スポンサーリンクあり

全9作品。ベルナール・フレッソンが出演した映画ランキング

  1. ヒロシマモナムール
    • C
    • 3.46
    「君は広島で何も見なかった…何も」反戦映画の撮影で広島に来たフランス人の女優と建築技師らしい日本人の男のゆきずりの情事が、彼女の過去の禁じられた愛の記憶を甦らせる。「夜と霧」の戦争と忘却というテーマが劇映画に発展したようなレネ監督の長編第1作で、文学作家だったデュラスが初めて手掛けた映画作品。

    ネット上の声

    • 『君はヒロシマの何も見ちゃいないよ』
    • フランス娘と日本男児の組み合わせ
    • 語ることと忘れることの不可能性
    • フランスの黒猫、日本の白猫
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1959年
    • 製作国フランス,日本
    • 時間91分
    • 監督アラン・レネ
    • 主演エマニュエル・リヴァ
  2. 愛の地獄
    • C
    • 3.27
    突然に愛娘を誘拐された母親の悲劇を描く。製作は監督から転じたセルジオ・ゴッビ、監督は「裁きは終わりぬ」のアンドレ・カイヤット、脚本はジャン・カーテリン、撮影は「愛のために死す」のモーリス・フェルー、音楽はウラジミール・コスマが各々担当。出演はアニー・ジラルド、ベルナール・フレッソン、ステファン・ヒレル、ハーディ・クリューガーなど。

    ネット上の声

    • 誰にもある地獄
    • 人物や物語の背景は俗っぽいけど、「地獄」に突っ込んでバサリと終わらすのは素晴らし
    • 「眼には眼を」以来2度目の鑑賞となるカイヤット監督
    • シャブロルじゃなくてカイヤットの方
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1977年
    • 製作国フランス,ドイツ
    • 時間101分
    • 監督アンドレ・カイヤット
    • 主演アニー・ジラルド
  3. ポケットの愛
    • C
    • 3.17
    年上の女性に恋する少年が、苦い体験を通じて大人になっていく姿を描く。製作はクリスチーヌ・グーズ・レナル、監督はベルナール・クイザンヌ、脚本はピエール・ペルグリとベルナール・クイザンヌ、撮影はアラン・ルヴァン、音楽はローラン・プティジラールが各々担当。出演はミムジー・ファーマー、パスカル・セリエ、セルジュ・ソーヴィオン、アンドレア・フェレオル、ベルナール・フレッソン、ステファン・ジョベール、エヴァ・イオネスコ、パスカル・オードレ、ロベール・オッセンなど。

    ネット上の声

    • M・ファーマーがセクシー
    • ヨーロッパを股にかける高級娼婦のミムジーさんがカフェでガキにナンパされてメガネの
    • 「出演作に恵まれなかった」とミムジー・ファーマーは自虐しているし、この映画につい
    • 15歳の少年にナンパされた高級娼婦のミムジー・ファーマーが純粋無垢な少年の一途な
    青春
    • 製作年1977年
    • 製作国フランス
    • 時間92分
    • 監督ベルナール・クィザンヌ
    • 主演ミムジー・ファーマー
  4. ギャルソン!
    • D
    • 3.06
    パリのレストランを舞台に、そこに働くギャルソンたちの日常を描く。製作はアラン・サルド、監督は「夕なぎ」のクロード・ソーテ、脚本はソーテと台詞も兼ねるジャン・ルー・ダバディ、撮影はジャン・ボフティ、音楽はフィリップ・サルドが担当。出演はイヴ・モンタン、ニコール・ガルシアほか。

    ネット上の声

    • 口惜しいけど、かっこいい!
    • フランスのブラッスリー
    • 夢をかなえたいプレイボーイのイヴ・モンタンを観る映画😁
    • 人の幸せが自分の幸せになっていて、だからこの人は自由気ままに行動してるんだろうな
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1983年
    • 製作国フランス
    • 時間102分
    • 監督クロード・ソーテ
    • 主演イヴ・モンタン
  5. 囚われの女
    • D
    • 2.99
    「情婦マノン」「恐怖の報酬」など数々の名作を世に送り出したフランスの名匠アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督が1968年に手がけ、遺作となった異色の恋愛ドラマ。現代美術家ジルベールの妻ジョゼは、夫が出品した展示会を訪れる。そこで彼女は、会場のギャラリーを運営する青年スタンと出会い、心を奪われてしまう。スタンのアトリエを訪れたジョゼは、倒錯した世界へと足を踏み入れていき……。スタン役に「セシルの歓び」のローラン・テルジェフ。

    ネット上の声

    • やっぱりこの人妻は理解できませんです。
    • オタクはダメよって映画かな。
    • フリーラブの時代
    • どっかできいた題名
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1968年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間107分
    • 監督アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
    • 主演ローラン・テルジェフ
    • 定額
  6. 水の中の小さな太陽
    • D
    • 2.95
    地方の名士の夫人と青年の愛を描いたフランソワーズ・サガンの『冷たい水の中の小さな太陽』(原題)の映画化。製作はジェラール・ベイトー、監督はジャック・ドレー、脚本は、ドレー、ジャン・クロード・カリエール、エンニオ・フライアーノ、台詞はジャン・クロード・カリエール、撮影はジャン・バダル、音楽はミシェル・ルグランが各々担当。出演はクローディーヌ・オージェ、マルク・ポレル、ジュディット・マーグル、アンドレ・ファルコン、ベルナール・フレッソン、バーバラ・バックなど。

    ネット上の声

    • 恋人や仕事への情熱も消え無気力になったジルは、
    恋愛
    • 製作年1971年
    • 製作国フランス
    • 時間110分
    • 監督ジャック・ドレー
    • 主演クローディーヌ・オージェ
  7. フレンチ・コネクション2
    • E
    • 2.68
    アカデミー賞5部門受賞作の続編。前作で麻薬組織のボスを逃がしてしまったポパイことドイル刑事は麻薬ルート壊滅のため、フランスに乗り込む。しかし彼は敵の組織によって麻薬を打たれ、中毒の身に。必死のリハビリを経て、ポパイは再び立ち上がるが……。監督は交代したが、スピーディな演出やアクションの迫力は決して前作に劣っていない。

    ネット上の声

    • 監督がフランケンハイマーに代わってのパート2
    • 重戦車ハックマン。さあ、走る走る走る。
    • 男 ジョン・フランケンハイマー見参!
    • 全体にしまりがないのが残念!(~ヘ~;)
    アクション
    • 製作年1975年
    • 製作国アメリカ
    • 時間119分
    • 監督ジョン・フランケンハイマー
    • 主演ジーン・ハックマン
    • レンタル
    • 定額
  8. 情事の罠/マダム・クロード・シンジケート
    • E
    • 2.35
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1981年
    • 製作国フランス
    • 時間84分
    • 監督フランソワ・ミメ
    • 主演アレクサンドラ・スチュワルト
  9. 汚れた刑事(でか)
    • E
    警察機構の腐敗に、自ら高潔な魂を悪に染めて敢然と挑戦する刑事の戦いを描く。監督は「別れのスキャット」の製作者イヴ・ボワッセ、脚本はクロード・ヴェイヨとボワッセが共同執筆。撮影はジャン・マルク・リペール、音楽はアントワーヌ・デュアメル、編集はアルベール・ジュルジャンソンが各々担当。出演はミシェル・ブーケ、ベルナール・フレッソン、ジョン・ガルコ、ミシェル・コンスタンタン、フランソワーズ・ファビアン、ピエール・マッシミ、アンリ・ガルサンなど。

    ネット上の声

    • 1970年のイヴ・ボワッセ監督作品
    • 製作年1970年
    • 製作国フランス
    • 時間98分
    • 監督イヴ・ボワッセ
    • 主演ミシェル・ブーケ

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。