全4作品。修健が出演した映画ランキング

  1. 二十世紀少年読本

    二十世紀少年読本
    評価:A3.88
    日本のサーカスをテーマに、その娯楽の歴史とそこに生きた人々をノスタルジーに描く。脚本・監督は「夢みるように眠りたい」の林海象、撮影は「昼漏らす人妻」の長田勇市がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    歌え踊れ楽しきサーカス
    切ない笑い
    製作年:1989
    製作国:日本
    監督:林海象
    主演:三上博史
    1
  2. ZIPANG ジパング

    ZIPANG ジパング
    評価:D3.02
    伝説の黄金国ジパングを巡り、盗賊に賞金稼ぎ、加えて徳川幕府にジパング王国などが入り乱れて展開されるエンターテインメント時代劇。林海象監督の突拍子もないアイデアがノンストップで繰り広げられる前半は楽しめるが、ジパングに乗り込んでからの後半が失速気味だ。成田三樹夫の遺作となった。

    時代劇

    ネット上の声

    90年代のめずらしい伝奇チャンバラ映画
    そこそこ おもしろかったのですが
    この世界観はクセになる
    今だからこそ!
    製作年:1990
    製作国:日本
    監督:林海象
    主演:高嶋政宏
    2
  3. tokyo skin

    tokyo skin
    評価:E0.00
    閉塞感の漂う東京の夜を舞台に、“自分”を掴みきれない若者たちを描いた青春群像ストリートムービー。中国人・周は、生活するために非合法なことに手を染める毎日。ある日、彼は“周凱孟”という中国人を探す謎の女・京子と出会い、惹かれていく。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1996
    製作国:日本
    監督:塙幸成
    主演:修健
    3
  4. フィガロ・ストーリー

    フィガロ・ストーリー
    評価:E0.00
     車という共通の小道具で描かれるラブ・ストーリーを、3つの都市を舞台に展開させたオムニバス作品。(1)パリ編「ライブラリー・ラブ」、(2)東京編「月の人」、(3)ニューヨーク編「キープ・イット・フォー・ユアセルフ」。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1991
    製作国:日本,オランダ,フランス,アメリカ
    監督:アレハンドロ・アグレスティ
    主演:ゲリー・ボーヴェン
    4

スポンサードリンク