全3作品。クラウディオ・ビガリが出演した映画ランキング

  1. カオス・シチリア物語

    カオス・シチリア物語
    評価:S4.44
    プロローグから始まる計7編の章から成る作品だが、オムニバス映画ではなく、全編の流れのなかにシチリアの人々の歴史と心が浮かび上がる雄大な構想が貫かれている。なお、タイトルの“カオス“はシチリア島に実在する村の名で、原作者ピランデッロの故郷である。

    ヒューマンドラマ、家族

    ネット上の声

    混沌(カオス)の世界に生きる人々の強さ
    イタリア落語「カオスシチリア噺」
    混沌の内から輝くものは?
    泣けるエピソードが秀逸
    製作年:1984
    製作国:イタリア
    監督:パオロ・タヴィアーニ
    主演:マルガリータ・ロサーノ
    1
  2. エーゲ海の天使

    エーゲ海の天使
    評価:C3.52
    アカデミー賞(1992年・外国語映画賞) 牧歌的なギリシャの小島に8人のイタリア兵が派遣されてくるが、サッカーをしたり娼婦のもとを訪ねたりする以外とりたててすることも無く、義務感に燃えていた若い隊長も教会のフレスコ画制作に夢中になる。終戦で島を離れた彼らだが、本国で働き定年を迎え、再び吸い寄せられるように島へ帰ってくるのだった。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    これがアカデミー賞受賞作?と思うのですが
    のほほん孤島滞在記
    ほのぼの
    しょぼいイタリア軍の小島でのパラダイス
    製作年:1991
    製作国:イタリア
    監督:ガブリエレ・サルヴァトレス
    主演:ヴァンナ・バルバ
    2
  3. フィオリーレ/花月の伝説

    フィオリーレ/花月の伝説
    評価:E0.00
     イタリア・トスカーナ地方のベネディット家に受け継がれる呪われた歴史。18世紀末、ナポレオン軍の遠征で訪れた青年将校ジャンとエリザベッタの悲劇の恋に端を発するそれは、以後200年に渡り一家の運命を翻弄し続けるのだった。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    時空を超えた愛の行方は…?
    製作年:1993
    製作国:イタリア/フランス/ドイツ
    監督:パオロ・タヴィアーニ
    主演:クラウディオ・ビガリ
    3

スポンサードリンク