全6作品。原田佳奈が出演した映画ランキング

  1. ばななとグローブとジンベエザメ

    ばななとグローブとジンベエザメ
    評価:S4.16
    『ねこのひげ』の矢城潤一がメガホンを取り、好き勝手した後に行方をくらませた父親と息子の関係を軸に描く家族ドラマ。結婚を間近に控えた出来のいい長男と、祖母の年金を握りしめて失踪したどうしようもない親父の親子関係を温かい視点で映し出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    食べ終えたバナナの皮はゴミ箱へ
    ちょい役なのに豪華な顔ぶれ。
    オススメしたい映画
    語り合いたくなる
    製作年:2012
    製作国:日本
    監督:矢城潤一
    主演:中原丈雄
    1
  2. ゆずりは

    ゆずりは
    評価:S4.11
    葬儀社のベテラン社員と新入社員のコンビが、亡き人々とその遺族との交流を通して生と死に向き合うさまが描かれる人間ドラマ。監督を務めるのは『eiko[エイコ]』などの加門幾生。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    確かに五木ロボットは登場していた!
    もっと宣伝して沢山の人に観て欲しい
    生きている間にありがとうの気持ち
    もっと多くの人に見てもらいたいな
    製作年:2018
    製作国:日本
    監督:加門幾生
    主演:コロッケ
    2
  3. アリア

    アリア
    評価:C3.40
    長野県諏訪を舞台に、再会した幼なじみ同士の恋模様を描く繊細(せんさい)なラブストーリー。監督は『LOVEHOTELS ラヴホテルズ』など、人間ドラマに定評のある村松亮太郎。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    特典は規格外の舞台挨拶ショー(笑顔)
    凄く綺麗な作品でした。
    深々と胸にしみる作品
    ち、超微妙あだなぁ~
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:村松亮太郎
    主演:井坂俊哉
    3
  4. 空飛ぶ金魚と世界のひみつ

    空飛ぶ金魚と世界のひみつ
    評価:D3.12
    1995年、福岡。妻が亡くなってから、作品を作れなくなってしまった絵本作家の父・洋志(ダンカン)と暮らすみどり(優希美青)。そんな中、洋志が新しい母親だといって中国人女性リンリン(佐藤仁美)を家に招き入れる。予想だにしなかった出来事にショックを受けた上に、リンリンとの文化や考え方の違いに困惑してしまい、彼女を拒否するようになるみどり。その姿を見た洋志は、二人のために再び筆を執って絵本を描こうと決意する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    優希美青が見たかったので鑑賞、です・・・
    小粒でベタでチープだが、心洗われる良作
    心がポっとあたたかくなる
    テーマはいい・・・・
    製作年:2013
    製作国:日本
    監督:林弘樹
    主演:佐藤仁美
    4
  5. LOVEHOTELS ラヴホテルズ

    LOVEHOTELS ラヴホテルズ
    評価:D3.05
    クリスマスに2人の男性からの誘いを両方受けてしまったスズコ(原田佳奈)は、ホテルの部屋を行き来していた。601号室には先約のコースケ(中泉英雄)、そして304号室には駆け込みのソウ(田村圭生)がいた。そんなとき、スズコはふと一人ぼっちだった去年のクリスマスを思い出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    男と女のどこまでも切ないラブストーリー
    プラトニズムを美しい映像で表現
    期待以上の青春ラブセッション
    女の子ってこわい
    製作年:2006
    製作国:日本
    監督:村松亮太郎
    主演:サエコ
    5
  6. Wiz/Out 【ウィズアウト】

    Wiz/Out 【ウィズアウト】
    評価:D2.81
    誰もいない東京に迷い込んだ若者たちの姿を、さまざまな実験的手法を駆使して描いた異色作。異常な状況下で惹(ひ)かれ合う男女を、インディーズ系作品で活躍する沢村純吉と、“就活女優”として知られる原田佳奈がピュアに演じる。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    やや退屈
    引き込まれるような緊迫感・心理描写!
    心のクリーンアップにおすすめ
    映画という範疇を超えている
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:園田新
    主演:沢村純吉
    6

スポンサードリンク