全4作品。リンダ・コズラウスキーが出演した映画ランキング

  1. Mr.エンジェル/神様の賭け

    Mr.エンジェル/神様の賭け
    評価:S4.18
    自分が天使だと信じる泥棒と車椅子の青年のふれあいを描くファンタジー。脚本はポール・ホーガンが執筆。製作・監督はジョン・コーネル、撮影はラッセル・ボイド、音楽はモーリス・ジャール、編集はデイヴィッド・スティーヴン、美術はヘンリー・バムステッドが担当。出演はポール・ホーガン、チャールトン・ヘストン、リンダ・コズラウスキー、エリアス・コティーズなど。

    ネット上の声

    笑って泣いて・・・気持ちのイイ映画
    ポールホーガンの魅力。
    思い出して視聴度々^^
    ほのぼのファンタジー
    製作年:1990
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・コーネル
    主演:ポール・ホーガン
    1
  2. クロコダイル・ダンディー

    クロコダイル・ダンディー
    評価:C3.43
    ゴールデングローブ賞(1986年・主演男優賞)10週連続興収1位のオーストラリア映画最大のヒット作オーストラリアの奥地で生活する“クロコダイル・ダンディー”と呼ばれる探検家がニューヨークへ来て巻き起こす騒動を描く。製作はジョン・コーネル、監督はテレビ出身でこれが劇場用映画第1作となるピーター・フェイマン、ポール・ホーガンの原案を彼とケン・シャディー、ジョン・コーネルが共同で脚本化、撮影はラッセル・ボイド、音楽はピーター・ベストが担当。出演はポール・ホーガン、リンダ・コズラウスキー、ジョン・マイロン、マーク・ブルームほか。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は進藤光太、監修を明治大学の越智道生が担当。

    コメディ、オーストラリア舞台

    ネット上の声

    oh、 gosh. Hit the bush! 片田舎のオーストラリア人がNYでてんやわんやするラブコメディ
    ダンディーが酒場で一人飲むシーンは最高!
    NO.17「く」のつく元気になった洋画
    NO.17「く」のつく元気になった洋画
    製作年:1986
    製作国:オーストラリア
    監督:ピーター・フェイマン
    主演:ポール・ホーガン
    2
  3. クロコダイル・ダンディー2

    クロコダイル・ダンディー2
    評価:D3.16
    オーストラリアの奥地から大都会ニューヨークへやって来たミック・ダンディーの活躍を描くシリーズ二作目。製作・監督はジョン・コーネル、共同製作はジェーン・スコット、脚本・主演は「クロコダイル・ダンディー」のポール・ホーガン、共同脚本はブレット・ホーガン、撮影、音楽はそれぞれ「クロコダイル・ダンディー」のラッセル・ボイドとピーター・ベストが担当。出演はほかに「クロコダイル・ダンディー」のリンダ・コズラウスキー、ジョン・マイロンほか。

    コメディ、オーストラリア舞台

    ネット上の声

    ダンディーはやはり自然が似合う
    二本立ての様な映画!お得。
    相変わらずダンディーである
    クロコダイル・ダンディー2
    製作年:1988
    製作国:オーストラリア/アメリカ
    監督:ジョン・コーネル
    主演:ポール・ホーガン
    3
  4. 光る眼

    光る眼
    評価:D3.01
     鬼才ジョン・カーペンターが'60年のイギリス映画「未知空間の恐怖/光る眼」をリメイクしたSFホラー。カルフォルニア州の海岸沿いの小さな町でその事件は起こった。

    ホラー、SF

    ネット上の声

    白い髪赤い目・・・それは真実か幻か・・・
    スーパーマンとルークの共演だ
    言うほどそんなに醜いかなあ?
    ディビッド役の子は誰?
    製作年:1995
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・カーペンター
    主演:クリストファー・リーヴ
    4

スポンサードリンク