スポンサーリンクあり

全9作品。グレンダ・ジャクソンが出演した映画ランキング

  1. 恋人たちの曲/悲愴
    • B
    • 3.93
    偉大な芸術家チャイコフスキーの私生活での苦悩、その苦悩を払しょくするように、類まれなる才智による創作活動を続けた彼の劇的な生涯を画く。製作・監督は「肉体の悪魔(1971)」「ボーイフレンド」のケン・ラッセル、脚本は「大侵略」のメルヴィン・ブラッグ、撮影は「冬のライオン」のダグラス・スローカム、演奏はロンドン・シンフォニー・オーケストラ、指揮はアンドレ・プレヴィン、ピアノ独奏はラファエル・オロズコ、振付はテリー・ギルバート、衣裳デザインはシャーリー・ラッセル、編集はマイケル・ブラッドセルが各々担当。出演はTV『ドクター・ギルデア』のリチャード・チェンバレン、「恋する女たち」のグレンダ・ジャクソン、マックス・エイドリアン、クリストファー・ゲイブル、イザベラ・テレジンスカなど。

    ネット上の声

    • 亡き母を慕い続けたチャイコフスキー
    • 映画館で吐きそうに
    • チャイコフスキーの苦悩に満ちた私生活をスキャンダラスに描いたケン・ラッセル監督の異色作
    • ケン・ラッセルのチャイコフスキーに対する偏執的な愛情をありありと伝えているのだが
    音楽、 伝記
    • 製作年1970年
    • 製作国イギリス
    • 時間124分
    • 監督ケン・ラッセル
    • 主演リチャード・チェンバレン
  2. ウィークエンド・ラブ
    • B
    • 3.72
    都会生活のサラリーマンにとって貴重な憩の時となるウィークエンド。ロンドンを舞台に、妻子ある中年男と離婚歴のある中年女のほろ苦い愛を描く。ロス・ハンターを社長とするブルート・プロの第一回作品。製作・脚本は「お熱い出来事」のメルヴィン・フランク、脚本はフランクとジャック・ローズ、撮影はオースティン・デンプスター、音楽はジョン・キャメロンが各々担当。出演はジョージ・シーガル、グレンダ・ジャクソン、ポール・ソルビン、ヒルデガード・ニール、セック・リンダー、K・カラン、マリー・バークレイ、ミシェル・エラウィンなど。

    ネット上の声

    • 昔、深夜の放送枠で観て、VHSに録画して何度もラストシーンを見直したりしてました
    • 不倫がこんなにお洒落にみえちゃいけません
    • 不倫ものなんだけど後味すっきり!
    • 子持ちシングルで皮肉屋の典型的イギリス女と、妻子持ち軽薄マッチョな典型的アメリカ
    恋愛、 コメディ
    • 製作年1973年
    • 製作国イギリス
    • 時間106分
    • 監督メルヴィン・フランク
    • 主演ジョージ・シーガル
  3. クイン・メリー/愛と悲しみの生涯
    • C
    • 3.38
    流血、陰謀が渦まく16世紀スコットランドに生きた悲劇の女王メリー・スチュアートの物語。製作はハル・B・ウォリス、監督はチャールズ・ジャロット、脚本はジョン・ヘール、撮影はクリストファー・チャリス、音楽はジョン・バリー、編集はリチャード・マーデン、衣装はマーガレット・ファースが各々担当。出演は女王メリーにヴァネッサ・レッドグレーヴ、エリザベス女王にグレンダ・ジャクソン、他にパトリック・マクグーハン、ティモシー・ダルトン、ナイジェル・ダベンポート、トレバー・ハワード、ダニエル・マッセイ、イアン・ホルムなど。

    ネット上の声

    • エリザベス女王が出る映画で推薦出来ます
    • 女×女 二大女優の火花散る激突
    • ヴァネッサ・レッドグレイヴのメリー女王を観る映画
    伝記
    • 製作年1971年
    • 製作国アメリカ
    • 時間128分
    • 監督チャールズ・ジャロット
    • 主演ヴァネッサ・レッドグレーヴ
  4. サロメ
    • C
    • 3.27
    発表当時イギリスでは上演禁止となったオスカー・ワイルドの『サロメ』を、彼の友人たちがワイルドのためにするという設定のもと、並行してドラマは展開してゆく。製作はペニー・コーク。監督・脚色は「ゴシック」のケン・ラッセル、撮影はハーヴェイ・ハリソン、フランス語で書かれたオスカー・ワイルド原作の翻訳をヴィヴィアン・ラッセルが担当。出演は「ニューヨーカーの青い鳥」のグレンダ・ジャクソン、「ダウンタウン物語」のダグラス・ホッジ、「熱砂の日」のニコラス・グレースほか。

    ネット上の声

    • サロメがなかったらビアズリーもなかった。
    • 変態という言葉は褒め言葉
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1987年
    • 製作国アメリカ
    • 時間89分
    • 監督ケン・ラッセル
    • 主演グレンダ・ジャクソン
  5. 日曜日は別れの時
    • D
    • 3.01
    日曜日を二度はさんだ十日間に起こる、中年の医師、若いとはいえないが魅力的な女性、若い芸術家の三角関係を描く。製作はジョゼフ・ジャンニ、監督は「真夜中のカーボーイ」のジョン・シュレシンジャー、脚本はペネロープ・ギリヤット、撮影はビリー・ウィリアムス、編集はリチャード・マーデンが各々担当。出演はグレンダ・ジャクソン、ピーター・フィンチ、マレー・ヘッド、ペギー・アシュクロフト、モーリス・デナム、ヴィヴィアン・ピクルス、フランク・ウィンザーなど。

    ネット上の声

    • 何だかブルームズベリーグループのような謎めいたアレックス家?でアルヴァ夫妻と子ど
    • 同性愛映画、というより同性愛自体がまだ鳴り物入り以外の何物でもなかった時代に、こ
    • ただでさえ複雑な恋愛が、同性愛や三角関係がプラスされるとさらに複雑でぐちゃぐちゃ
    • ゲイで医者ダニエル、独身の中年女アレックス、バイセクシャルの青年ボブの三角関係
    ヒューマンドラマ、 アクション
    • 製作年1971年
    • 製作国イギリス
    • 時間111分
    • 監督ジョン・シュレシンジャー
    • 主演グレンダ・ジャクソン
  6. マルキ・ド・サドの演出のもとにシャラントン精神病院患者たちによって演じられたジャン=ポール・マラーの迫害と暗殺
    • D
    • 2.96
    ペーター・ヴァイスの戯曲をそのまま、「三文オペラ」「雨のしのび逢い(1960)」のピーター・ブルックが監督した。撮影はデイヴィッド・ワトキン、音楽はリチャード・ピースリーが担当。美術をテッド・マーシャル、衣裳にはグニルラ・パルムスティエルナ・ヴァイスがあたっている。出演は、イアン・リチャードソン、パトリック・マギーなど、王立シェークスピア劇団四一人の俳優たち。製作はマイケル・バーケット卿。

    ネット上の声

    • 出演ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー
    • 『マルキ・ド・サドの演出のもとにシャラントン精神病院患者たちによって演じられたジ
    • 世界的な演出家ピーター・ブルックが、シェイクスピア劇団を率いて、ドイツ人作家ペー
    • いやいや、これが製品化されてる事が凄いでしょ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1967年
    • 製作国イギリス
    • 時間119分
    • 監督ピーター・ブルック
    • 主演パトリック・マギー
  7. 恋する女たち
    • D
    • 2.85
    2組の恋人たちの愛情のあり方を、1920年代としては破格の手法で描いたD・H・ローレンスの同名小説の映画化。製作のラリー・クレイマーが脚色し、「10億ドルの頭脳」のケン・ラッセルが監督、共同製作はマーティン・ローゼン。撮影は「10億ドルの頭脳」のビリー・ウィリアムズ、音楽は、「カトマンズの男」のジョルジュ・ドルリュー、装置はルチアーナ・アリジ、編集はマイケル・ブラッドセル、録音はブライアン・シモンズがそれぞれ担当。出演は「まぼろしの市街戦」のアラン・ベイツ、「脱走山脈」のオリヴァー・リード、「マラー/サド」のグレンダ・ジャクソン、ほかにジェニー・リンデン、エレナー・ブロン、アラン・ウェッブなど。
    恋愛
    • 製作年1969年
    • 製作国イギリス,アメリカ
    • 時間130分
    • 監督ケン・ラッセル
    • 主演アラン・ベイツ
  8. レインボウ
    • E
    • 2.70
    ビクトリア時代を舞台に、自由な魂を求めて成長してゆく奔放な女性の姿を描く。エグゼキュティヴ・プロデューサーはウィリアム・J・クィグレーとダン・アイルランド。D・H・ローレンスの同名小説を基に、製作・監督・脚本は「サロメ」のケン・ラッセル、共同脚本はヴィヴィアン・ラッセル、撮影はビリー・ウィリアムス・音楽はカール・デイヴィスが担当。出演はサミデイヴィスほか。

    ネット上の声

    • 幼い頃に、アーシュラは虹に向かって走っていた
    • 今の日本の若者より昔の英国の若者の方が…
    • 「自由な魂を求める奔放な女性」感はない
    • 新しい価値観を求める女性
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1989年
    • 製作国イギリス
    • 時間112分
    • 監督ケン・ラッセル
    • 主演サミ・デイヴィス
  9. ニューヨーカーの青い鳥
    • E
    • 2.44
    雑誌の恋人募集広告を通じ、フランス料理店レ・ブーションで出会ったブルースとプルーダンス。ところがブルースは、実はバイセクシャルで、ボブという男の恋人と同棲していた。それを聞いたプルーダンスとブルースのデートは散々なものに。その後、ふたりは再会を果たすことになるが……。風変わりな男女、そしてそのセラピストといったニューヨーカーたちが繰り広げる恋の騒動を描いたスクリューボール・コメディ。大評判となった同名戯曲を映画化。

    ネット上の声

    • アルトマンの精神世界
    • ヘンな人ばかりが登場
    • 当時ニューヨークではセラピーにかかる事がちょっとしたステータスになっていたらしく
    • NO.142「に」のつく元気になった洋画
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1986年
    • 製作国アメリカ
    • 時間94分
    • 監督ロバート・アルトマン
    • 主演ジュリー・ハガティ

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。