全7作品。リチャード・ベイマーが出演した映画ランキング

  1. ウエスト・サイド物語

    ウエスト・サイド物語
    評価:B3.68
    アカデミー賞(1962年・10部門) ニューヨークのダウンタウン、ウエスト・サイド。移民の多いこの町では、かねてから対立関係にあるベルナルド率いるプエルトリコ移民のシャーク団と、リフ率いるジェット団の2つのグループが、ことある毎に衝突を繰り返してきた。

    ミュージカル

    ネット上の声

    こ、これが古典ミュージカルの王道ですか!
    感動と気恥ずかしさの限界線ミュージカル
    ミュージカル版「ロミオとジュリエット」
    あと4分で映画がはじまります
    製作年:1961
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ワイズ
    主演:ナタリー・ウッド
    1
  2. 終着駅

    終着駅
    評価:C3.21
    ローマにやって来たアメリカ女性とイタリア青年の恋、そして別れ……。男と女の悲恋物語を語る一方で、駅に集う様々な人間たちの人生の営みを点描。ネオ・レアリスモ派監督らしい飾り気のない淡々とした映像が、かえって情感深く胸を打つ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    あまり好きじゃない・・・
    主演の女優さんがきれい☆2.5
    イタリアの駅構内は広いよー
    うーん、イマイチ・・・
    製作年:1953
    製作国:アメリカ/イタリア
    監督:ヴィットリオ・デ・シーカ
    主演:ジェニファー・ジョーンズ
    2
  3. アンネの日記

    アンネの日記
    評価:D3.18
    アカデミー賞(1960年・3部門)日本でも翻訳出版されて好評を博したアンネ・フランクの『アンネの日記』の映画化。製作・監督は「ジャイアンツ」のジョージ・スティーヴンス。脚色は「ある微笑」のフランセス・グッドリッチとアルバート・ハケット。撮影を「ジャイアンツ」のウィリアム・C・メラーが担当し、音楽はアルフレッド・ニューマン。出演は新人ミリー・パーキンス、ジョゼフ・シルドクラウト、シェリー・ウィンタースら。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    割れた天窓から空を見上げるシーン
    戦争のむごたらしさ
    のんきな映画
    事実だから余計に悲しい・・・
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・スティーヴンス
    主演:ミリー・パーキンス
    3
  4. 青年

    青年
    評価:E0.00
     冒険心溢れる青年ニックは、故郷を離れ様々な土地を放浪する。第一次大戦に従軍したのち、彼は故郷へ戻るが、そこで彼は父親が自殺したことを知る……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ヘミングウェイのロードムービー
    長かった映画と思います
    製作年:1962
    製作国:アメリカ
    監督:マーティン・リット
    主演:リチャード・ベイマー
    4
  5. ヘルブレイン/血塗られた頭脳

    ヘルブレイン/血塗られた頭脳
    評価:E0.00
     大事故で致命傷を負ったリッキーは、ニューベリー博士の手術で奇跡的に一命を取り留めた。やがて彼の昏睡状態は、盲目の美少女ローラのテレパシーで破られる。

    ホラー

    ネット上の声

    悪魔のサンタクロース (3/5)
    製作年:1989
    製作国:アメリカ
    監督:モンテ・ヘルマン
    主演:リチャード・ベイマー
    5
  6. 七月の女

    七月の女
    評価:E0.00


    ドキュメンタリー
    製作年:1963
    製作国:アメリカ
    監督:フランクリン・J・シャフナー
    主演:ジョアン・ウッドワード
    6
  7. 独身(バチェラー)アパート

    独身(バチェラー)アパート
    評価:E0.00
    製作年:1961
    製作国:アメリカ
    監督:フランク・タシュリン
    主演:テリー=トーマス
    7

スポンサードリンク