全3作品。ヴィクター・バナルジーが出演した映画ランキング

  1. インドへの道

    インドへの道
    評価:C3.27
    アカデミー賞(1985年)植民地時代のインド社会を描いた描いたデヴィッド・リーン監督の遺作。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ミステリアスなインドと原作者フォスター?
    アデラは何を見たのか?
    インドに捕らわれる。
    リーン遺作
    製作年:1984
    製作国:イギリス
    監督:デヴィッド・リーン
    主演:ジュディ・デイヴィス
    1
  2. 家と世界

    家と世界
    評価:E0.00
    今世紀初頭のベンガルの民族運動を背景に、理想主義者の地主の姿を友人と妻との葛藤をからめて描く。ノーベル賞詩人として知られるラビンドラナート・タゴールの原作を基に「遠い道(1981)」のサタジット・レイが監督。撮影はショーメンドゥ・ロイ、編集はドゥラル・ドット、美術はオショク・ボースが担当。出演はショーミットロ・チャタージ、ヴィクター・バナルジなど。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    インドで“白”が表すものは
    炎は輝き、燃える。
    製作年:1984
    製作国:インド
    監督:サタジット・レイ
    主演:ショウミットロ・チャテルジー
    2
  3. ピクー

    ピクー
    評価:E0.00
    あるインド人(ベンガル人)の上流家庭の一日の出来事を、ピクーという6歳の少年の目を通して描いた短編。監督・脚本・音楽は「チェスをする人」のサタジット・レイ、撮影はショーメンドゥ・ロイ、編集はドゥラル・ドットが担当。出演はアルジュン・グゥハ・タクルタ、ナボルナ・シェーン、ヴィクター・バナルジ、プロモド・ガングリなど。
    製作年:1981
    製作国:フランス/インド
    監督:サタジット・レイ
    主演:アルジュン・グゥハ=タクルク
    3

スポンサードリンク