全8作品。シュー・フォンが出演した映画ランキング

  1. 侠女

    侠女
    評価:C3.36
    「香港映画界の黒澤明」こと、キン・フー監督による武侠映画の記念碑的傑作

    アクション

    ネット上の声

    評価3.40 アクションはなかなか
    触れること
    当時は凄かったんだろうなあ・・・。
    当時の最高傑作?
    製作年:1971
    製作国:台湾
    監督:キン・フー
    主演:シュー・フォン
    1
  2. 山中傳奇

    山中傳奇
    評価:D2.98
    『侠女』などのキン・フー監督が手掛けたファンタジー。宋の時代の中国を舞台に、霊界の支配権を持つ経典をめぐって人間と妖怪たちが激しいバトルを展開する。

    アクション

    ネット上の声

    キン・フーによる怪奇映画
    夢現の緩衝地帯
    色んな種類の太鼓があるなあ
    不思議の国のキン・フー
    製作年:1979
    製作国:香港
    監督:キン・フー
    主演:シュー・フォン
    2
  3. 成龍拳

    成龍拳
    評価:E2.40
    盗賊団に両親を殺された若者が様々な障害を乗り越えて目的を果たすまでを描くクンフー映画、製作・監督は羅維、製作総指揮は許麗華、脚本は古龍、撮影は陳鐘源、美術は鄒志良、武術指導は陳信一と陳元龍が担当。出演は成龍(ジャッキー・チェン)徐楓(シュー・フォン)玉霊龍(ジュエ・リン・ロン)クム・コンなど。

    カンフー

    ネット上の声

    負のオーラをまとったジャッキー
    三国志的なストーリーの流れ
    ジャッキーの珍作中の珍作♪
    大怪我をしても撮影続行
    製作年:1977
    製作国:香港
    監督:ロー・ウェイ
    主演:ジャッキー・チェン
    3
  4. 迎春閣之風波

    迎春閣之風波
    評価:E0.00
     元朝末期の1366年。圧政を強いる朝廷に対し、朱元璋をリーダーとする抵抗運動が広がりつつあった。

    アクション

    ネット上の声

    アクション&ユーモアてんこ盛り武侠映画
    最高に面白い武侠活劇
    製作年:1973
    製作国:香港
    監督:キン・フー
    主演:リー・リーホア
    4
  5. 侠女 第一部:チンルー砦の戦い

    侠女 第一部:チンルー砦の戦い
    評価:E0.00


    ファンタジー、アクション

    ネット上の声

    キン・フー的“アクション”の完成
    前編だけなら最高傑作
    製作年:1971
    製作国:香港
    監督:キン・フー
    主演:シュー・フォン
    5
  6. 侠女 第二部:最後の法力

    侠女 第二部:最後の法力
    評価:E0.00
    京劇をもとにした様式美のなかに計算されたアクションシーンを盛り込み、見るものを飽きさせない。特に竹林での決闘シーンは有名。光と色彩にあふれたキン・フーの映像美学の極地が表現されている。キン・フー武侠映画でおなじみのヒロイン、シュー・フォンは演技・アクションともすばらしい。単なる復讐劇に終わらぬ起伏に満ちた夢幻物語は、ついに一つの仏教的な哲学世界へと結実されていく。

    ファンタジー、アクション

    ネット上の声

    正直に告白すると・・・
    カンフー映画の原点
    製作年:1971
    製作国:香港
    監督:キン・フー
    主演:シュー・フォン
    6
  7. 空山霊雨

    空山霊雨
    評価:E0.00
     罠にはまり、三蔵法師の巻き物を奪われた男の、奪回のための大アクション編。大胆不敵な仕掛けと、気品あるムードが一体となった“アジアの黒澤明”キン・フーの快作。

    アクション

    ネット上の声

    胡金銓の「円熟の境地」を堪能しよう
    製作年:1979
    製作国:香港
    監督:キン・フー
    主演:シュー・フォン
    7
  8. 用心棒ドラゴン

    用心棒ドラゴン
    評価:E0.00
     仇敵を探して旅に出る娘二人と青年一人を描いたカンフー・アクション。父譲りの武道で戦う娘カオと女友達パオパオ、諸国をさすらう武道家ワンチー、その主役三人を相手に死闘を繰り広げる最大の敵こそ、悪党ぶりも素晴らしい倉田保昭。

    アクション
    製作年:1972
    製作国:香港
    監督:カオ・パオシュ
    主演:シュー・フォン
    8

スポンサードリンク