スポンサーリンクあり

全17作品。リヴ・ウルマンが出演した映画ランキング

  1. ある結婚の風景
    • A
    • 4.22
    ある一組の夫婦の結婚と離婚を通じ人間の真の結びつき、コミュニケーションとは何かを描く人間ドラマで、当初スウェーデン国営放送のもとで各50分6エピソード全5時間のTVシリーズとして企画・製作されたもの。製作はラース・オウェ・カールズベルイ、監督・脚本は「叫びとささやき」のイングマール・ベルイマン、撮影はスヴェン・ニクヴィスト、音楽はオーヴェ・スヴェンソン、編集はイングマール・ベルイマンとシブ・ラングレン、製作デザインはビヨルン・チューリン、衣裳はインガー・ペルソンが各々担当。出演はリヴ・ウルマン、エルランド・ヨセフソン、ビビ・アンデショーン、ヤン・マルムシェーなど。

    ネット上の声

    • ここにはないどこか、なんてない!?
    • ある意味、ホラー映画かもしれない
    • 目が離せませんでした
    • 言葉による関係の崩壊
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国スウェーデン
    • 時間168分
    • 監督イングマール・ベルイマン
    • 主演リヴ・ウルマン
  2. 仮面/ペルソナ
    • A
    • 4.14
    スウェーデンの巨匠イングマール・ベルイマンによる心理ドラマ。舞台女優のエリザベートは仕事も家庭生活も順調で何不自由ない生活を送っていたが、突如として失語症に陥ってしまう。海辺の別荘で療養生活を送ることになった彼女は、献身的に世話をしてくれる看護師アルマと親しくなる。しかし共同生活を続けるうちに、互いの自意識の仮面が徐々に剥がれ落ちていき……。「野いちご」のビビ・アンデショーンがアルマ役、「秋のソナタ」のリブ・ウルマンがエリザベート役をつとめた。第2回全米批評家協会賞で作品賞・監督賞・主演女優賞(ビビ・アンデショーン)を受賞。日本では1967年に初公開。2018年の「ベルイマン生誕100年映画祭」(18年7月~、YEBISU GARDEN CINEMAほか)でリバイバル上映。

    ネット上の声

    • 人間は誰しもが仮面を被って生きているものだと思うけど、自分自身の二面性についてを
    • 自己と演技。人は何かを演じているのか。
    • ベルイマン監督の野心作ではありますね。
    • 悲劇とは自己認識の誤解。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1966年
    • 製作国スウェーデン
    • 時間82分
    • 監督イングマール・ベルイマン
    • 主演ビビ・アンデショーン
  3. ベルイマン監督の 恥
    • A
    • 4.14

    ネット上の声

    • 恥=非人間性と解釈いたしました
    • 戦争とは究極の絶対悪である
    • 剥き出しになる人間の本性
    • ベルイマンの劇場未公開作
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1966年
    • 製作国スウェーデン
    • 時間103分
    • 監督イングマール・ベルイマン
    • 主演マックス・フォン・シドー
  4. サラバンド
    • A
    • 4.11
    「第七の封印」「野いちご」などで知られるスウェーデンの世界的巨匠イングマール・ベルイマンが、自らの最後の映画として製作した家族の愛憎劇。離婚後、30年ぶりにヨハンと再会を果たしたマリアンだったが、ヨハンの息子とその娘の剥き出しの父娘愛を目の当たりにする……。主演はベルイマンと公私を共にしたリブ・ウルマン。

    ネット上の声

    • 『ある結婚の風景』から約30年後を描くベルイマン監督の遺作
    • いかにも映画ツウが好みそうな雰囲気だが…
    • 心の闇へ導くベルイマン芸術 :まとめ付
    • こんな映画を年四回は観たい。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2003年
    • 製作国スウェーデン
    • 時間112分
    • 監督イングマール・ベルイマン
    • 主演リヴ・ウルマン
  5. 秋のソナタ
    • A
    • 4.09
    スウェーデンが誇る巨匠イングマール・ベルイマンが、奔放に生きる母と彼女に不満を抱える娘の心の葛藤を描いた人間ドラマ。ノルウェー北部の片田舎。牧師館で暮らす女性エバは、歳の離れた夫とともに平穏な毎日を送っていた。そんなある日、エバは著名なピアニストである母シャルロッテを自宅に招待し、母娘は7年ぶりの再会を果たすが……。母親役のイングリッド・バーグマンはこれが最後の映画出演作となった。2012年、デジタルリマスター版でリバイバル公開。2018年の「ベルイマン生誕100年映画祭」(18年7月~、YEBISU GARDEN CINEMAほか)でもリバイバル上映。

    ネット上の声

    • 母娘の確執の陰に、神の存在を感じてしまう
    • 失うことを恐れては真の親子にはなれない
    • 徹底的に現実的である、という事の怖さ
    • ベルイマン作品の根底にあるもの…
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1978年
    • 製作国スウェーデン
    • 時間92分
    • 監督イングマール・ベルイマン
    • 主演イングリッド・バーグマン
  6. ある結婚の風景
    • A
    • 4.08
    結婚10年目を迎え、順風満帆の夫婦生活を送っていたユーハンとマリアン。だがある日、ユーハンが浮気を告白。マリアンは関係修復を訴えるが、ユーハンは激しい口論の末家を出てしまう。やがて2人は再会し本音でじっくり語りあうが、溝は深まるばかりで…。

    ネット上の声

    • なんでも、《腐敗》と《発酵》は本質的に同じ現象なのだ、ときく
    • ベルイマン監督による史上最大級の会話劇
    • 犬も食わぬ夫婦喧嘩をのぞき見する5時間
    • 上手くいってたはずの夫婦が、離婚する
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1973年
    • 製作国スウェーデン
    • 時間293分
    • 監督イングマール・ベルイマン
    • 主演リヴ・ウルマン
    • 定額
  7. 狼の時刻
    • B
    • 3.98

    ネット上の声

    • ベルイマン監督が自己投影した精神的ホラー
    • 心の奥底に抱える恐怖や狂気が現われる
    • 凡人は不条理ホラーと腹括るべし
    • 草木も眠る狼時(午前三時)に...
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1966年
    • 製作国スウェーデン
    • 時間85分
    • 監督イングマール・ベルイマン
    • 主演マックス・フォン・シドー
  8. 叫びとささやき
    • B
    • 3.78
    スウェーデンの巨匠イングマール・ベルイマンが、19世紀末のスウェーデンの大邸宅を舞台に、4人の女性の愛と孤独、生と性を強烈な色彩で描いた人間ドラマ。広々とした屋敷で暮らす上流階級の女性アグネスと召使のアンナ。アグネスの両親は既に他界しており、姉カーリンと妹マリアも結婚して家を出ていた。ある日、病気で死の床にあるアグネスを見舞うため、カーリンとマリアが屋敷にやって来る。「野いちご」のイングリッド・チューリン、「不良少女モニカ」のハリエット・アンデルセン、「仮面 ペルソナ」のリブ・ウルマンが3姉妹役を演じた。第40回アカデミー賞で撮影賞を受賞。日本では1974年に初公開。2018年「ベルイマン生誕100年映画祭」(18年7月~、YEBISU GARDEN CINEMAほか)でリバイバル上映。

    ネット上の声

    • 3姉妹と召使アンナの4人の女性の愛と孤独
    • 4人の女性はベルイマンの母、とのこと
    • 凄烈な情動の叫び と 愛欲のささやき
    • 愛のために死にかけている赤い家。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1972年
    • 製作国スウェーデン
    • 時間91分
    • 監督イングマール・ベルイマン
    • 主演イングリッド・チューリン
  9. 女たちのテーブル
    • B
    • 3.75
    さまざまな問題に直面しながら自立してゆくそれぞれの世代の女の生きざまを描く。製作はジョヴァンニ・ディ・クレメンテ、監督は「ボッカチオ'70」のマリオ・モニチェリ、トゥリオ・ピネリの原案を基にピネッリ、スーゾ・チェッキ・ダミーコ、レオ・ベンヴェヌーティ、ピエロ・デ・ベルナルディ、ジャクリース・ル・フェブラ、マリオ・モニチェリが脚本、撮影はカミロ・バッツオーニ、音楽はニコラ・ピオヴァーニが担当。出演はリヴ・ウルマン、カトリーヌ・ドヌーヴ、フィリップ・ノワレほか。

    ネット上の声

    • 中古VHSあり
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1985年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間114分
    • 監督マリオ・モニチェリ
    • 主演リヴ・ウルマン
  10. 蛇の卵
    • B
    • 3.65

    ネット上の声

    • ヒトラー台頭前夜のベルリンを舞台に、異邦人の目を通して徐々に積もっていく社会不安
    • 巨額の予算を掛けてこんなにも病んだ映画を撮ってしまうのかベルイマン
    • 酷い夢から覚めると、現実のほうが酷かった
    • ナチス台頭前の暗いベルリンに邪悪さが漂う
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1977年
    • 製作国アメリカ,ドイツ
    • 時間119分
    • 監督イングマール・ベルイマン
    • 主演リヴ・ウルマン
  11. リヴ&イングマール ある愛の風景
    • C
    • 3.50
    スウェーデンの巨匠イングマール・ベルイマンと、そのミューズとなった女優リブ・ウルマンの愛と友情を映しだしたドキュメンタリー。1964年「仮面 ペルソナ」で出会って恋に落ちたベルイマンとウルマンは、5年間ともに暮らし、娘をもうける。その後、カップルとしては破局を迎えるが、40年にわたって友情を分かち合う唯一無二の関係を築きあげ、監督と女優として「叫びとささやき」「ある結婚の風景」「秋のソナタ」など映画史に残る傑作を送り出していく。2007年に89歳で他界したベルイマンへの思いを語るウルマンのインタビューをはじめ、映画のカットや初公開のオフショットで構成。強い絆で結ばれた2人の姿をとらえる。

    ネット上の声

    • ベルイマンを巨匠に変えたリヴ・ウルマン
    • 久しぶりに震えた
    • 二十歳最後の夜に、やっぱりどうしても映画館で映画を観たくて20時過ぎてから必死に
    • 世界最高の映画作家の一人だと高く評価され続けるイングマール・ベルイマン
    ドキュメンタリー
    • 製作年2012年
    • 製作国ノルウェー,スウェーデン,イギリス,チェコ,インド
    • 時間84分
    • 監督ディーラージ・アコルカール
    • 主演リヴ・ウルマン
  12. 誰でもない女
    • C
    • 3.33
    第2次世界大戦時のナチスドイツによるドイツ民族の人口増加計画「レーベンスボルン(生命の泉)」を背景に、ひとりの女性の数奇な運命を描いたサスペンスドラマ。ドイツ占領下のノルウェーでドイツ兵とノルウェー人女性の間に生まれたカトリーネは、出生後に母親から引き離されて旧東ドイツの施設で育つ。成人後に命がけで亡命し、母親との再会を果たした彼女は、現在はノルウェーで母親と夫、娘や孫に囲まれて平穏な日々を送っていた。ベルリンの壁が崩壊した1990年、カトリーネと母親の元に弁護士スベンが訪ねてくる。かつてドイツ兵の子を産んだ女性を迫害したノルウェー政府に対して訴訟を起こすため、2人の証言が欲しいというのだ。しかしカトリーネは証言を拒否してドイツへと旅立ち、自分の過去の足跡を消すような不審な行動に出る。主演は「ヒトラー 最期の12日間」のユリアーネ・ケーラー。

    ネット上の声

    • アカデミー賞外国語映画賞ドイツ代表作品。 ナチ親衛隊「生命の泉」を...
    • こんな悲しい話しがあったなんて・・・
    • ナチスのレーベンスボルン計画
    • 墓場まで持っていくには
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2012年
    • 製作国ドイツ,ノルウェー
    • 時間100分
    • 監督ゲオルク・マース
    • 主演ユリアーネ・ケーラー
  13. 鏡の中の女
    • C
    • 3.32
    恵まれた生活を送っていた一人の女医が突然精神的な病いに陥りはじめて絶望的な苦悩を経験するという、生と死と愛をテーマにした人間ドラマ。製作・監督・脚本は「秋のソナタ」のイングマール・ベルイマン、撮影はスヴェン・ニクヴィスト、モーツアルトの『幻想曲』ハ短調のピアノ演奏はチェービー・ラレテイ、編集はシブ・ラングレン、製作デザインはアンネ・ハーゲゴード、メークアップはセシリア・ドロットが各々担当。出演はリヴ・ウルマン、エルランド・ヨセフソン、アイノ・トーベ・ヘンリクソン、グンナール・ビヨルンストランド、カリ・シルバン、シフ・ルード、スヴェン・リンドベルイなど。

    ネット上の声

    • 女性精神科医のレイプ未遂からの人格崩壊と再生への道筋を描く、ひたすら怖いトラウマ・ホラー。
    • どんな映画が好き?と訊かれたら、日中の素面であれば「えっとおォー『魔女宅』とかで
    • 独房としての自我、出来は不満
    • 久しぶりのベルイマン作品
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1976年
    • 製作国スウェーデン
    • 時間119分
    • 監督イングマール・ベルイマン
    • 主演リヴ・ウルマン
    • レンタル
    • 定額
  14. 失われた地平線
    • C
    • 3.31
    現代の騒々しい機械文明とかけ離れた不老長生の国シャングリラを舞台に、生きる歓びをうたいあげるミュージカル。製作はロス・ハンター、監督は「クイーン・メリー/愛と悲しみの生涯」のチャールズ・ジャロット。ジェームズ・ヒルトンの原作をラリー・クレイマーが脚色、撮影はロバート・サーティーズ、作曲はバート・バカラック、作詞はハル・デビッド、編集はモーリー・ワイントローブが各々担当、出演はピーター・フィンチ、リヴ・ウルマン、サリー・ケラーマン、オリヴィア・ハッセー、ジョージ・ケネディ、マイケル・ヨーク、ボビー・バン、ジェームズ・繁田、ジョン・ギールグッド、シャルル・ボワイエなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。テクニカラー、パナビジョン・70ミリ。

    ネット上の声

    • 見たい!何が何でも、もう一度見たい映画。
    • 私ももっとも見たい映画のひとつです
    • 是非見たいです。早くDVD化を!!
    • 失はれた地平線(キャプラ監督)
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1973年
    • 製作国アメリカ
    • 時間138分
    • 監督チャールズ・ジャロット
    • 主演ピーター・フィンチ
  15. ナイトビジター
    • E
    • 2.71

    ネット上の声

    • 極寒の地での恩讐の彼方(異色作)
    • ベルイマン組の名優ふたり
    • いやいや、気付くやろ?
    • アメリカ映画のように派手にスターが格好よくキメながらやるのではなく、真冬のなか短
    サスペンス
    • 製作年1970年
    • 製作国イギリス
    • 時間106分
    • 監督ラズロ・ベネディク
    • 主演マックス・フォン・シドー
  16. エーゲ海の旅情
    • E
    • 2.54
    エキゾチックなエーゲ海の旅で芽ばえた中年女性と青年の愛を描く舞台劇の映画化。製作はM・J・フランコヴィッチ、監督は「バタフライはフリー」のミルトン・カトセラス、舞台用脚色はジェイ・アレン、脚本はレオナード・ガーシュ、撮影はチャールズ・ラング、音楽はミシェル・ルグラン、編集デイヴィッド・ブリューイットが各々担当。出演はリヴ・ウルマン、エドワード・アルバート、ジーン・ケリー、ビニー・バーンズ、デボラ・ラフィン、ビリー・グリーン・ブッシュなど。日本語版監修は野中重雄。イーストマンカラー、ビスタサイズ。1973年作品。

    ネット上の声

    • 40カラットの秘密
    • アメリカ映画でたどたどしい英語を話すリヴ・ウルマンがシャーリー・マクレーンみたい
    • 40歳のリヴウルマンが22歳の青年エドワードアルバートに惚れられて本人も困惑しな
    • すごく他愛ないけど、好きな映画
    アクション
    • 製作年1973年
    • 製作国アメリカ
    • 時間108分
    • 監督ミルトン・カトセラス
    • 主演リヴ・ウルマン
  17. 夜の訪問者
    • E
    • 1.98
    南仏の或る港町の平和な家庭に突如、訪れた危機。サンペンスいっぱいにその闘いを描く。製作は「告白」のロベール・ドルフマン、監督は「007/危機一発」「暗くなるまで待って」のテレンス・ヤング、リチャード・マシスンの原作をシモン・ウィンセルベルクと「地下室のメロディー」のアルベール・シモナンが共同脚色、撮影は「シェルブールの雨傘」のジャン・ラビエ、音楽は「軍曹」のミシェル・マーニュ、美術をトニー・ローマン等が各々担当。出演は「狼の挽歌」のチャールズ・ブロンソン、「ペルソナ」のリヴ・ウルマン、「ブルー・マックス」のジェームズ・メイソン、ブロンソン夫人で「狼の挽歌」のジル・アイアランド、その他、「アルデンヌの戦い」のミシェル・コンスタンタン、ジャン・トパール、ルイジ・ピスティリ、ヤニック・ドリュールなど。

    ネット上の声

    • ブロンソン絶頂期のサスペンスアクション
    • ♪きっと きっと また来てね~
    • B級映画ながらなかなか侮れない
    • ブロンソン100パーセント
    サスペンス
    • 製作年1970年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間94分
    • 監督テレンス・ヤング
    • 主演チャールズ・ブロンソン
    • 定額

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。