全9作品。グラディス・クーパーが出演した映画ランキング

  1. 踊る海賊

    踊る海賊
    評価:E0.00
    「若草の頃」のアーサー・フリードが製作する1948年度色彩ダンス映画で、コール・ポーター(「夜も昼も」)の曲によってジュディ・ガーランド(「若草の頃」)とジーン・ケリー(「デュバリイは貴婦人」)が踊る。S・N・ベールマンの舞台から「イースター・パレード」のアルバート・ハケットとフランセス・グッドリッチが脚色、「若草の頃」のヴィンセント・ミネリが監督に当っている。撮影は「イースター・パレード」のハリー・ストラドリング、音楽監督はレニー・ヘイトンが担当する他、ダンス監督にはロバート・アルトンとジーン・ケリーが当たっている。助演陣は「姫君と海賊」のウォルター・スレザク、「気まぐれ天使」のグラディス…

    ミュージカル

    ネット上の声

    それでは海賊がかわいそうだ。
    ジュディ・ガーランド大暴れ♡
    やっとのDVD可
    製作年:1948
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィンセント・ミネリ
    主演:ジュディ・ガーランド
    1
  2. ボヘミアン・ガウル

    ボヘミアン・ガウル
    評価:E0.00
    製作年:1922
    製作国:アメリカ
    主演:グラディス・クーパー
    2
  3. 果てしなき慕情

    果てしなき慕情
    評価:E0.00
     逆境にもめげず強く生きる女の姿を描いたヒューマン・ドラマ。寄宿学校に通う主人公(フェリス)は唯一の肉親である父の死後、ロンドンの我が家に移り住む。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1969
    製作国:イギリス
    監督:デズモンド・デイヴィス
    主演:バーバラ・フェリス
    3
  4. 剣豪ダルタニアン

    剣豪ダルタニアン
    評価:E0.00
    オーブリー・ウィスバーグとジャック・ポレックスフェンのストーリーを「海の無法者」のジョセフ・ホフマン、「新ロビンソン漂流記」のウォルター・フェリスが脚色し、「ヴァレンチノ」のルイス・アレンが監督したテクニカラー1952年度活劇。撮影は「誰が為に鐘は鳴る」のレイ・レナハン、音楽監督は「猿人ジョー・ヤング」のC・バカライニコフが担当している。「静かなる人」のモーリン・オハラを扶けて「地上最大の見世物」のコーネル・ワイルド、「摩天楼」のロバート・ダグラス、「踊る海賊(1948)」のグラディス・クーパー、その他ジューン・クレイウォース、ダン・オハーリー、アラン・ヘール・ジュニア、ブランシュ・ヤーカ、…

    アクション、アドベンチャー(冒険)

    ネット上の声

    いわゆる冒険活劇
    製作年:1952
    製作国:アメリカ
    監督:ルイス・アレン
    主演:コーネル・ワイルド
    4
  5. 風雲の欧羅巴

    風雲の欧羅巴
    評価:E0.00
    製作年:1935
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・サヴィル
    主演:グラディス・クーパー
    5
  6. パーキントン夫人

    パーキントン夫人
    評価:E0.00
    ゴールデングローブ賞(1944年・主演女優賞)

    ヒューマンドラマ
    製作年:1944
    製作国:アメリカ
    監督:テイ・ガーネット
    主演:グリア・ガーソン
    6
  7. 育ちゆく年

    育ちゆく年
    評価:E0.00
    製作年:1946
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・サヴィル
    主演:トム・ドレイク
    7
  8. 闘将ボブ

    闘将ボブ
    評価:E0.00
    製作年:1921
    製作国:アメリカ
    主演:グラディス・クーパー
    8
  9. 情熱の航路

    情熱の航路
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1943年・作曲賞)精神病に悩まされる少女時代を送ったヒロインが、妻子ある男性と恋に落ちる。そんな彼女が別れや病気の再発、少女との出会いを通じ、人間として大切なものを手に入れていく。ベティ・デイヴィス主演の感動作。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1942
    製作国:アメリカ
    監督:アーヴィング・ラパー
    主演:ベティ・デイヴィス
    9

スポンサードリンク