全3作品。サーデット・ウシュル・アクソイが出演した映画ランキング

  1. ある愛へと続く旅

    ある愛へと続く旅
    評価:A4.07
    『赤いアモーレ』原作のマルガレート・マッツァンティーニの小説が基になったドラマ。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で夫を亡くしたローマ在住の女性が、同国への再訪を機に彼から向けられていた大きな愛を改めてかみ締める姿を見つめる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ラスト20分!今まで観てきたものは何!?
    単なるラブストーリーではない【特選】作品
    満たされぬ人生は人をかたくなにしてしまう
    思い出をたどる旅の果て、新たな旅が始まる
    製作年:2012
    製作国:イタリア/スペイン
    監督:セルジオ・カステリット
    主演:ジェーン・バーキン
    1
  2. ソフィアの夜明け

    ソフィアの夜明け
    評価:B3.58
    東京国際映画祭(2009年・グランプリ)第22回東京国際映画祭コンペ部門で最高賞の東京サクラグランプリをはじめ、最優秀監督賞と最優秀男優賞に輝いた心を打つ人間ドラマ。元ドラック中毒患者の芸術家の兄と、反抗期の彼の弟の関係を軸に現代社会のもろさを描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    琴欧州が日本で真面目に暮らす理由
    9点:未完であるが鎮魂の傑作
    ブルガリアの現在を感じる
    明日を信じて生きること
    製作年:2009
    製作国:ブルガリア
    監督:カメン・カレフ
    主演:フリスト・フリストフ
    2
  3. 卵
    評価:D3.20
    トルコ出身のセミフ・カプランオール監督による“ユスフ3部作“の第1章。『蜂蜜』『ミルク』に続く、主人公ユスフの壮年期の物語。主人公が失われた記憶を取り戻し、自身のルーツを辿る旅の過程を描く。すべては今のトルコの情勢や経済水準に見られる出来事で構成。3部作の主人公が同一人物か否か、監督が名言を避けており謎とされている。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    映像は好きだけれど...。
    トルコの日常を切り取る
    何を意味しているのか見当が付かなかった
    画面から空気の匂いが感じられる
    製作年:2007
    製作国:トルコ
    監督:セミフ・カプランオール
    主演:ネジャト・イスレーシュ
    3