全6作品。矢部太郎が出演した映画ランキング

  1. グレイトフルデッド

    グレイトフルデッド
    評価:C3.30
    人との関係を築くのが苦手な人達の増加や高齢化による孤独死などの問題をテーマにした、異色のサスペンスドラマ。自分より不幸な人物を観察することで優越感を得る女性と、孤独な老人が壮絶な関係に陥る姿が描かれる。

    サスペンス

    ネット上の声

    風刺映画:孤独死とネグレクト(育児放棄)
    不思議・不気味・新しい空気感
    キム・コッピが可愛かった(^ ^)
    教訓付きの寓話
    製作年:2013
    製作国:日本
    監督:内田英治
    主演:瀧内公美
    1
  2. 晴れたらポップなボクの生活

    晴れたらポップなボクの生活
    評価:C3.24
     青木雄二の短編『淀川河川敷』を原案にした異色ロード・ムービー。会社を辞めホームレスとなってしまった青年が、先輩ホームレスの中年男性との“旅”を通して成長していく姿を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    キャストはいいのにもったいない
    ピーターがかっこいい!
    それぞれの人生
    ポップ。。。
    製作年:2005
    製作国:日本
    監督:白岩久弥
    主演:矢部太郎
    2
  3. Genius Party ジーニアス・パーティ

    Genius Party ジーニアス・パーティ
    評価:D3.07
    『鉄コン筋クリート』など、先鋭的な傑作アニメを生み出してきたクリエイティブ集団“STUDIO4℃”が手がけた短編オムニバス。『アニマトリックス』の渡辺信一郎、『MIND GAME マインド・ゲーム』の湯浅政明ら気鋭のアニメ・クリエイター7人が集結し、それぞれの個性やセンスがぶつかりあう。

    アニメ

    ネット上の声

    卵が先か?鶏が先か?作品。
    おもしろかったよ
    デスティック4
    何か制限があった方が良かったかも…。
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:福島敦子
    主演:柳楽優弥
    3
  4. 漫☆画太郎SHOW ババアゾーン(他)

    漫☆画太郎SHOW ババアゾーン(他)
    評価:E2.42
    昨年シネクイントのレイトショーで記録的ヒットとなった『地獄甲子園』の漫☆画太郎と山田雄大監督が再びコンビを組んだ新たなバカ映画がオムニバスとして登場! 観客を画太郎テイスト満載の、直球ナンセンスギャグ連発の世界へ。『死国』などで恐ろしげなババアが板についた根岸季衣が、やりたい放題だがチャーミングなババアに扮する。

    コメディ

    ネット上の声

    いや~、くだらないですねぇぇぇ~
    この映画に点数をつけるなら満点か0点
    原作のコマ割りを忠実に再現。
    小ネタ満載
    製作年:2004
    製作国:日本
    監督:山口雄大
    主演:根岸季衣
    4
  5. 零 ゼロ

    零 ゼロ
    評価:E1.79
     太平洋戦争末期の昭和19年。操縦の腕前は一流ながら、自由奔放で上官にさえ口答えしてしまう軍人らしからぬ男・長谷川龍太郎。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    杉浦太陽の演技で恥ずかしくなる
    演技が下手で初めて投稿します。
    途中で見るのをやめました
    下手くそずくし
    製作年:2003
    製作国:日本
    監督:井出良英
    主演:杉浦太陽
    5
  6. ヒノマル♪ドリーム

    ヒノマル♪ドリーム
    評価:E0.00
    歌手デビューを目標に来日したアメリカ人青年が夢を追う姿を描くコメディ。誰もが羨むルックスとスタイル、美声の持ち主ニコラスは、歌手デビューを夢見て日本にやって来るが、所属事務所の社長は、条件として女装姿でモデルデビューすることを命じる。歌手になるためと我慢し、指示通りに動くニコラス。しかし、なかなか訪れない歌手デビューのチャンスに、次第に不安を感じ始める。2012年・第4回沖縄国際映画祭「Peace」部門上映作品。13年、「沖縄国際映画祭 上映作品特集」で劇場公開。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    栄光の架橋へとぉ~~
    社長の命令で女装
    日本の音楽、ことばを愛する人のための映画
    アメリカンよりヒノマルドリーム
    製作年:2012
    製作国:日本
    監督:五歩一勇治
    主演:ニコラス・エドワーズ
    6