全3作品。ヴィクター・バナルジーが出演した映画ランキング

  1. インドへの道

    インドへの道
    評価:C3.27
    アカデミー賞(1985年・2部門)植民地時代のインド社会を描いた描いたデヴィッド・リーン監督の遺作。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ミステリアスなインドと原作者フォスター?
    アデラは何を見たのか?
    インドに捕らわれる。
    リーン遺作
    製作年:1984
    製作国:イギリス
    監督:デヴィッド・リーン
    主演:ジュディ・デイヴィス
    1
  2. 家と世界

    家と世界
    評価:E0.00
    「大地のうた」3部作で知られるインドの代表的監督S・レイが、1981年の「遠い道」に続いて発表した作品。原作は、アジアで初めてのノーベル文学賞受賞詩人として名高いタゴールの同名小説。1900年初頭、ベンガル分割令に揺れるインドを舞台に、理想主義者で誠実な夫と、その友人で野心に燃える活動家、そして二人の間を揺れながら自立していく女性の3人が繰り広げる葛藤のドラマを、レイ監督らしい堅実でリアリズムあふれる演出で描き上げている。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    インドで“白”が表すものは
    炎は輝き、燃える。
    製作年:1984
    製作国:インド
    監督:サタジット・レイ
    主演:ショウミットロ・チャテルジー
    2
  3. ピクー

    ピクー
    評価:E0.00
     インドのS・レイ監督がフランスのTV局の依頼を受け製作した作品。あるインド上流家庭の一日を、少年ピクーの目を通し家族内における様々な問題点を浮き上がらせながら綴ってゆく。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1981
    製作国:フランス/インド
    監督:サタジット・レイ
    主演:アルジュン・グゥハ=タクルク
    3

スポンサードリンク