全5作品。清水くるみが出演した映画ランキング

  1. ゲキ×シネ「乱鶯」

    ゲキ×シネ「乱鶯」
    評価:A4.08
    いのうえひでのり主宰の「劇団☆新感線」の舞台を、スクリーンで堪能できる“ゲキ×シネ”として映像化した時代劇。江戸時代を舞台に、かつて盗賊の頭として名をはせた男と、彼を取り巻く市井の人々の喜怒哀楽を人間味たっぷりに映す。

    ゲキ×シネ
    製作年:2017
    製作国:日本
    主演:古田新太
    1
  2. 青の帰り道

    青の帰り道
    評価:C3.51
    学生時代を共にした若者たちの群像劇。夢と現実のはざまで苦悩する7人の人生が交錯し、未来に向かっていくさまを描く。

    青春

    ネット上の声

    青春の残酷さと切なさ。赤裸々に紡ぐ群像劇
    試写会 登壇付きで、鑑賞や
    「品格」ある青春振り返り
    少し暗いですが、良い映画です。
    製作年:2018
    製作国:日本
    監督:藤井道人
    主演:真野恵里菜
    2
  3. 遠くでずっとそばにいる

    遠くでずっとそばにいる
    評価:D3.19
    狗飼恭子の小説を『夜のピクニック』などの長澤雅彦監督が映画化したミステリードラマ。交通事故の影響で過去10年の記憶をなくしてしまった女性が、失われた記憶をたどっていく中、自身の残酷な過去と向き合う姿を、透明感あふれる映像で描き出す。

    恋愛

    ネット上の声

    火に飛び込む虫は馬鹿ですか? それとも、
    過去の真相の出し方が遅すぎなんだけど…
    思い出は美しい風景の中でいつも輝く 
    本当の自分を知った時
    製作年:2013
    製作国:日本
    監督:長澤雅彦
    主演:倉科カナ
    3
  4. 悲しいボーイフレンド

    悲しいボーイフレンド
    評価:D2.96
    突然現われた謎の少女によって、初恋の切ない気持ちを思い出す中年サラリーマンの姿を描くファンタジックなドラマ。繊細(せんさい)な演出力に定評がある『ブラブラバンバン』の草野陽花監督がメガホンを取り、誰もが心に持っている郷愁感をスクリーンに刻み付ける。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    さすがにテーマが食傷気味?
    なんだったんだ7days
    映像が〜  
    つれづれに
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:草野陽花
    主演:寺脇康文
    4
  5. ゲキ×シネ「修羅天魔 ~髑髏城の七人 Season極」

    ゲキ×シネ「修羅天魔 ~髑髏城の七人 Season極」
    評価:E0.00


    ゲキ×シネ
    製作年:2019
    製作国:日本
    主演:天海祐希
    5