スポンサーリンクあり

全12作品。イザベル・カレが出演した映画ランキング

  1. ジュリア(s)
    • A
    • 4.35
    ピアニストを目指す女性ジュリアの人生を、些細な選択の積み重ねによって分岐した4つの展開で描いたドラマ。 2052年、パリ。80歳の誕生日を迎えたジュリアは充実した人生に満足しながらも、自分が過ごしていたかもしれない別の人生について思いを馳せる。ピアニストを夢見ていた17歳の秋。ベルリンの壁の崩壊を知り友人たちとベルリンへ向かった日に、バスに乗り遅れなかった場合、本屋で運命的な出会いを果たさなかった場合、シューマン・コンクールの結果が違った場合、自分が車を運転していた場合。ジュリアはそんな何気ない瞬間から枝分かれした4つの人生を思い描いていく。 「ブラックボックス 音声分析捜査」のルー・ドゥ・ラージュが主演を務め、「彼は秘密の女ともだち」のラファエル・ペルソナス、「デリシュ!」のイザベル・カレ、「オフィサー・アンド・スパイ」のグレゴリー・ガドゥボワが共演。「ピアノ調律師」でセザール賞短編映画賞を受賞したオリビエ・トレイナー監督の長編デビュー作。

    ネット上の声

    • yuki さんと2ヶ月ぶりの同時鑑賞✨お忙しいのにありがとう!yukiさん♪
    • ”あのとき違う道を選択してればもっとよい人生が送れたのでは”
    • なださんと一緒♬今回はニコケイではなく番外編のツアー✨
    • この世界はいくつもの決断の結果であふれている
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2022年
    • 製作国フランス
    • 時間120分
    • 監督オリヴィエ・トレネ
    • 主演ルー・ドゥ・ラージュ
    • レンタル
    • レンタル
  2. 奇跡のひと マリーとマルグリット
    • A
    • 4.33
    三重苦で生まれた女性と彼女を教育したシスターを描いた、実話がベースのヒューマンドラマ。19世紀末のフランス。聴覚障害の少女たちが暮らす修道院にやってきた少女マリー。生まれつき目も耳も不自由で、一切教育を受けずに育った彼女は野生児のように獰猛で誰にも心を開こうとしなかった。不治の病を抱えた修道女マルグリットは、残された人生をかけてマリーの教育を担当する。マルグリットの献身的な教育の末、マリーは本来の人間性を取り戻し、言葉を知る日がやってくる。しかし、余命わずかなマルグリットとマリーの別れの時間は目前に迫っていた。監督は「ベティの小さな秘密」のジャン=ピエール・アメリス。マルグリットに「きつねと私の12か月」のイザベル・カレ、マリーに今作がデビューとなるアリアーナ・リボアール。

    ネット上の声

    • 【不安、恐怖、警戒心でこわばったマリーの掌は、いつしか優しさ、愛、信頼に溢れた優
    • もう一つのヘレン・ケラー物語、ではない。
    • 誰かのために生きる事とは…心が洗われる
    • 美しいカメラとテンポのいい語り口の秀作
    盲目、 シスター、 実話
    • 製作年2014年
    • 製作国フランス
    • 時間94分
    • 監督ジャン=ピエール・アメリス
    • 主演イザベル・カレ
  3. 愛してる、愛してない...
    • C
    • 3.52
    アンジェリク(天使のような)という名前を持つ純粋な女性が、現実と空想の境がなくなり、愛する男性とその家族を傷つけ、苦しませることになってしまう、精神に異常をきたした女の恐怖の行動を描いたサスペンスストーリー。監督は新進気鋭の若手レティシア・コロンバニ。出演は「アメリ」のオドレイ・トトゥ、「トリコロール 赤の愛」のサミュエル・ビアン、「視線のエロス」のイザベル・カレほか。

    ネット上の声

    • ハバネロ入りサンドウィッチはストーカー風
    • 妄想と現実の境目の欠落>理性=自己の崩壊
    • アメリでお馴染みのオドレイ・ トトゥ主演
    • おフランスのお上品な恋愛映画🇫🇷(大嘘)
    どんでん返し、 サスペンス
    • 製作年2002年
    • 製作国フランス
    • 時間96分
    • 監督レティシア・コロンバニ
    • 主演オドレイ・トトゥ
  4. デリシュ!
    • C
    • 3.50
    フランス革命前夜の18世紀フランスを舞台に、世界で初めてレストランを作った男の実話をもとに描いた人間ドラマ。 1789年。宮廷料理人マンスロンは、創作料理「デリシュ」にジャガイモを使用したことで貴族たちの反感を買って解雇され、息子を連れて実家へ帰ることに。ある日、マンスロンのもとに謎めいた女性ルイーズが料理を習いたいと訪ねてくる。彼女の熱意に負けて料理を教えることになったマンスロンは、失っていた料理への情熱を徐々に取り戻していく。やがてマンスロンはルイーズと息子の協力を得て、一般人のために開かれた世界初のレストランを開店する。 マンスロンを「オフィサー・アンド・スパイ」のグレゴリー・ガドゥボワ、ルイーズを「ムースの隠遁」のイザベル・カレが演じる。「ブルー・レクイエム」などの脚本家エリック・ベナールが監督を務めた。

    ネット上の声

    • 極上の映像美と学び。外食マーケティングの起源は、女性と若者のアイディアから生まれた?
    • 映画館で映画を観たい、レストランに行きたい人必見!
    • 目にも心にもおいしい作品
    • 非暴力革命
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2020年
    • 製作国フランス,ベルギー
    • 時間112分
    • 監督エリック・ベナール
    • 主演グレゴリー・ガドゥボワ
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  5. パティーとの二十一夜
    • C
    • 3.11
    2015年・第28回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門上映作品。「EUフィルムデーズ2017」(17年5月26日~6月22日=東京国立近代美術館フィルムセンター/6月3日~6月25日=京都府京都文化博物館)でも上映。

    ネット上の声

    • 今年初のEU film days、キャンパスメンバーズで無賃鑑賞
    • フランス南端村は発情期
    • この村なんかおかしい……というのを丁寧に丁寧に積み上げていくのが非常に好感が持て
    • 長閑な田舎ヴァカンス映画かと思って油断してみてたら終盤の怒涛のシークエンスに仰天
    コメディ
    • 製作年2015年
    • 製作国フランス
    • 時間---分
    • 監督アルノー・ラリユー
    • 主演イザベル・カレ
  6. きつねと私の12か月
    • D
    • 3.00
    アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した「皇帝ペンギン」のリュック・ジャケ監督による長編第2作で、初のフィクションドラマ。監督自身の幼少期の体験をもとに、きつねと少女の交流を、豊かな自然と四季の移ろいとともに描く。学校からの帰り道、少女リラは美しい野生のきつねに出会い、テトゥと名付ける。テトゥに会うため毎日森に通うようになったリラ。その想いに応えるように、最初は警戒心を抱いていたテトゥも次第に距離を縮めていくが……。

    ネット上の声

    • 【一年掛けて、狐と仲良くなった少女が学んだ事。”好きと、所有する事は違う。”フレンチアルプスの麓の豊かな自然、様々な野生動物が作品に彩りを添えています。】
    • 圧倒的な映像美に加えて、人間の愚かさをさりげなく観客に痛みとしてを感じさせることで、いつまでも記憶に残る作品。
    • 圧倒的な映像美に加えて、人間の愚かさをさりげなく観客に痛みとしてを感じさせることで、いつまでも記憶に残る作品。
    • 激あま 感動作にしなかったのが好印象♪
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2007年
    • 製作国フランス
    • 時間96分
    • 監督リュック・ジャケ
    • 主演ベルティーユ・ノエル=ブリュノー
    • 定額
  7. 六つの心
    • D
    • 2.82
    「夜と霧」「二十四時間の情事」などで知られるフランスの名匠アラン・レネが、パリを舞台に6人の孤独な男女が織りなす日常を優しい眼差しで描き、ベネチア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)を受賞したヒューマンドラマ。年の離れた妹ガエルと一緒に暮らす不動産業の中年男性ティエリーは、同僚の女性シャルロットから借りた宗教番組の録画ビデオを見はじめるが、そこにはなんとシャルロットがストリップしている映像が映りこんでいた。一方、シャルロットに父親の介護を依頼しているバーテンダーのライオネルは勤め先のバーで、元軍人の無職男性ダンとその恋人ニコール、ダンを好きになってしまったガエルら、様々な人間模様を見つめていた。出演は「巴里の恋愛協奏曲」のサビーヌ・アゼマ、「愛してる、愛してない…」のイザベル・カレ、「息子の部屋」のラウラ・モランテほか。

    ネット上の声

    • ナパージュクリスタル使いまくり的に、眼福ポイントだらけ
    • フランスの巨匠アラン・レネ監督のヒューマンドラマ❗️
    • 綺麗な感じ
    • 『夜と霧』『二十四時間の情事』など見ていないので、まだ断定はできないが、僕はアラ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2006年
    • 製作国フランス
    • 時間125分
    • 監督アラン・レネ
    • 主演サビーヌ・アゼマ
  8. 視線のエロス
    • E
    • 2.71
    ひとりの若い女と妻ある男の不実な愛を、全編男の視線の主観ショットで描き出した異色ドラマ。監督・主演は本作が日本初紹介となるフィリップ・アレル。脚本はアレルとエリック・アスー。製作総指揮はミシェル・グイロックス。撮影はギリス・アンリ。共演は「プロヴァンスの恋」「ボーマルシェ フィガロの誕生」のイザベル・カレー(セザール賞ノミネート)。第50回カンヌ国際映画祭コンペ部門出品作品。

    ネット上の声

    • 異色作。飽きずに観られます。
    • 39歳の既婚者おっさんが22歳の子を
    • 互いに満たされない欲求がある時に結ばれた関係なので、それが無くなれば終わるのだろ
    • ハンディ長回しなので男の視線の通りに画面が動く、その機微に深く入り込んでしまう
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1997年
    • 製作国フランス
    • 時間102分
    • 監督フィリップ・アレル
    • 主演イザベル・カレ
  9. チャーリーとパパの飛行機
    • E
    • 2.59
    亡き父が最後にくれたおもちゃの飛行機が、父の死を受け入れられない少年に奇跡をもたらす感動のファンタジック・ドラマ。クリスマスにパパからおもちゃの飛行機をプレゼントされた少年チャーリー。ところがその数日後、パパが事故でこの世を去ってしまう。ママは悲しみに暮れ、チャーリーも大好きだったパパの死に戸惑うばかり。そんなある日、パパからもらった飛行機が、まるで生きているかのように動き出し……。

    ネット上の声

    • ジャケからして自分が選びそうにないって思いながらも😅ヴァンサン・ランドンが気にな
    • パパは事故で死んでしまったけどいつも見守ってくれている
    • 空の一点を見つめるといつでも見えるから…
    • 結局・・・なんだったのだろうか。あれは
    家族、 クリスマス、 ファンタジー、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2005年
    • 製作国フランス
    • 時間100分
    • 監督セドリック・カーン
    • 主演イザベル・カレ
  10. ムースの隠遁
    • E
    • 2.59
    「8人の女たち」「スイミング・プール」のフランソワ・オゾン監督が、他界した恋人の子どもをお腹に宿した女性が、隠遁生活を送るなかで自分を見つめなおしていく姿を描いたドラマ。美男美女のムースとルイは誰もがうらやむ幸せなカップルだったが、ルイがドラッグの過剰摂取で死んでしまう。ひとり取り残されたムースは、ある日、ルイの子どもを妊娠していることに気づき、途方に暮れる。ムースはパリから遠く離れた町へ逃げ出すが……。カンヌ、ベルリン、ベネチアの3大映画祭受賞作を中心に日本未公開だった作品を一挙上映する「三大映画祭週間2012」で公開。

    ネット上の声

    • オゾン監督よっぽど子どもが欲しかったのね
    • 『ムースの隠遁』が『ムースの遁走』で幕
    • 妊婦を主役にした映画を撮りたいと願っていたフランソワ・オゾン監督が、当時妊娠6ヶ
    • 久しぶりにフランソワ・オゾン❗️
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2009年
    • 製作国フランス
    • 時間88分
    • 監督フランソワ・オゾン
    • 主演イザベル・カレ
  11. 11

    KOKORO

    KOKORO
    • E
    • 2.28
    これが長編2作目となるベルギーの女性監督バンニャ・ダルカンタラが、日本のある小さな村を舞台に、心に深い傷を負った人間が再生していくさまを描いた人間ドラマ。ベルギー、フランス、カナダの合作映画で、「奇跡のひと マリーとマルグリット」のフランス人女優イザベル・カレが主演を務め、國村隼、安藤政信、門脇麦が共演する。フランスで暮らすアリスのもとに弟のナタンがやってきた。旅先の日本で生きる意欲を見つけたと幸せそうに語っていたナタンは、数日後突然この世を去ってしまう。最愛の弟をなくしたアリスは、弟を変えた人々に出会うため、ひとり日本を訪れる。行き着いた先は自殺の名所として知られる崖のある海辺の村だった。そこでアリスは元警察官のダイスケと出会う。ダイスケは自殺のために村を訪れる人に寄り添い、自殺を思いとどまらせていた。村の人々との交流がアリスの心に静かな変化をもたらせていく。カレがアリス役、國村が元警察官のダイスケ役を演じる。

    ネット上の声

    • こうなっちゃうか、やっぱり
    • 日本が舞台のフランス映画
    • 何を言いたいのか?
    • コントかと思った
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2016年
    • 製作国ベルギー,フランス,カナダ,日本
    • 時間95分
    • 監督ヴァンニャ・ダルカンタラ
    • 主演イザベル・カレ
    • レンタル
  12. アンジュとガブリエル ベイビーに一目惚れ
    • E
    • 2.28
    コメディ
    • 製作年2015年
    • 製作国フランス
    • 時間90分
    • 監督アンヌ・ジアフェリ
    • 主演イザベル・カレ
    • レンタル

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。