全5作品。バリー・ミラーが出演した映画ランキング

  1. ふたりだけの微笑

    ふたりだけの微笑
    評価:S4.19
     歌手になる志を持ちながら、家業から逃れられない青年(M・オントキーン)と、ダンサーに憧れ練習に励む聾唖の少女(アーヴィング)が出会い、二人の夢をひとつにしていく物語を、NY郊外の下町の生活描写を巧みに織り込んで描いた作品。アーヴィングが熱演。

    ネット上の声

    憧れのエイミー・アーヴィング
    輸入ビデオを持ってます!
    冬に出会った彼女との恋
    心に染み入る主題歌♪
    製作年:1978
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・マーコウィッツ
    主演:マイケル・オントキーン
    1
  2. フェーム

    フェーム
    評価:B3.65
    アカデミー賞(1981年・2部門)ニューヨークにある芸能専門学校で学ぶ若者たちを描いた青春映画。音楽・演劇・ダンスの3コースがある芸能専門学校の新学期が始まり、夢を抱いた若者たちが入学して来る。歌手志望のココ、ダンサーを夢見るリサ、音楽の天才ブルーノ、友だちの試験について来ただけなのになぜか受かってしまったリロイらは、すぐに仲良くなる。教授から才能がないと言われたリサはダンス科から演劇科に変更する。勉強のできないリロイはいつも教授とぶつかってばかり。ココは映画プロデューサーを名乗る男にだまされる。やがて、4年が経ち、ココらも新しい世界に旅立つ時が来る。卒業式のパーティーでみんなは自慢の芸を披露するのだった。ラストのパーティー…

    ヒューマンドラマ、青春、ミュージカル、ダンサー

    ネット上の声

    ナンバー1ミュージカルではないけれど
    若さ故の過ちでさえ、今は眩しい
    ギャグ映画
    主題曲「フェーム」がすべて
    製作年:1980
    製作国:アメリカ
    監督:アラン・パーカー
    主演:アイリーン・キャラ
    2
  3. サタデー・ナイト・フィーバー

    サタデー・ナイト・フィーバー
    評価:B3.62
     ベイ・リッジの町のペンキ屋で働いているトニー・マネロは、日頃のうっぷんを毎週土曜のディスコで晴らしている若者。今日もいつものようにディスコに繰り出して自慢のダンスを披露していた。

    ヒューマンドラマ、ダンサー

    ネット上の声

    青春映画!ふぃーば〜〜!!死語だけど!
    世界のディスコ文化に大きな影響を与えた
    マイノリティ問題を背景にした青春映画
    青春謳歌バリバリロックンロール?
    製作年:1977
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・バダム
    主演:ジョン・トラヴォルタ
    3
  4. フローレス

    フローレス
    評価:C3.48
     堅物の元警官とドラッグ・クィーンの奇妙な友情を描いた作品。ニューヨークのアパートに住む元警官で保守的な男ウォルトは、同じアパートに住むドラッグ・クィーンのラスティといつも口げんかが絶えない。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    一軒のアパートが舞台の人間ドラマが凄い!
    だってデ・ニーロだもん
    こんな人生も悪くない。
    なんかよいのです。。
    製作年:1999
    製作国:アメリカ
    監督:ジョエル・シューマカー
    主演:ロバート・デ・ニーロ
    4
  5. ペギー・スーの結婚

    ペギー・スーの結婚
    評価:D3.12
     仕事にかこつけて女を作っている夫チャーリーと別居中の妻ペギー・スー。そんな彼女にある日、高校の同窓会の知らせが届いた。

    恋愛

    ネット上の声

    ニコラス・ケイジの魅力とはなにか・・・煙
    君も、あなたも、あいつも、とにかく若い!
    ニコラスとジムを見るだけでも価値あり!
    出会ったあの頃を思い出して♪
    製作年:1986
    製作国:アメリカ
    監督:フランシス・フォード・コッポラ
    主演:キャスリーン・ターナー
    5