スポンサーリンクあり

全9作品。サマンサ・エッガーが出演した映画ランキング

  1. 刑事コロンボ/殺しの序曲
    • C
    • 3.24
     知能指数の上位2パーセントが入会条件の社交クラブ、シグマ会の会合で、突如銃声が鳴り響いた。メンバーが駈けつけたとき、現場からはたった今、犯人が逃げ出したように思われた。

    ネット上の声

    • 知能、いや「人間力」の勝負よ 見事!
    • コロンボ刑事VS高知能指数犯
    • この犯人の人間像は面白い
    • 面白いエピソードです☆3.0
    刑事コロンボ、 サスペンス
    • 製作年1977年
    • 製作国アメリカ
    • 時間73分
    • 監督サム・ワナメイカー
    • 主演ピーター・フォーク
  2. ザ・ブルード/怒りのメタファー
    • D
    • 2.86
    夫婦間や親子間の亀裂というテーマとともに、驚愕の科学実験が生んだ凄惨な恐怖を描いたデビッド・クローネンバーグ監督のホラー。幼少期に受けた虐待が原因で神経症を患うノラは医師ラグランの診療施設に入院する。しかしノラの夫フランクは彼女を隔離し面会させないラグランに不信感をいだく。一方、ラグランは人間の怒りを実体化する実験を行なっていた。ノラの体にできた腫瘍から異形の群れが現れ、やがて復讐を開始。ノラとフランクの娘キャンディスにも危険が迫る。2013年、クローネンバーグ監督の新作「コズモポリス」(12)公開にあわせた特集上映「コンセプション オブ デヴィッド・クローネンバーグ 受胎」でリストア版が公開。

    ネット上の声

    • 例えば「怒りをどのように具現化するか」というお題が与えられたとして、この映画のよ
    • こちらの作品(クローネンバーグ)は好みでした。
    • デヴィッド・クローネンバーグ監督の初期作品です
    • この作品のページを開いてしまったあなた
    ホラー
    • 製作年1979年
    • 製作国カナダ
    • 時間91分
    • 監督デヴィッド・クローネンバーグ
    • 主演オリヴァー・リード
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  3. 殺意の週末
    • D
    • 2.86
    南フランスのぬけるような青い空の下、巧みに仕組まれた罠が、生き物のようにしなって、若い女に襲いかかるスリラー・サスペンス。製作総指揮はレイモンド・ダノン、製作・監督はアナトール・リトヴァク、脚本はリチャード・ハリスとエレノア・ペリー、原作はセバスチャン・ジャプリゾ、撮影はクロード・ルノワール、音楽はミシェル・ルグランがそれぞれ担当。出演は「コレクター」「ドリトル先生不思議な旅」のサマンサ・エッガー、「恋する女たち」のオリヴァー・リード、ステファーヌ・オードラン、ジョン・マッケナリー、ベルナール・フレッソンなど。

    ネット上の声

    • みたかったやつ
    サスペンス
    • 製作年1970年
    • 製作国フランス,イギリス
    • 時間103分
    • 監督アナトール・リトヴァク
    • 主演サマンサ・エッガー
  4. 男の闘い
    • D
    • 2.79
    実在した“モリー・マガイア”という秘密結社の男と権力のスパイとの闘い。製作はマーティン・リット、ウォルター・バーンスタイン、監督は「暗殺」のマーティン・リット。脚本はウォルター・バーンスタイン、撮影は「愛すれど心さびしく」のジェームズ・ウォン・ホウ、音楽は「パーティー」のヘンリー・マンシーニがそれぞれ担当。出演は「馬と呼ばれた男」のリチャード・ハリス、「007は二度死ぬ」のショーン・コネリー、「ドリトル先生不思議な旅」のサマンタ・エッガー、「栄光の座」のフランク・フィンレイ、「ウィル・ペニー」のアンソニー・ザーブとアンソニー・コステロ。他にアート・ランド、ベセル・レスリーなど。テクニカラー、パナビジョン。1969年作品。

    ネット上の声

    • 以前から存在は知りつつ、長らく観る機会の無かった007時代のショーン・コネリーの
    • ショーン・コネリーが007デビュー時に粋人テレンス・ヤング監督に紳士道を指南され
    • ショーン コネリー ファンなら見てくださ
    • ラピュタ好きとしては「炭坑で働く男達」の画を眺めているだけで幸せモノなのですが…
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1969年
    • 製作国アメリカ
    • 時間125分
    • 監督マーティン・リット
    • 主演ショーン・コネリー
    • レンタル
  5. コレクター
    • E
    • 2.68
    ジョン・ファウルズの原作をスタンリー・マンとジョン・コーンが共同で脚色、「噂の二人」のウィリアム・ワイラーが監督した心理サスペンス・ドラマ。撮影はロバート・サーティース、ロバート・クラスカー、音楽は「日曜日には鼠を殺せ」のモーリス・ジャールが担当した。出演はテレンス・スタンプ(カンヌ映画祭主演男優賞)、サマンサ・エッガー(同主演女優賞)、モナ・ウォッシュ・ボーンなど。製作はジャド・キンバーグとジョン・コーン。

    ネット上の声

    • ワイラー監督には相応しくない題材だったのでは?
    • 【テレンス・スタンプ様の眼差しの演技が至高】
    • 誘拐、監禁、など本当の愛など生まれない!
    • スゴイ!エッ!何もしない!究極の異常者!
    脱出、 監禁、 異常愛、 サスペンス
    • 製作年1965年
    • 製作国アメリカ
    • 時間119分
    • 監督ウィリアム・ワイラー
    • 主演テレンス・スタンプ
  6. ドリトル先生不思議な旅
    • E
    • 2.58
    ヒュー・ロフティングの童話『ドリトル先生・航海記』を、「いつも2人で」で作詞を担当したイギリス芸能界の才人レスリー・ブリッカスが脚色・作詞・作曲し、「ミクロの決死圏」のリチャード・フライシャーが監督したミュージカル・ファンタジー。撮影は「コレクター」のロバート・サーティース、音楽監督はライオネル・ニューマン、振付はブロードウェイの俊鋭ハーバート・ロスが担当した。出演は「マイ・フェア・レディ」のレックス・ハリソン、「歩け!走るな」のサマンサ・エッガー、イギリスの舞台人アンソニー・ニューリー、「砲艦サンパブロ」のリチャード・アッテンボローほか。製作は「何という行き方!」のアーサー・P・ジェイコブス。

    ネット上の声

    • ほのぼの、楽しいミュージカル!
    • ヒギンズ教授、獣医になる
    • 本日は母の日です
    • あたたかな世界
    ファンタジー、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1967年
    • 製作国アメリカ
    • 時間152分
    • 監督リチャード・フライシャー
    • 主演レックス・ハリソン
    • レンタル
    • 定額
  7. 歩け走るな!
    • E
    • 2.57
    ロバート・ラッセルとフランク・ロスの共同ストーリーをTV・舞台のライター、ソル・サクスが脚色し、「不沈のモリー・ブラウン」のチャールズ・ウォルターズが監督したロマンティック・コメディー。撮影は「マイ・フェア・レディ」でアカデミー色彩撮影賞を獲得したハリー・ストラドリング、音楽はモダン・ジャズの大御所クインシー・ジョーンズが担当。出演は「がちょうのおやじ」のケーリー・グラント、「死刑台への招待」のサマンサ・エッガー、「ビッグトレイル(1965)」のジム・ハットンほか。製作は「アルバレス・ケリー」のソル・C・シーゲル。

    ネット上の声

    • 1943年のロマンティック・コメディ映画『The More the Merrie
    • 日本を誤解している洋画 (第一弾)
    • 前出、yadonisさんの言うとおり!
    • ◯米🇺🇸原題:『Walk Don't Run』
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1966年
    • 製作国アメリカ
    • 時間114分
    • 監督チャールズ・ウォルターズ
    • 主演ケイリー・グラント
    • レンタル
  8. マロニエの別れ道
    • E
    • 2.54
    ロンドンの裏町を背景に、足が悪いため恋愛をあきらめていた女がパーティーで知り合った画家と恋におちいりとりことなるが、この恋には恐しい罠が……。恋と自尊心との間に揺れ動く女心のラブ・ロマンスをサスペンス・タッチの中に描いた作品。原作は「マーニー」を書いたウィンストン・グレアムの小説で、監督は新人エリック・ティル、脚色はジョージ・ブルーストン、撮影は「荒鷲の要塞」のアーサー・イベットソン、音楽はスタンリー・マイヤーズが各々担当。サマンサ・エッガーの衣装は「グラン・プリ」のチーム、ミア・フォンサグリーブスとビッキー・ティールがデザイン。出演は「欲望」のデイヴィッド・ヘミングス、「コレクター」のサマンサ・エッガー、エムリン・ウィリアムズ、「湖愁」のフィリス・カルヴァート、「吸血鬼」のファーディ・メイン、「大逆転」のダッドリー・サットンなど。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1970年
    • 製作国イギリス
    • 時間102分
    • 監督エリック・ティル
    • 主演サマンサ・エッガー
  9. 死刑台への招待
    • E
    ユベール・モンティレ(邦訳“帰らざる肉体”)の原作を「カサブランカ」で四三年アカデミー賞受賞のジュリアス・J・エプスタインが脚色。製作・監督は「ナバロンの要塞」のJ・リー・トンプソン。撮影は「素晴らしきヒコーキ野郎」のクリス・チャリス、音楽はジョン・ダンクワースが担当した。出演者は「ニュールンベルグ裁判」のマクシミリアン・シェル、「コレクター」のサマンサ・エッガー、「沈黙」のイングリッド・チューリン、「暗闇でドッキリ」のハーバート・ロムなど。
    サスペンス
    • 製作年1965年
    • 製作国イギリス
    • 時間101分
    • 監督J・リー・トンプソン
    • 主演マクシミリアン・シェル

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。