全6作品。マージョリー・ランボーが出演した映画ランキング

  1. タバコ・ロード

    タバコ・ロード
    評価:E2.67


    ヒューマンドラマ
    製作年:1941
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・フォード
    主演:ダナ・アンドリュース
    1
  2. 惨劇の波止場

    惨劇の波止場
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1932年)

    ヒューマンドラマ
    製作年:1930
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・ヒル
    主演:マリー・ドレスラー
    2
  3. インスピレーション

    インスピレーション
    評価:E0.00
    「アンナ・クリスティ」「船出の朝」と同じくグレタ・ガルボ主演映画で、「恋愛行進曲」「青春巴里合戦」のジーン・マーキーが原作脚色台詞を書き、「アンナ・クリスティ」「恋多き女」のウィリアム・ダニエルスが撮影した。主役ガルボを助けて「結婚双紙」「ビッグ・ハウス」のロバート・モンゴメリー、「不死鳥」「少年世界」のルイス・ストーン、「ハア・マン」のマージョリー・ランボー、「悪漢の唄」のジュディス・ヴォセーリ、「泥人形」のベリル・マーサー、その他カレン・モーリー、ジョン・ミルジャン、ジョーン・マーシュ、等が出演。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1931
    製作国:アメリカ
    監督:クラレンス・ブラウン
    主演:グレタ・ガルボ
    3
  4. 仮染の唇

    仮染の唇
    評価:E0.00
    製作年:1931
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・フィッツモーリス
    主演:ノーマ・シアラー
    4
  5. 千の顔を持つ男

    千の顔を持つ男
    評価:E0.00
    無声映画時代に活躍した怪奇映画スター、ロン・チェニーの伝記映画。ラルフ・ウィールライトの小説を原作に「西部の三人兄弟」のR・ライト・キャンベルと「緑の火・エメラルド」のアイヴァン・ゴッフ、ベン・ロバーツの3人が共同脚色、「イスタンブール(1956)」のジョセフ・ペヴニーが監督した。撮影監督は「野望に燃える男」のラッセル・メティ、音楽は「間奏曲」のフランク・スキナーが作曲、「東京特ダネ部隊」のジョセフ・ガーシェンソンが監督した。主演は「悪人への貢物」のジェームズ・キャグニー、「白人部隊撃滅」のドロシー・マローン、「太陽に向って走れ」のジェーン・グリア、「四角いジャングル」のジム・バッカスなどが助演する。

    ヒューマンドラマ、ホラー
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:ジョセフ・ペヴニー
    主演:ジェームズ・キャグニー
    5
  6. ハア・マン

    ハア・マン
    評価:E0.00
    「空中大曲芸団」のヘレン・トウェルヴトウリース、舞台出のマージョリー・ランボー、「イバニエズの激流」のリカルド・コルテス、「悪魔の日曜日」のフィリップス・ホームスの主演映画。「脱走兵」「波乗り越えて」のハワード・ヒギンと「旅役者」のテイ・ガーネットが同時に監督している。撮影はエドワード・スナイダー。その他、ジェームズ・グリースン、ハリー・スウィート、フランクリン・パングボーン、マシュー・ベッツ、セルマ・トッド等が助演している。
    製作年:1930
    製作国:アメリカ
    監督:テイ・ガーネット
    主演:ヘレン・トゥエルヴツリーズ
    6

スポンサードリンク