全4作品。ペ・ジョンオクが出演した映画ランキング

  1. ハーブ

    ハーブ
    評価:D3.14
    『トンマッコルへようこそ』のカン・ヘジョンが、精神年齢7歳の役に挑戦したヒューマンドラマ。精神遅滞障害のため7歳の知能のまま生きる20歳の女性・サンウン。童話の中の王子様に憧れる彼女は、偶然出会った交通機動隊員の男性を王子様と思い込み…。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    パッケージが良い。
    古臭い 駄作
    眠い映画
    しょぼい
    製作年:2007
    製作国:韓国
    監督:ホ・インム
    主演:カン・ヘジョン
    1
  2. 奇跡の夏

    奇跡の夏
    評価:E2.59
    実話を基に書かれたキム・ヘジョンのエッセイ「悲しみから希望へ」を映画化した感動作。『カル』の脚本家で原作者の妹でもあるキム・ウンジョンがシナリオを担当し、闘病により成長する家族の姿を描き出す。

    ヒューマンドラマ、実話

    ネット上の声

    ただ泣く。そのために観る映画です。
    素直に感動できる映画です。
    泣けるといえば泣ける
    お約束ではあるが
    製作年:2005
    製作国:韓国
    監督:イム・テヒョン
    主演:パク・チビン
    2
  3. チルスとマンス

    チルスとマンス
    評価:E0.00
     韓国を舞台に、それぞれに悩みの中で生きるながらも、絆を深く築いていく二人の青年の友情を描いた青春映画。出演は「ディープ・ブルー・ナイト」のアン・ソンギ。

    青春

    ネット上の声

    一人で見ているときどうするんですか?
    チルス ト マンス
    クズ
    カス
    製作年:1987
    製作国:韓国
    監督:パク・カンス
    主演:アン・ソンギ
    3
  4. 世界で一番美しい別れ

    世界で一番美しい別れ
    評価:E0.00
    『愛の群像』のノ・ヒギョンが贈る感動的な家族の物語。痴呆症の姑、不倫中の娘、酒に溺れる息子などそれぞれに問題を抱える家族を見守ってきた母・イニが末期癌に侵されていることが判明。それをきっかけに各々がイニの病、家族と向き合っていく。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    今、日本でも抱えているであろう問題
    製作年:2011
    製作国:韓国
    主演:ペ・ジョンオク
    4

スポンサードリンク