全8作品。ニール・ヤングが出演した映画ランキング

  1. ラスト・ワルツ

    ラスト・ワルツ
    評価:A3.79
    1976年、サンフランシスコで行われたロックグループ のザ・バンドの解散コンサートを収めたドキュメンタリー。型破りな舞台構成で繰り広げられるコンサートの模様を、マーティン・スコセッシ監督がメンバーそれぞれへのインタビューを交えて映し出す。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    カッコ良すぎ!正にロック伝説の一ページ!
    ひょっとして、凄い映画だったのかも。
    ザバンド解散フェスティバル
    沈みゆく秋の夕日のように
    製作年:1978
    製作国:アメリカ
    監督:マーティン・スコセッシ
    主演:ザ・バンド
    1
  2. ヒューマン・ハイウェイ ≪ディレクターズ・カット版≫

    ヒューマン・ハイウェイ ≪ディレクターズ・カット版≫
    評価:E2.43
    カナダのロックスターであるニール・ヤングがバーナード・シェイキーという別名で監督を務め、300万ドルの自腹を切って撮り上げた異色コメディー。放射能汚染が広がる田舎町で暮らす人々の日常を、サイケデリックな映像と共に映し出す。

    コメディ

    ネット上の声

    エンド・オブ・ザ・ワールド
    今更公開するなよ
    ええっ!反核映画だったの?!
    放射能汚染で狂っちゃう!?
    製作年:2014
    製作国:アメリカ
    監督:バーナード・シェイキー
    主演:ニール・ヤング
    2
  3. イヤー・オブ・ザ・ホース

    イヤー・オブ・ザ・ホース
    評価:E0.00
     「デッドマン」、「ゴースト・ドッグ」などの鬼才ジム・ジャームッシュが監督した異色のロック・ドキュメンタリー。アメリカのロック界に君臨するニール・ヤングと、彼が率いるクレイジー・ホースの曲を綴ってゆくと同時に、秘められたヤングたちの日常や人物像を明らかにしつつ、演奏の様子を語ってゆく。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    Spirit
    製作年:1997
    製作国:アメリカ
    監督:ジム・ジャームッシュ
    主演:ニール・ヤング
    3
  4. ニール・ヤング/ハート・オブ・ゴールド 〜孤独の旅路〜

    ニール・ヤング/ハート・オブ・ゴールド 〜孤独の旅路〜
    評価:E0.00
     「ストップ・メイキング・センス」「羊たちの沈黙」のジョナサン・デミ監督が、ロック界のレジェンド、ニール・ヤングのライヴ・コンサートに密着した音楽ドキュメンタリー。ニュー・アルバム『プレーリー・ウィンド』完成直後、カントリーの聖地ナッシュヴィルで、アコースティックかつアットホームに繰り広げられたワールド・プレミア・コンサートの模様を中心に、彼とその仲間たちによるインタビューを交えて構成。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    気持ちが落ち着きます
    製作年:2006
    製作国:アメリカ
    監督:ジョナサン・デミ
    主演:ニール・ヤング
    4
  5. パール・ジャム20

    パール・ジャム20
    評価:E0.00
    1990年代前半に世界を席巻したグランジ・ロックをけん引し、デビュー20周年を迎えた世界的ロックバンド「パール・ジャム」の軌跡を追ったドキュメンタリー。彼らと親交の深い『あの頃ペニー・レインと』のキャメロン・クロウ監督がメガホンを取り、貴重な未公開映像を交えた1,200時間にも及ぶ映像を編集。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    投稿無しかよ!
    製作年:2011
    製作国:アメリカ
    監督:キャメロン・クロウ
    主演:パール・ジャム
    5
  6. ニール・ヤング/ジャーニーズ

    ニール・ヤング/ジャーニーズ
    評価:E0.00
     ジョナサン・デミが「ハート・オブ・ゴールド 孤独の旅路」に続いてロック界のカリスマであるニール・ヤングのワールドツアー最終二日間を映し出したライブドキュメンタリー作品。“After the gold rash”など往年の名曲から2010年発表のアルバム収録曲まで13曲をほぼノーカットで収録した。

    ドキュメンタリー
    製作年:2012
    製作国:アメリカ
    監督:ジョナサン・デミ
    主演:ニール・ヤング
    6
  7. ジャーニー・スルー・ザ・パスト

    ジャーニー・スルー・ザ・パスト
    評価:E0.00
    反骨のロックスター、ニール・ヤングが1974年にバーナード・シェイキー名義で発表した監督デビュー作。「バッファロー・スプリングフィールド」から「クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング(SCN&Y)」での活動を経て、72年に「ハート・オブ・ゴールド 孤独の旅路」が全米1位を獲得するまでのヤングの旅路を描き出す。名盤「ハーヴェスト」録音時の記録映像など、貴重なフッテージも満載。2009年に発売された「アーカイヴ・ボックス」に収録されたものの日本語字幕がついておらず、19年、爆音上映の15周年を記念して、初めて日本語字幕をつけて上映された。

    ドキュメンタリー
    製作年:1974
    製作国:アメリカ
    監督:バーナード・シェイキー
    主演:ニール・ヤング
    7
  8. マディ・トラック

    マディ・トラック
    評価:E0.00
    73歳になってもなお精力的な活動を続ける反骨のロックスター、ニール・ヤングが約6年ぶりに「クレイジー・ホース」と組んだ1987年のヨーロッパツアーの模様を記録したドキュメンタリー。ヤング自らがバーナード・シェイキー名義で監督を務めた。アメリカではツアーから四半世紀以上が過ぎた2015年にようやく公開。日本では19年、爆音上映の15周年を記念して初上映。

    ドキュメンタリー
    製作年:2015
    製作国:アメリカ
    監督:バーナード・シェイキー
    主演:ニール・ヤング
    8

スポンサードリンク