全5作品。フィリップ・ルメールが出演した映画ランキング

  1. オードリー・ヘップバーンの モンテカルロへ行こう

    オードリー・ヘップバーンの モンテカルロへ行こう
    評価:E0.00
    アメリカの人気俳優が、不仲になった女優の妻から取り上げた赤ん坊。その子が、モンテカルロへ演奏旅行に向かう楽団員の孫と混同されて……。オードリー・ヘップバーン主演でおくる、フレンチ・テイスト満載のコメディ映画。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    「オードリー・ヘップバーンの」
    子供を巡ってドタバタ劇
    メルシ〜アリガトォ〜
    フレンチミュージカル
    製作年:1951
    製作国:フランス
    監督:ジャン・ボワイエ
    主演:オードリー・ヘプバーン
    1
  2. スキャンダル

    スキャンダル
    評価:E0.00
    思春期のエリックは、想いを寄せるリンダが父とベッドにいるところを目撃。逆上して父を射殺し、リンダを別荘に監禁する。そして2人はいつしか結ばれるが……。思春期の少年の目覚めと悲劇を、ジェーン・バーキン主演で描く。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1976
    製作国:フランス
    監督:ベルナール・クィザンヌ
    主演:ジェーン・バーキン
    2
  3. 肉体の怒り

    肉体の怒り
    評価:E0.00
    ジャン・クロード・オレルとジャック・コンパネーズの脚本を更に「女性の敵」のジャック・コンパネーズが脚色し、同じく「女性の敵」のラルフ・アビブが監督、ロジェ・ユベールが撮影を担当する。主なる出演者は「寝台の秘密」第三話のフランソワーズ・アルヌール、「女性の敵」のレイモン・ペルグラン、他、フィリップ・ルメール、ジャン・クロード・パスカルなど。
    製作年:1954
    製作国:フランス
    監督:ラルフ・アビブ
    主演:レイモン・ペルグラン
    3
  4. 狩込み

    狩込み
    評価:E0.00
    フランシス・カルコの小説『ジュジュ・ラ・カイユ』の映画化。新人アンドレ・ペルガマンの監督によって、パリを背景とする暗黒街の物語が描かれている。「悪者は地獄へ行け」の原作であるフレデリック・ダールとペルガマンが共同で脚色・台詞を担当し、撮影はミシェル・ロッカ。音楽ジョゼフ・コスマ。出演するのは「恋人たち」のジャンヌ・モロー、「フルフル」のフィリップ・ルメール、「巴里野郎」のロジェ・ピエール、ロベール・ダルバン、フェルナン・サルドウ、イヴァ・ベラ等。黒白・シネパノラミック。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1955
    製作国:フランス
    監督:アンドレ・ペルガマン
    主演:ジャンヌ・モロー
    4
  5. フルフル

    フルフル
    評価:E0.00
    製作年:1955
    製作国:フランス/イタリア
    監督:アウグスト・ジェニーナ
    主演:ダニー・ロバン
    5

スポンサードリンク