スポンサーリンクあり

全16作品。ミレーユ・ダルクが出演した映画ランキング

  1. 女王陛下のダイナマイト
    • C
    • 3.40
    「ある晴れた朝突然に」の台詞を担当したミシェル・オーディアールの原案・台詞を、「太陽の下の10万ドル」のマルセル・ジュリアンとジャン・マルサンが脚色、「スパイ対スパイ」のジョルジュ・ロートネルが監督したアクション・コメディ。撮影は「小間使の日記」のモーリス・フェルー、音楽はベルナール・ジェラールが担当した。出演は「彼奴を殺せ」のリノ・ヴァンチュラ、パリの新星ミレーユ・ダルク、「殺人者に墓はない」のジャン・ルフェーブル、「穴」のミシェル・コンスタンタンほか。製作は「真実」のロジェ・ドゥベルマ。イーストマンカラー、テクニスコープ。

    ネット上の声

    • いくら面白くても、長編映画はやっぱり疲れる
    • ポップな殺し屋集団が登場しますが・・・。
    • 爆裂コメディノワール
    • 昭和のクレージーキャッツやドリフの映画を、フランス製にしたらこうなるといったコメ
    アクション
    • 製作年1966年
    • 製作国フランス
    • 時間90分
    • 監督ジョルジュ・ロートネル
    • 主演リノ・ヴァンチュラ
  2. 狼どもの報酬
    • C
    • 3.19
    莫大な宝石を追って展開する、ギャングと刑事の追撃戦を描くフィルム・ノアール。製作はアラン・ポワレ、監督は「渚の果てにこの愛を」のジョルジュ・ロートネル。ベルトラン・ブリエの原案ストーリーをロートネルとブリエが共同脚本、撮影はモーリス・フェルー、音楽はレ・クリニックが各々担当。出演はジャン・イアンヌ、ミレーユ・ダルク、ミシェル・コンスタンタン、ベルナール・ブリエ、ナンニ・ロイ、ベナンティノ・ベナンティーニ、ジェス・ハーン、ジョルジュ・クライス、リュフュなど。

    ネット上の声

    • 矢印が好き
    • 漫画みたい吹き出し💬で台詞を出したり、タイトルから想像出来ない犯罪コメディ
    • 狼たちの報酬を見て狼どもの報酬も見る
    アクション
    • 製作年1972年
    • 製作国フランス
    • 時間105分
    • 監督ジョルジュ・ロートネル
    • 主演ジャン・ヤンヌ
  3. 栗色のマッドレー
    • D
    • 3.05
    二人の生活に入ってきた黒人の女によって生まれた〈愛の三角間係〉と言える新しい愛の型を描く。製作はアラン・ドロンとピエール・カロの共同、監督は新人ロジェ・カーヌ、ミレーユ・エグローズのペンネームで書いたミレーユ・ダルクの原作をロジェ・カーヌとパスカル・ジャルダンが共同脚色、撮影はジョルジュ・バルスキー、音楽はフランシス・レイが各々担当。出演はアラン・ドロン、ミレーユ・ダルク、ジェーン・ダベンポート、パスカル・ド・ボワッソンなど。

    ネット上の声

    • 13歳が見た愛の形
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1970年
    • 製作国フランス
    • 時間86分
    • 監督ロジェ・カーヌ
    • 主演アラン・ドロン
  4. ウイークエンド
    • D
    • 3.02
    ジャン=リュック・ゴダール監督が、週末に旅行へ出かけた夫婦が狂気の渦へと飲み込まれていく姿を描いた不条理劇。 パリで暮らす夫婦ロランとコリンヌは、ある週末、コリンヌの実家がある田舎町を目指して車で旅に出る。夫婦にはそれぞれ愛人がおり、コリンヌの父の遺産を手に入れた後で互いを殺害しようと密かに企んでいた。しかし道中で想像を絶する渋滞が発生して人々が集団パニックに陥り、夫婦は次々と異常な事件に見舞われてしまう。 夫ロランを「インドシナ」のジャン・ヤンヌ、妻コリンヌを「女王陛下のダイナマイト」のミレーユ・ダルクが演じた。ゴダール監督は本作を最後に商業映画から一時離れ、政治的映画を匿名で製作する「ジガ・ベルトフ集団」での活動に移っていった。

    ネット上の声

    • 昔から蛭子能収さんが映画のアンケートがあると必ずオールタイムベストに挙げてて、ず
    • 果敢にもゴダール挑戦!→脳・内・崩・壊
    • RCSのくれた最高のウイークエンド
    • 最高傑作ではないだろう。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1967年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間104分
    • 監督ジャン=リュック・ゴダール
    • 主演ミレーユ・ダルク
  5. アラン・ドロンの刑事フランク・リーヴァ
    • D
    • 2.75

    ネット上の声

    • アラン・ドロン デビュー50周年記念
    • アラン・ドロン様々♪
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2003年
    • 製作国ドイツ,フランス
    • 時間---分
    • 監督パトリック・ジャマン
    • 主演アラン・ドロン
  6. 恋するガリア
    • E
    • 2.61
    ヴァエ・カッチャとジョルジュ・ロートネルの脚本を「女王陛下のダイナマイト」のジョルジュ・ロートネルが監督したネオ・メロドラマ。撮影は「フィフィ大空をゆく」のモーリス・フェルー、音楽はミシェル・マーニュが担当した。出演は「女王陛下のダイナマイト」のミレーユ・ダルク、「金色の眼の女」のフランソワーズ・プレボー、「大追跡」のべナンチーノ・ベナンチーニなど。製作はアンリ・ボーム。

    ネット上の声

    • ミレイユ・ダルクの魅力がいっぱいです
    • 何て素直な断る理由!
    • 思ったよりライトな話かと途中まで見てたけど、だんだんアンリ・ジョルジュ・クルーゾ
    • ミレーユ・ダルクと言えば、アラン・ドロンの恋人だった事があまりに有名だけれど、彼
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1965年
    • 製作国フランス
    • 時間104分
    • 監督ジョルジュ・ロートネル
    • 主演ミレーユ・ダルク
  7. プレステージ
    • E
    • 2.39
    平凡な人生を嫌い、常に新しい物を求める男が、人生を賭けてオークションに挑む姿を描く。製作はアラン・ドロンとレイモン・ダノン、監督はエドゥアール・モリナロ、脚本はモーリス・レイムとクリストファー・フランク、撮影はジャン・シャルヴァン、音楽はカルロ・ルスティケリが各々担当。出演はアラン・ドロン、ミレーユ・ダルク、モニカ・ゲリトーレ、ミシェル・デュショソワなど。

    ネット上の声

    • 幻の題名『太陽よいそげ!』が全てを語る!
    • オークションの競り落とすスリルを満喫
    • 急ぎ過ぎる男の顛末
    • 大好きな映画
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1976年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間90分
    • 監督エドゥアール・モリナロ
    • 主演アラン・ドロン
  8. 牝猫と現金(げんなま)
    • E
    • 2.35
    ジャン・アミラの原作をミシェル・オディアール、マルセル・ジュリアン、ジョルジュ・ロートネル、ジャン・メケールの四人が脚色、「太陽のサレーヌ」のジョルジュ・ロートネルが監督したアクションもの。撮影は「太陽のサレーヌ」のモーリス・フェルー、音楽は“ファントマ”シリーズのミシェル・マーニュが担当している。出演は「エヴァの恋人」のミレーユ・ダルク、「城の生活」のアンリ・ガルサン、「地下室のメロディー」のモーリス・ビロー、「パリのめぐり逢い」のアヌーク・フェルジャック、ファニー・ロビアン、ルネ・ケンシールなど。製作はミシェル・サフラ。イーストマンカラー、フランスコープ。

    ネット上の声

    • 赤ちゃんのミルクの時間は大切です。
    • カーアクションが意外に良かった。
    • 失われた4億フランを巡って警官、ギャング、そしてママさんの抗争を描いたエンタメア
    • アラン・ドロンの愛人になってからは、実質映画女優は廃業してしまったミレーユ・ダル
    アクション
    • 製作年1967年
    • 製作国フランス
    • 時間90分
    • 監督ジョルジュ・ロートネル
    • 主演ミレーユ・ダルク
  9. 皆殺しのバラード
    • E
    • 2.27
    パリの暗黒街を仕切る顔役・パウロは、厳しい警察の摘発を逃れながら、黄金の密輸で財を成していた。そんななか、パウロの仕事仲間が、何者かによって次々と命を狙われる。そしてついに自らも暗殺者に狙われたパウロは、黒幕の正体を追い始める…。

    ネット上の声

    • ジョルジュ・ガルヴァランツのサントラとタイトルバッグが最高過ぎる
    • フランスではいつから犯罪は引き合わなくなったんだろう
    • 裏社会の男たちの抗争にアメリカの諜報員が絡む
    • 東京でのシーンあり!ジャンギャバンしぶい
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1966年
    • 製作国フランス,ドイツ,イタリア
    • 時間105分
    • 監督ドニス・ド・ラ・パトリエール
    • 主演ジャン・ギャバン
    • 定額
  10. チェイサー
    • E
    • 2.23
    親友の死をきっかけに政界にたちこめる陰謀に立ち向う一人の実業家を描く。製作はノルベール・サーダ、監督は「愛人関係」のジョルジュ・ロートネル。ラフ・ヴァレの原作をジョルジュ・ロートネルとミシェル・オーディアールが脚色。撮影はアンリ・ドカエ、音楽はフィリップ・サルドが各々担当。出演は「パリの灯は遠く」のアラン・ドロン、モーリス・ロネ、「あゝ情熱」のオルネラ・ムーティ、ミレーユ・ダルク、ステファーヌ・オードラン、ミシェル・オーモン、ジャン・ブイーズ、クラウス・キンスキー、ジュリアン・ギオマールなど。

    ネット上の声

    • WOWOWでダビングしたまま放置してあったのを(たぶん)初鑑賞
    • オルネラ・ムーテイはキレイなのですが。
    • 渋さが増して来た頃のアラン・ドロン。
    • アラン・ドロンって、かっこいい…
    アクション
    • 製作年1978年
    • 製作国フランス
    • 時間124分
    • 監督ジョルジュ・ロートネル
    • 主演アラン・ドロン
  11. 愛人関係
    • E
    • 2.22
    敏腕弁護士と謎を秘めた暗い過去をもつ女の愛を描くサスペンス映画。製作はレイモン・ダノン。監督・脚本・台詞は「渚の果てにこの愛を」のジョルジュ・ロートネル、撮影はモーリス・フェルー、音楽はフィリップ・サルドが各々担当。出演はアラン・ドロン、ミレーユ・ダルク、クロード・ブラッスール、ニコレッタ・マキャヴェッリ、フィオーレ・アルトビティ、アンドレ・ファルコンなど。

    ネット上の声

    • リチャード・マシスンの幻想的サスペンス!
    • 邦題が「愛人関係」だからドロドロイチャイチャした恋愛モノかと思っていたら
    • ブラッスールが絶妙な軽妙さで引っ張っていく序盤からは想像できない展開に
    • 「渚の果てにこの愛を」のジョルジュ・ロートネル1973年脚本・監督作品
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1973年
    • 製作国フランス
    • 時間106分
    • 監督ジョルジュ・ロートネル
    • 主演アラン・ドロン
  12. ジェフ
    • E
    • 2.14
    アンドレ・G・ブリュネランの脚本を、六一年ゴンクール賞受賞のジャン・コーと監督の「さらば友よ」のジャン・エルマンが共同潤色。撮影はジャン・ジャック・タルベス、音楽は「オー!」のフランソワ・ド・ルーベが担当。出演は「さらば友よ」のアラン・ドロン、「モンテカルロ・ラリー」のミレーユ・ダルクのほか、フレデリック・ド・パスカル、アルベール・メディナ、ジョルジュ・ルーキェ、モーリス・ガレル、アンリ・サルアンク、シュザンヌ・フロンなど。製作は、アラン・ドロン自身。

    ネット上の声

    • あと一歩なのに・・・
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1969年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間97分
    • 監督ジャン・エルマン
    • 主演アラン・ドロン
  13. 太陽のサレーヌ
    • E
    「眼には眼を」の原作者ヴァエ・カッチャの原案をもとに、彼自身と「恋するガリア」の監督ジョルジュ・ロートネルが共同で脚本化し、ロートネルが監督した。撮影は「恋するガリア」のモーリス・フェルー、音楽は「女王陛下のダイナマイト」のベルナール・ジェラールが担当した。出演は「恋するガリア」のミレーユ・ダルク、「地獄の決死隊」のハーディ・クリューガー、モーリス・ビロー、「小間使の日記」のジョルジュ・ジェレ、ベナンティノ・ベナンティーニほか。

    ネット上の声

    • 冒頭は、フィルムノワールのような泥棒劇でしたが、それもつかの間のことで、盗みに失
    • 製作年1966年
    • 製作国フランス
    • 時間103分
    • 監督ジョルジュ・ロートネル
    • 主演ミレーユ・ダルク
  14. エヴァの恋人
    • E
    「シエラザード」の監督ピエール・ガスパール・ユイの脚本を、彼自身とウィル・ベルトルが潤色、ピエール・ガスパール・ユイが監督した。撮影はベルネル・レンツ、音楽はジャック・ルーシェが担当。出演は「太陽のサレーヌ」のミレーユ・ダルク、「女は夜の匂い」のジャック・シャリエ、「パリは燃えているか」のダニエル・ジェラン、ポール・ハブシュミットほか。製作はハンス・オッペンハイマー。
    恋愛
    • 製作年1966年
    • 製作国フランス
    • 時間98分
    • 監督ピエール・ガスパール=ユイ
    • 主演ミレーユ・ダルク
  15. ブロンドの罠
    • E
    「女は一回勝負する」「ある晴れた朝突然に」などのイギリスの推理作家ジェームズ・ハドリー・チェイスの原作を、ニコラス・ジェスネルとマーク・ベームが脚色し、台詞をジャック・ヴィルフリが書き、「盗みのテクニック」のニコラス・ジェスネルが監督したスパイもの。撮影はクロード・ルコント、音楽は「悪魔のようなあなた」のフランソワ・ド・ルーベが担当している。出演は「牝猫と現金」のミレーユ・ダルク、「大進撃」のクラウディオ・ブルック、エドワード・G・ロビンソンなど。

    ネット上の声

    • ADB8B0ED09B46CE68E36FC3B3582E60A4408DAD9
    サスペンス、 アドベンチャー(冒険)
    • 製作年1967年
    • 製作国フランス,イタリア,ドイツ
    • 時間88分
    • 監督ニコラス・ジェスネール
    • 主演ミレーユ・ダルク
  16. 枯葉の街
    • E
    ジャーナリスト出身のジョルジョ・ボンテンピの監督第一作。脚本も彼自身が執筆。撮影は、アンリ・マンツェール、音楽は、マリオ・ナシンベーネ。製作は、ギローム・コロナがあたった。ヨーロッパの諸都市を舞台にした恋愛映画。出演は「悪い奴ほど手が白い」のジャン・マリア・ヴォロンテ、「ブロンドの罠」のミレーユ・ダルク、「さらば友よ」のオルガ・ジョルジュ・ピコ、他にジャン・ピエール・アルベルティーニ、新人エリカ・ブランなど。
    • 製作年1968年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間88分
    • 監督ジョルジオ・ボンテンピ
    • 主演ミレーユ・ダルク

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。