スポンサーリンクあり

全24作品。レア・セドゥーが出演した映画ランキング

  1. アデル、ブルーは熱い色
    • A
    • 4.13
    2013年・第66回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作。フランスの人気コミックを原作に、「身をかわして」「クスクス粒の秘密」などで注目を集めたフランスの新たな才能アブデラティフ・ケシシュ監督が、青い髪の美大生エマと出会い、運命的な恋に落ちた女性アデルの情熱的な人生を、大胆な性愛描写とともに描いた。文学を愛する高校生アデルは、青い髪をした美大生エマと運命的な出会いを果たし、2人は激しく愛し合うようになる。しかし、時の流れとともに2人の気持ちは次第にすれ違っていき……。カンヌ映画祭では、審査員長を務めたスティーブン・スピルバーグの計らいによって、ケシシュ監督とともに、エマ役のレア・セドゥとアデル役のアデル・エグザルコプロスに対してもパルムドールが授与され、カンヌ史上初めて俳優がパルムドールを手にした。

    ネット上の声

    • エマ役のレア・セドゥがとても魅力的。青い目で見つめる感じも、笑った...
    • 皆さん仰るように,女性同士の物語ではありますが,普通の (?) 恋...
    • 心の動きを丁寧に積み重ねてあるので、感情移入してしまう。
    • ネットフリックスで。フランス映画らしい切ない映画
    同性愛、 恋愛
    • 製作年2013年
    • 製作国フランス
    • 時間179分
    • 監督アブデラティフ・ケシシュ
    • 主演アデル・エグザルコプロス
    • 定額
    • レンタル
  2. BOND 25(仮題)
    • B
    • 3.77
    諜報(ちょうほう)員の仕事から離れて、リタイア後の生活の場をジャマイカに移した007ことジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、平穏な毎日を過ごしていた。ある日、旧友のCIAエージェント、フェリックス・ライターが訪ねてくる。彼から誘拐された科学者の救出を頼まれたボンドは、そのミッションを引き受ける。
    アクション
    • 製作年2020年
    • 製作国イギリス,アメリカ
    • 時間164分
    • 監督キャリー・ジョージ・フクナガ
    • 主演ダニエル・クレイグ
  3. ワン・ファイン・モーニング(仮)
    • B
    • 3.67
    「未来よ こんにちは」のミア・ハンセン=ラブ監督が、父の病への悲しみと新たな恋への喜びという相反する感情に直面したシングルマザーの心の機微を、自身の経験を基に描いたヒューマンドラマ。 シングルマザーのサンドラは、通訳の仕事をしながら8歳の娘とパリの小さなアパートで暮らしている。サンドラの父ゲオルグは以前は哲学教師として生徒たちから尊敬されていたが、現在は病によって視力と記憶を失いつつあった。サンドラは母フランソワーズと共に父のもとを頻繁に訪ねては、父の変化を目の当たりにして無力感にさいなまれていた。仕事と子育てと介護に追われて自分のことはずっと後回しにしてきた彼女だったが、ある日、旧友クレマンと再会し恋に落ちる。 「アデル、ブルーは熱い色」のレア・セドゥが主演を務め、「王妃マルゴ」のパスカル・グレゴリーが父ゲオルグ、「わたしはロランス」のメルビル・プポーが恋人クレマンを演じた。

    ネット上の声

    • 【孤独、愛する父の老いた姿、妻子ある男との愛に対する複雑な想いをレア・セドゥが表情、仕草で繊細に演じた作品。”それでも私は生きていく”のは彼女の父もだよな、と思った作品でもある。】
    • ミア・ハンセン=ラブ監督の成熟と、同世代セリーヌ・シアマとの対比を思う
    • この監督らしい透明感あふれる映像と感情の軌跡が際立つ
    • 普通の女性としてレア・セドゥ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2022年
    • 製作国フランス,イギリス,ドイツ
    • 時間112分
    • 監督ミア・ハンセン=ラヴ
    • 主演レア・セドゥ
    • レンタル
    • レンタル
  4. 女優と仕立屋
    • C
    • 3.45

    ネット上の声

    • アトリエの仕立て屋てして働く男は、ある晩に劇場へと出向き、主演女優と熱烈な恋に落
    • これにてわしのmyFFFは終わりです…ありがとうフランスとの時差(翌日昼まで見れ
    • 突然流れるthe Smithとレア・セドゥという好き尽くしの映像に見惚れた
    • カレンダーが目に入ってなんか現実に戻されるというか
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2010年
    • 製作国フランス
    • 時間44分
    • 監督ルイ・ガレル
    • 主演アルトゥール・イグアル
  5. シモンの空
    • C
    • 3.24
    「マリー・アントワネットに別れをつげて」「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」などで世界的に注目を集めるフランスの若手女優レア・セドゥ出演によるドラマ。スイス、アルプスのスキーリゾート地で暮らす12歳の少年シモンと姉ルイーズ。シモンは観光客から盗んだものを売りさばいて生活費を稼ぎ、失業中のルイーズはシモンの稼ぎを頼りに自堕落な毎日を送っていた。そんなふたりの関係には、重大な秘密が隠されており……。ベルリン国際映画祭にて特別銀熊賞を受賞。

    ネット上の声

    • もがきながらも、二人よりそう
    • 姉弟の秘密……なーるほど!
    • ポスターが謎に裸だからそっち系かと思ったけど全然そんなとこなく見れた
    • ゲレンデで解放感を味わうスキー客の陰で盗み、生活の糧を得る少年シモン
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2012年
    • 製作国フランス,スイス
    • 時間98分
    • 監督ウルスラ・メイエ
    • 主演ケイシー・モッテ・クライン
  6. 007 スペクター
    • D
    • 3.05
    ボンド(ダニエル・クレイグ)は、少年時代の思い出が詰まった生家“スカイフォール”で焼け残った写真を受け取る。彼はM(レイフ・ファインズ)が止めるのも無視して、その写真の謎を解き明かすため単身メキシコとローマを訪れる。死んだ犯罪者の妻ルチア(モニカ・ベルッチ)と滞在先で巡り合ったボンドは、悪の組織スペクターの存在を確信する。

    ネット上の声

    • シリーズ集大成とも言える 壮大さと原点回帰!
    • ダニエルとメンデス監督よ、もう勘弁して
    • ☆007最高傑作! ちゃんと観てる?☆
    • リアルな雰囲気のみ残しつつ、原点回帰!
    アクション、 007
    • 製作年2015年
    • 製作国イギリス,アメリカ
    • 時間148分
    • 監督サム・メンデス
    • 主演ダニエル・クレイグ
  7. たかが世界の終わり
    • D
    • 2.86
    「Mommy マミー」「わたしはロランス」などで高い評価を受けるカナダの若手監督グザビエ・ドランが、「エディット・ピアフ 愛の讃歌」のマリオン・コティヤール、「アデル、ブルーは熱い色」のレア・セドゥ、「ハンニバル・ライジング」のギャスパー・ウリエルらフランス映画界を代表する実力派キャスト共演で撮りあげた人間ドラマ。劇作家ジャン=リュック・ラガルスの舞台劇「まさに世界の終わり」を原作に、自分の死期が近いことを伝えるため12年ぶりに帰郷した若手作家の苦悩と家族の葛藤や愛を描き、第69回カンヌ国際映画祭でグランプリに輝いた。若手作家のルイは自分がもうすぐ死ぬことを知らせるため、長らく疎遠にしていた母や兄夫婦、妹が暮らす故郷へ帰ってくる。しかし家族と他愛のない会話を交わすうちに、告白するタイミングを失ってしまい……。

    ネット上の声

    • おおお〜…これは。キャストのオシャレっぷりから、よくある泣けて素敵...
    • 家族だからこそうまくいかないナイーブな人達
    • むしろこの世界の片隅 又は 恐るべき家族達
    • 映画を見慣れていないとしんどいと思う
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2016年
    • 製作国カナダ,フランス
    • 時間99分
    • 監督グザヴィエ・ドラン
    • 主演ギャスパー・ウリエル
    • レンタル
    • レンタル
  8. 潜水艦クルスクの生存者たち
    • D
    • 2.84
    2000年にロシアで起きた原子力潜水艦事故を「アナザーラウンド」でアカデミー国際長編映画賞を受賞したトマス・ビンターベア監督のメガホン、マティアス・スーナールツ、レア・セドゥ、コリン・ファースのキャストで映画化。乗艦員118名を乗せ、軍事演習のため出航した原子力潜水艦クルスク艦内で魚雷が突然暴発した。司令官ミハイルは、爆発が起きた区画の封鎖を指示し、部下と安全な艦尾へ退避を始めるが、艦体は北極海の海底まで沈没。生存者わずか23名という大惨事となってしまう。海中の異変を察知した英国の海軍准将デイビッドは、ロシア政府へ救援の意志を伝えるが、沈没事故の原因は他国船との衝突にあると主張するロシア政府は軍事機密であるクルスクには近寄らせようとしなかった。乗組員の生命よりも国家の威信を優先するロシア政府の態度に、ターニャたち乗組員の家族たちは怒りをあらわに抗議する。

    ネット上の声

    • ハラハラというよりは物悲しい
    • モスクワは涙を信じない
    • 違和感満載
    • 見応え十分!国民に対しても不誠実・無責任・非道な超未成熟国リーダーの実態
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2018年
    • 製作国ルクセンブルク
    • 時間117分
    • 監督トマス・ヴィンターベア
    • 主演マティアス・スーナールツ
  9. ストーリー・オブ・マイ・ワイフ
    • D
    • 2.73
    「心と体と」で2017年・第67回ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞したハンガリーのイルディコー・エニェディが監督・脚本を手がけ、「アデル、ブルーは熱い色」のレア・セドゥが主演を務めたラブストーリー。 ハンガリーの作家ミラン・フストの小説を原作に、出会ってすぐに結婚した男女の官能的で切ない愛の行方を描き出す。1920年、マルタ共和国のとあるカフェ。船長のヤコブは友人と、店に最初に入ってきた女性と結婚するという賭けをする。現れたのはリジーという美しい女性で、ヤコブは初対面の彼女に結婚を申し込む。そして週末、ヤコブとリジーは2人きりで結婚の儀式を行う。幸せな時間を過ごすヤコブとリジーだったが、リジーの友人デダンが現れると、ヤコブは2人の仲を疑って嫉妬するようになり……。 ヤコブを「マイ・フーリッシュ・ハート」のハイス・ナバー、デダンを「グッバイ・ゴダール!」のルイ・ガレルが演じる。2021年・第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。

    ネット上の声

    • 快楽は時として、抑圧された「寸止め状態からの暴発」から生まれるものなのかも
    • 愛憎渦巻く複雑な夫婦の物語
    • ラストで見え方が逆転した
    • 疑問符?がいっぱい
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2021年
    • 製作国ハンガリー,ドイツ,フランス,イタリア
    • 時間169分
    • 監督イルディコー・エニェディ
    • 主演レア・セドゥ
    • レンタル
    • 定額
  10. ダブル・サスペクツ
    • E
    • 2.58
    「そして僕は恋をする」のアルノー・デプレシャン監督が、自身の故郷であるフランス北部の町ルーベを舞台に殺人事件の顛末を描いたサスペンスドラマ。ベルギー国境に近いフランス北部の小さな町ルーベ。中東系の警視ダウードが署長を務めるルーベ中央警察の管内は治安が悪化し、凶悪犯罪が多発するようになっていた。ある日、年老いた女性が他殺体となって発見される。捜査に乗り出したダウードらは、被害者の近所に住む貧しい女性クロードとマリーを逮捕し、入念な取り調べを始めるが……。出演は「007」シリーズのレア・セドゥ、「チャップリンからの贈りもの」のロシュディ・ゼム、「ゲンスブールと女たち」のサラ・フォレスティエ。2019年・第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。WOWOWでは「ルーベ、嘆きの光」のタイトルで放映。

    ネット上の声

    • ある老女の他殺が発見され、事件を解決する流れを 警察官目線での犯罪捜査の様子を描いた作品。
    • みんなビンボが悪いんじゃ
    • もう少し何か欲しい
    • 地味だけど現実的
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年2019年
    • 製作国フランス
    • 時間120分
    • 監督アルノー・デプレシャン
    • 主演ロシュディ・ゼム
  11. フランス
    • E
    • 2.57
    2021年・第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品。

    ネット上の声

    • 今日は年に一度の映画の日❗️
    • やろうとしてることは分かるけど演出が上手くないせいか狙いが見え見えであざというか
    • フランス・ド・ムールとしての顔が塗り重ねられ、変形してしまったフランスの顔から流
    • 映画批評月間 フランス映画の現在 vol.4@広島市映像文化ライブラリー
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2021年
    • 製作国フランス,ドイツ,イタリア,ベルギー
    • 時間134分
    • 監督ブリュノ・デュモン
    • 主演レア・セドゥ
  12. ルルドの泉で
    • E
    • 2.56
    フランス南西部ピレネー山脈の麓に位置し、「聖母マリア出現の地」「奇跡の水が湧き出る地」として知られるルルドを舞台に、奇跡が起こった女性とそれを目の当たりにした人々の間とで起こる人間模様をサスペンスフルに描くドラマ。不治の病で車椅子生活を送っていたクリスティーヌがルルドの泉を訪れると、次第に体が動くようになり、歩くことができるまでに回復した。しかし、さほど熱心な信仰心ももっていなかったクリスティーヌに奇跡が起こったことで、周囲には羨望と嫉妬の感情が渦巻き……。2009年・第66回ベネチア国際映画祭で国際批評家連盟賞ほか5部門を受賞した。

    ネット上の声

    • 神よ、レア・セドゥー目当ての私を赦し給え
    • 是枝さんの「奇跡」とは違う「奇蹟」のお話
    • 【宗教】痛烈なアイロニーに溜飲を下げる
    • 「もしも話」に終始しない卓越した描写
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2009年
    • 製作国オーストリア,フランス,ドイツ
    • 時間99分
    • 監督ジェシカ・ハウスナー
    • 主演シルヴィー・テステュー
  13. 美しいひと
    • E
    • 2.50
    「アデル、ブルーは熱い色」のレア・セドゥが2008年に出演した青春恋愛ドラマ。ラファイエット夫人が17世紀に執筆した恋愛小説「クレーヴの奥方」を、「ジョルジュ・バタイユ ママン」のクリストフ・オノレ監督が現代版にアレンジして映像化した。母を亡くした16歳の少女ジュニーは、従兄弟マチアスの家で暮らすことになり、彼が通う高校に転入する。マチアスの仲間たちはミステリアスな魅力を放つジュニーにひかれるが、彼女が選んだのは物静かなオットーだった。一方、プレイボーイのイタリア語教師ヌムールもまた、ジュニーに一目ぼれしてしまう。ヌムール役に「ドリーマーズ」のルイ・ガレル。

    ネット上の声

    • 恋愛は身勝手で、当然のように人を傷つける
    • 登場人物の見た目は全員軟弱です。
    • フランスの学園恋愛ドラマ
    • 幸せになるということは
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2008年
    • 製作国フランス
    • 時間88分
    • 監督クリストフ・オノレ
    • 主演ルイ・ガレル
  14. クライムズ・オブ・ザ・フューチャー
    • E
    • 2.36
    「クラッシュ」「ビデオドローム」などを手がけた鬼才デビッド・クローネンバーグがビゴ・モーテンセン、レア・セドゥら豪華キャストを迎え、「人類の進化についての黙想」をテーマに描いた異色ドラマ。 そう遠くない未来。人工的な環境に適応するため進化し続けた人類は、その結果として生物学的構造が変容し、痛みの感覚が消え去った。体内で新たな臓器が生み出される加速進化症候群という病気を抱えたアーティストのソールは、パートナーのカプリースとともに、臓器にタトゥーを施して摘出するというショーを披露し、大きな注目と人気を集めていた。しかし、人類の誤った進化と暴走を監視する政府は、臓器登録所を設立し、ソールは政府から強い関心を持たれる存在となっていた。そんな彼のもとに、生前プラスチックを食べていたという遺体が持ち込まれる。 モーテンセンが自身の体内から臓器を生み出すアーティストのソール、セドゥがパートナーのカプリースをそれぞれ演じ、2人を監視する政府機関のティムリン役でクリステン・スチュワートが共演。2022年・第75回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品。

    ネット上の声

    • 未来はますます素敵に滅ぶ。
    • 夏に映画館で観た、なかなか咀嚼しきれず時間経ってしまった、そのくせ結局理解しきれ
    • 80歳になってもなお己がリビドーを芸術に昇華して大爆発させまくっているクローネン
    • クローネンバーグ浴びた〜!レアセドゥかわいすぎぃ〜!え!ここで終わるの!今からバ
    ホラー
    • 製作年2022年
    • 製作国カナダ,ギリシャ
    • 時間108分
    • 監督デヴィッド・クローネンバーグ
    • 主演ヴィゴ・モーテンセン
    • レンタル
  15. グランド・セントラル
    • E
    • 2.28
    「アデル、ブルーは熱い色」のレア・セドゥと「預言者」のタハール・ラヒムが共演し、原発作業員として働く男の恋と過酷な運命を描いた人間ドラマ。これまで職を転々としてきた青年ゲイリーは、原子力発電所の作業員として働きはじめる。主任のギレスやベテランのトニーに教えてもらいながら仕事を覚えていくゲイリーだったが、トニーの婚約者カロルと恋に落ちてしまう。カロルとの密会を繰り返す一方で、ゲイリーの身体は少しずつ放射能に汚染されていき……。監督・脚本は「美しき棘」でもセドゥーとタッグを組んだレベッカ・ズトロブスキ。

    ネット上の声

    • レアセドゥ目的で見たので他はどうでもいいです、すみません(笑)
    • 女心と秋の空──ちょっ💦馬鹿女っ😫てめえっ💢💢💢
    • 「町に光りを届ける仕事」
    • 原発ジプシー
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2013年
    • 製作国フランス,オーストリア
    • 時間94分
    • 監督レベッカ・ズロトヴスキ
    • 主演タハール・ラヒム
  16. 幻の薔薇
    • E
    • 2.24
    「キプールの記憶」「フリー・ゾーン」などで世界的に高く評価されるイスラエルの巨匠アモス・ギタイ監督が、フランスの女流作家エルザ・トリオレの同名小説を、「ルルドの泉で」のフランス人女優レア・セドゥ主演で映画化。第2次世界大戦後のパリ。美容院で働くマージョリーヌは、バラ栽培の研究者ダニエルと結婚する。念願のアパルトマンに引っ越して理想の新婚生活を手に入れたかに見えたが、マージョリーヌは高価な家具や家電を次々と購入するうちに借金を重ねるようになり、保守的なダニエルとの仲は険悪になっていく。

    ネット上の声

    • 脱ぎっぷりのいいレア・セドゥ
    • 本作での豊満な裸身が一番美しい
    • 「物質」が象徴する幸せ
    • 破滅していく結婚生活
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2009年
    • 製作国フランス
    • 時間113分
    • 監督アモス・ギタイ
    • 主演レア・セドゥ
  17. マリー・アントワネットに別れをつげて
    • E
    • 2.22
    フランスでベストセラーとなったシャンタル・トマ著「王妃に別れを告げて」を原作に、マリー・アントワネットの朗読係を務めた少女の視点から、フランス革命時のベルサイユ宮殿で繰り広げられていた歴史の裏側を描く。1789年7月14日、バスティーユが陥落し、王妃マリー・アントワネットとその寵愛を受けるポリニャック夫人の名前も載った286人のギロチンリストがベルサイユに突きつけられる。王妃に心酔する朗読係の少女シズニーは、それでも変わらぬ忠誠を誓うが、王妃からはポリニャック夫人の身代わりになるよう非情な命令を下される。シズニー役は「ミッドナイト・イン・パリ」「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」のレア・セドゥ。マリー・アントワネット役にダイアン・クルーガー、ポリニャック夫人役にビジルニー・ルドワイヤンら豪華女優陣が共演。

    ネット上の声

    • マリー・アントワネットに別れをつげて
    • 主人公の心理を追うにつれ深みがます
    • この歳にあってもくらう、予告編詐欺
    • 宮廷人の独特な浮世離れ感が興味深く
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2012年
    • 製作国フランス,スペイン
    • 時間100分
    • 監督ブノワ・ジャコー
    • 主演レア・セドゥ
    • レンタル
    • 定額
  18. 若き人妻の秘密
    • E
    • 2.18
    「アデル、ブルーは熱い色」のレア・セドゥと「息子のまなざし」のオリビエ・グルメが共演し、若く美しい人妻と孤独な男の愛の行方を描いた官能ドラマ。弁護士のショレーは元部下ポールの失踪をきっかけに、ポールの妻エーブと久々に再会する。ポールの経営する弁護士事務所が数カ月前に破産していたという事実を知ったエーブは、多額の借金を抱え心身ともに疲れ果ててしまう。1年前に妻子を亡くしたショレーは、そんなエーブを見かねて借金を肩代わりし、支援を申し出る。エーブは優しいショレーに惹かれ、ショレーもまた若く美しい彼女に夢中になるが……。「ザ・ロード」の俳優ジャムシェド・ウスマノフが監督をつとめた。

    ネット上の声

    • レア・セドゥ目当て♪
    • レアセドゥの簡単に笑わない、ちょっと恐い顔して不機嫌そうで、でも色気があって感情
    • "美しい若妻と孤独な男の行く末を描いたエロティックドラマ"とU-NEXTの紹介文
    • レア・セドゥがハリウッドでブレイクするとは夢にも思わなかった
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2011年
    • 製作国フランス
    • 時間---分
    • 監督ジャムシェド・ウスマノフ
    • 主演レア・セドゥ
  19. 美女と野獣
    • E
    • 2.17
    ディズニーアニメ版でも広く知られるファンタジードラマの名作「美女と野獣」を、1740年に初めて書かれたビルヌーヴ夫人版の物語をもとにフランスで実写映画化。監督は「サイレントヒル」「ジェヴォーダンの獣」のクリストフ・ガンズ。野獣役に「ブラック・スワン」のバンサン・カッセル、ヒロインのベル役は「アデル、ブルーは熱い色」でカンヌ映画祭パルムドールを受賞したレア・セドゥ。バラを盗んだ父の罪を背負い、野獣の城に閉じ込められた美しい娘ベル。しかし、城の主の野獣は毎夜ディナーを共にすること以外、何も強要してこない。やがてベルは野獣の恐ろしい姿の下にある、もうひとつの姿に気付きはじめ、野獣が犯した罪や城で過去に起こった出来事の真実が解き明かされていく。

    ネット上の声

    • 原作の本家の意地に期待してたのに……!
    • 凄くヘンな映画。わけがわからない。
    • 原作と重ねて観る優れた作品
    • ベルが求めるのは一輪の薔薇
    美女と野獣、 ファンタジー
    • 製作年2014年
    • 製作国フランス,ドイツ
    • 時間113分
    • 監督クリストフ・ガンズ
    • 主演ヴァンサン・カッセル
    • 定額
    • 定額
  20. レア・セドゥの いつわり
    • E
    • 2.17
    1987年、ロンドン。女は夫との結婚生活に不満があり、作家・フィリップの仕事場を度々訪れていた。そこで彼らは人生、宗教、互いの夫婦生活などを話し、セックスをする。フィリップは女との会話を書きとめ、創作活動を行うが、その物語は虚構か現実か…。

    ネット上の声

    • 邦題をみて、てっきりレア様へのあてがきかと思っていたけれどそういうわけじゃないの
    • レア・セドゥは大好きだけど相手のおじさまがあんまり魅力的に思えず、こういう恋愛絡
    • 1987年、英国ロンドン。 高名な米国人作家のフィリップ(ドゥニ・...
    • レア・セドゥは現代のアンナ・カリーナや!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2021年
    • 製作国フランス
    • 時間103分
    • 監督アルノー・デプレシャン
    • 主演レア・セドゥ
    • 定額
    • 定額
  21. 美しき棘
    • E
    • 2.15
    「美しいひと」「ルルドの泉で」の注目若手女優レア・セドゥが、居場所を求める孤独な少女を繊細に演じた青春ドラマ。母親を亡くした17歳の少女プリューデンス。父親は海外出張、姉はほとんど自宅に帰らないため、彼女は広いアパルトマンの一室で孤独を募らせていく。そんなある日、同年代の不良少女マリレーヌと知り合ったプリューデンスは、彼女を介して違法バイクレースのグループと親しくなるが……。監督・脚本はこれが長編デビューとなるレベッカ・ズロトブスキ。日本ではフランス映画祭2011で上映された。

    ネット上の声

    • 突如として失ったものはなにをしたら帰ってくるのだろうか
    • キミがつらそうだと、あのヒトもつらい。
    • レア・セドゥを見る映画
    • 終始ぼやっとした感じで合ったので、物語として面白みがあるわけではなかった感じがし
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2010年
    • 製作国フランス
    • 時間---分
    • 監督レベッカ・ズロトヴスキ
    • 主演レア・セドゥ
    • 定額
    • 定額
  22. 小間使いの日記
    • E
    • 2.12
    ジャン・ルノワールやルイス・ブニュエルも映画化したオクターブ・ミルボーの「小間使の日記」を、レア・セドゥ主演で新たに映画化。監督を「マリー・アントワネットに別れをつげて」のブノワ・ジャコーが務め、ダルデンヌ兄弟が共同製作に名を連ねている。メイドのセレスティーヌは、フランスの地方に暮らすランレール夫妻のもとで住み込みで働くことになるが、好色家のランレールは何かとセレスティーヌに手を出し、夫人もセレスティーヌを見下して過酷な労働を強いるばかりで、セレスティーヌにはストレスのたまる日々が続く。夫妻の家にはセレスティーヌのほか2人の使用人がおり、そのうちのひとりのジョゼフは謎めいた無愛想な男だったが、意外な一面があることがわかり……。WOWOWでは「あるメイドの密かな欲望」のタイトルで放送。DVDはセル版が「小間使いの日記」で発売され、レンタル版は「あるメイドの秘密の欲望」。

    ネット上の声

    • レア・セドゥの挙措は見飽きることがない
    • ヴァンサン・ランドン目当てで見たけど
    • あるメイドの密かな欲望
    • ジャン・ルノワールやルイス・ブニュエルも映画化したオクターブ・ミルボーの「小間使
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2015年
    • 製作国フランス,ベルギー
    • 時間96分
    • 監督ブノワ・ジャコー
    • 主演レア・セドゥ
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  23. 南へ行けば
    • E
    • 2.07
    「アデル、ブルーは熱い色」で世界的に注目を集めたフランス人女優レア・セドゥが2009年に出演したロードムービー。夏の北フランス。フォードに乗って南を目指していた青年サムは、ヒッチハイク旅行中の兄妹マチューとレアを拾う。ゲイのマチューはすぐにサムに夢中になり、美しく奔放なレアは誰かの子どもを身ごもっていた。道中でレアがナンパした青年ジェレミーも加わり、一行は旅を続けていくが、やがてサムは3人を残して車で走り去ってしまう。実はサムは暗い過去を抱えており、彼らには決して言えない旅の目的があった。

    ネット上の声

    • フランス映画らしくスローなテンポだが一つ一つのシーンに重みがあって...
    • 同じ車に乗り合わせた若き男女4人の群像劇を期待して見始めるも、ただの主役の男のト
    • 銃を隠し持つ傷心の男x妊娠している妹xホモセクシャルの兄x遊び人のイケメンが織り
    • フランス映画らしくスローなテンポだが一つ一つのシーンに重みがあって...
    青春
    • 製作年2009年
    • 製作国フランス
    • 時間90分
    • 監督セバスチャン・リフシッツ
    • 主演ヤニック・レニエ
  24. けもの
    • E
    2023年・第80回ベネチア国際映画祭コンペティション部門出品。日本では「横浜フランス映画祭 2024」で上映。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2023年
    • 製作国フランス,カナダ
    • 時間145分
    • 監督ベルトラン・ボネロ
    • 主演レア・セドゥ

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。