ある日クルド人自治区の町でISの襲撃を受ける。襲撃により、男性は皆殺しとなり、バハールの息子は人質としてISの手に渡ってしまう。その悲劇から数カ月後、バハールはクルド人女性武装部隊「太陽の女たち」のリーダーとして戦いの最前線にいた。そんなバハールの姿を、同じく小さな娘と離れ、戦地で取材を続ける片眼の戦場記者マチルドの目を通して映し出していく。2018年・第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品。

    ネット上の声

    • 我らがゴルシフテ・ファラハニがクルド人女性戦闘部隊の隊長となってISと戦うお話
    • ISに奪われた息子を助け出すべく、女性だけの戦闘部隊を結成してISとの戦いの最前
    • 知らない世界が目の前で繰り広げられていた。同じ地球上にふたつの世界...
    • 凌辱されたにも関わらず、強く優しくなれるオンナの生き様
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2018年
    • 製作国フランス,ベルギー,ジョージア,スイス
    • 時間111分
    • 監督エヴァ・ユッソン
    • 主演ゴルシフテ・ファラハニ
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  2. モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由
    • C
    • 3.43
    大人の男女の官能的な恋愛を描き、第68回カンヌ国際映画祭でエマニュエル・ベルコが女優賞を受賞、第41回セザール賞主要8部門にノミネートされたマイウェン監督作品。スキー事故で負傷し、入院した弁護士のトニーは、リハビリに励みながら、心から愛したジョルジオとの過去を振り返り、ジョルジオという男はいったい何者だったのか、なぜジョルジオとトニーは愛し合うことになったのかに思いをはせる。10年前、かつて憧れていたレストラン経営者のジョルジオと運命的な再会をしたトニーは激しい恋に落ち、意気投合した2人は電撃的に結婚。トニーは妊娠するが……。主人公トニー役を監督として「太陽のめざめ」などを手がけたエマニュエル・ベルコ、ジョルジオ役を「ブラック・スワン」「美女と野獣」のバンサン・カッセルが演じる。

    ネット上の声

    • エマニュエル・ベルコの演技が只々素晴らしい
    • ジョルジオ、あんたはなぜ結婚したの?
    • ヴァンサン・カッセル 填まる。
    • ヴァンサン・カッセルが好きで
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2015年
    • 製作国フランス
    • 時間126分
    • 監督マイウェン
    • 主演ヴァンサン・カッセル
  3. 社会から虐げられた女たち
    • C
    • 3.32
    Amazon Prime Videoで2021年9月17日から配信。

    ネット上の声

    • 霊感があり霊と話せるというだけで
    • 邦題は食指が動きまくりでかなり期待したが、内容はジェンダーやセクシャリティとは異
    • 【高校生が選ぶルノードー賞】を受賞し、フランスのみで20万部を突破したヴィクトリ
    • 主人公のウジェニーは天真爛漫な性格と霊が視える特異性から不気味がられ精神病院に入
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2021年
    • 製作国フランス
    • 時間121分
    • 監督メラニー・ロラン
    • 主演ルー・ドゥ・ラージュ
    • 定額
    • レンタル
  4. なぜ彼女は愛しすぎたのか
    • E
    • 2.56
    30歳の独身女性が13歳の少年に恋愛感情をぶつける異色ラヴ・ストーリー。監督・脚本・主演はこれが初長編監督作となる、「今日から始まる」などの女優として知られるエマニュエル・ベルコ。共演はこれが映画デビューとなるオリヴィエ・ゲリテ、「天使がみた夢」のルー・カステルほか。

    ネット上の声

    • かわいい!だからイマイチ
    • 30歳独身女性と13歳の少年
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2001年
    • 製作国フランス
    • 時間132分
    • 監督エマニュエル・ベルコ
    • 主演エマニュエル・ベルコ
  5. 恋する遊園地
    • E
    • 2.50
    エッフェル塔に恋をし、実際に法的手続きを経てエッフェル塔と結婚したというアメリカ人女性の新聞記事から着想を得た監督のゾーイ・ウィトックが、人間の女性とテーマパークのアトラクションとの恋を描いた奇想天外なラブストーリー。内気な性格で、テーマパークのアトラクションのミニチュアを制作することが趣味のジャンヌは、幼いころから通ってきたテーマパークで夜間スタッフとして働き始める。ある日、新たに導入されたアトラクション「ムーブ・イット」を目にした彼女は、こうこうと輝くライトや美しくメタリックなボディ、熱く流れる油圧のオイルなど、ムーブ・イットの全てに魅了される。ある夜、ムーブ・イットに「“ジャンボ”と呼んでいい?」とひとり語りかけるジャンヌ。やがて彼女の思いに応じるかのように、ジャンボはライトを灯して動き始めるが……。主演は「燃ゆる女の肖像」でリュミエール賞主演女優賞を受賞し、セザール賞にもノミネートされるなどフランス映画界で高い評価を受けたノエミ・メルラン。

    ネット上の声

    • ある意味面白いが、精神疾患にしか見えない
    • どうもずっとテンションが上がらない
    • イタタタッ・・・ コリャ事故だヮ
    • あのアトラクの和名はジャイアントハンマー
    ファンタジー
    • 製作年2019年
    • 製作国フランス,ベルギー,ルクセンブルク
    • 時間94分
    • 監督ゾエ・ウィトック
    • 主演ノエミ・メルラン
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  6. ハッピー・バースデー 家族のいる時間
    • E
    • 2.37
    フランスの名優カトリーヌ・ドヌーブが主演を務めた家族ドラマ。フランス南西部の邸宅で夫や孫と優雅な暮らしを送るアンドレア。彼女の70歳の誕生日を祝うため、しっかり者の長男バンサンと妻と2人の息子、そして映画監督を目指す次男ロマンが恋人を連れてやって来る。楽しい宴が始まる中、3年前に姿を消した長女クレールが帰って来る。アンドレアは娘を温かく迎え入れるが、他の家族は戸惑いを隠しきれない。情緒不安定なクレールは家族の秘密や問題をさらけ出し、彼らの間に大きな火種を生んでしまう。家族を優しく見守るアンドレアをドヌーブが存在感たっぷりに演じ、長女クレールを「モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由」のエマニュエル・ベルコ、次男ロマンを「冬時間のパリ」のバンサン・マケーニュが演じた。「よりよき人生」のセドリック・カーンが監督・脚本を手がけ、長男バンサン役で出演。

    ネット上の声

    • 穏やかな喜劇かと思いきや、家族間の確執や企みが露わに
    • 誕生日おめでとう…?💦
    • なんかパッケージの景色の綺麗さに惹かれて見てしまったけど中身そんなに明るくないし
    • お金がなく相乗りしたら男が襲ってきて…と、おまけに雨に降られ、帰国した早々ついて
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2019年
    • 製作国フランス
    • 時間101分
    • 監督セドリック・カーン
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  7. サンティネル ~ドジな刑事はさえないシンガー~
    • E
    • 2.24
    Amazon Prime Videoで2023年9月8日から配信。
    アクション
    • 製作年2023年
    • 製作国フランス
    • 時間99分
    • 監督ウーゴ・ベナモジグ
    • 主演ジョナタン・コエン

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。