全21作品。エミール・ヤニングスが出演した映画ランキング

  1. 最後の人

    最後の人
    評価:C3.47
    ベルリンの豪華ホテルのドアマンをしている男が、寄る年波に勝てず、支配人から地下のトイレの掃除人への格下げを申し渡される。しかし、それに耐え切れない彼は、金モールのついたドアマンの制服を盗み出し、隣近所の人々には、依然栄誉あるドアマンであるように見せていたが……。ドイツからアメリカに渡ったF・W・ムルナウ監督がドイツ時代に撮った作品。光と影を大胆に使った表現主義的な映像、さらに現在の基準からすれば大仰なE・ヤニングスの演技が悲劇を指向する物語とあいまって、重厚な後味を残す作品となっている。また、アメリカでの公開を想定し、百万長者の遺産を相続してめでたしめでたしという、とってつけたようなハッピー…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    独逸サイレント映画の実力開花!
    「信じられない結末」とは?
    職場の制服にこだわる老人
    地下へ
    製作年:1924
    製作国:ドイツ
    監督:F・W・ムルナウ
    主演:エミール・ヤニングス
    1
  2. 嘆きの天使

    嘆きの天使
    評価:C3.37
    ドイツの小説家、マンの『ウィンラート教授』の映画化。ハンブルクで高校教師をしているラート教授は、ふとしたきっかけで街のキャバレーの踊り子、ローラに出会い、心惹かれる。世間知らずの教授は、教職を捨てローラと結婚。数年後、キャバレーの一座に交じって、ローラに捨てられた教授の無残な姿があった。古い権威主義の人間が、女性の性的魅力の前に理性を失い、人生の破滅に至ってしまうまでが、監督の厳しい人間観察によって描出された名作。スタンバーグと、ディートリヒが初めてコンビを組んだ作品で、劇中で披露される脚線美と主題歌は妖しげな魅力に満ち、心に残る。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    「100万ドルの脚線美」独逸初のトーキー
    オヤジのキャラが最高にいいです☆3.0
    ワイマール文化を偲べる作品
    E・ヤニングスの熱演・・・
    製作年:1930
    製作国:ドイツ
    監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ
    主演:エミール・ヤニングス
    2
  3. ファウスト

    ファウスト
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    あの終わり方はズルい
    製作年:1926
    製作国:ドイツ
    監督:F・W・ムルナウ
    主演:ヨースタ・エックマン
    3
  4. 最後の命令

    最後の命令
    評価:E0.00

    ネット上の声

    10年の歳月を経て…
    製作年:1928
    製作国:アメリカ
    監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ
    主演:エミール・ヤニングス
    4
  5. ヴァリエテ

    ヴァリエテ
    評価:E0.00
    夫婦で空中ブランコの曲芸師をしている中年男ハラーと若妻ベルタ。そこに若く二枚目の曲芸師が現れたことから、愛欲と憎悪に満ちた三角関係をなしていく。名優エミール・ヤニングス主演による愛憎ストーリー。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ドイツ映画黄金期を代表する名作の一つ
    夫の献身の背景
    ヒッチコック的なサーカス映画
    製作年:1925
    製作国:ドイツ
    監督:E・A・デュポン
    主演:エミール・ヤニングス
    5
  6. デセプション

    デセプション
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    あの王様じゃあ道化師も楽じゃないなあ~
    製作年:1920
    製作国:ドイツ
    監督:エルンスト・ルビッチ
    主演:ヘンニ・ポルテン
    6
  7. パッション

    パッション
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ
    製作年:1919
    製作国:ドイツ
    監督:エルンスト・ルビッチ
    主演:ポーラ・ネグリ
    7
  8. 支配者

    支配者
    評価:E0.00
    製作年:1936
    製作国:ドイツ
    監督:ファイト・ハーラン
    主演:エミール・ヤニングス
    8
  9. ファラオの恋

    ファラオの恋
    評価:E0.00
    「パッション(1919)」「デセプション」等を監督製作してドイツ映画界に傑物ありの名声を博したエルンスト・ルビッチュ氏が大々的に監督製作した映画である。「アルゴール」「オセロ(1922)」や右二映画等に主演したエミール・ヤニングス氏主演、「影を失へる男」「巨人コラン」等の名優パウル・ヴェゲナー氏、同夫人リダ・サルモノヴァ嬢や「因縁の指環」のダグニー・セルヴェス嬢「無名の快傑」等のハリー・リートケ氏等が共演したもの。無声。
    製作年:1922
    製作国:ドイツ
    監督:エルンスト・ルビッチ
    主演:エミール・ヤニングス
    9
  10. 呪の眼

    呪の眼
    評価:E0.00
    ポーラ・ネグリの舞踏、マックス・ローレンスの鬼気迫る紛争、トリックを施した格闘場面など見所の多い、徹頭徹尾凄惨陰鬱の気分に満ちた映画である。無声、染色。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1918
    製作国:ドイツ
    監督:エルンスト・ルビッチ
    主演:ポーラ・ネグリ
    10
  11. 白黒姉妹

    白黒姉妹
    評価:E0.00


    コメディ
    製作年:1920
    製作国:ドイツ
    監督:エルンスト・ルビッチ
    主演:ヘンニ・ポルテン
    11
  12. 裏切者

    裏切者
    評価:E0.00
    製作年:1929
    製作国:アメリカ
    監督:ルイス・マイルストン
    主演:エミール・ヤニングス
    12
  13. タルテュッフ

    タルテュッフ
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ
    製作年:1925
    製作国:ドイツ
    監督:F・W・ムルナウ
    主演:エミール・ヤニングス
    13
  14. オセロ

    オセロ
    評価:E0.00
    製作年:1922
    製作国:ドイツ
    監督:ディミトリー・ブコエツキー
    主演:ヴェルナー・クラウス
    14
  15. 世界に告ぐ

    世界に告ぐ
    評価:E0.00
    ヴェネチア国際映画祭(1941年・金獅子賞)
    製作年:1940
    製作国:ドイツ
    監督:ハンス・シュタインホフ
    主演:グスタフ・グリュントゲンス
    15
  16. ニュウ

    ニュウ
    評価:E0.00
    製作年:1924
    製作国:ドイツ
    監督:パウル・ツィンナー
    主演:エリザベート・ベルクナー
    16
  17. 肉体の道

    肉体の道
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1929年)エミール・ヤニングス氏のパラマウント入社第1回主演映画で、ラヨス・ビロ氏とジユールス・ファースマン氏とが執筆した物語をファースマン氏が脚色し、「決死隊」に続いてヴイクター・フレミング氏が監督したものである。ヤニングス氏を助けて「第四の戒律」「ステラ・ダラス(1925)」等出演のベル・ベネット嬢を始め、「無花果の葉」「奥様お耳拝借」等出演のフイリス・ヘイヴァー嬢、ドナルド・キース氏、フレッド・コーラー氏、フイリップ・ドウ・ラシー君等が出演している。
    製作年:1927
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:エミール・ヤニングス
    17
  18. カラマゾフの兄弟

    カラマゾフの兄弟
    評価:E0.00
    製作年:1920
    製作国:ドイツ
    監督:カール・フレーリッヒ
    主演:エミール・ヤニングス
    18
  19. 激情の嵐

    激情の嵐
    評価:E0.00
    製作年:1932
    製作国:ドイツ
    監督:ロバート・シオドマク
    主演:アンナ・ステン
    19
  20. 黒鯨亭

    黒鯨亭
    評価:E0.00
    製作年:1933
    製作国:ドイツ
    監督:フリッツ・ヴェンドハウゼン
    主演:フランツ・ニクリッシュ
    20
  21. 裏町の怪老窟

    裏町の怪老窟
    評価:E0.00
    製作年:1924
    製作国:ドイツ
    監督:パウル・レニ
    主演:ウィルヘルム・ディーテルレ
    21

スポンサードリンク