スポンサーリンクあり

全21作品。フランシスコ・ラバルが出演した映画ランキング

  1. 恐怖の報酬【オリジナル完全版】
    • A
    • 4.00
    「フレンチ・コネクション」「エクソシスト」で知られるウィリアム・フリードキン監督が1977年に手がけたサスペンス大作で、ジョルジュ・アルノー原作&アンリ・ジョルジュ・クルーゾー監督による同名フランス映画をリメイク。南米のジャングルを舞台に、反政府ゲリラによって爆破された油田の火災を鎮火させるため、1万ドルの報酬と引き換えに、危険なニトログリセリン運搬を引き受けた4人の男たちの命運を描いた。ユニバーサルとパラマウントという2大メジャースタジオが共同出資し、3大陸5カ国でのロケを敢行するなど、完成までに2年の歳月と2000万ドル(現在の100億円相当)という当時として破格の製作費が投じられた。しかし、77年の全米公開時「スター・ウォーズ」が一大旋風を巻き起こした影響で興行的に大失敗し、78年に公開された日本をはじめとする北米以外の国では、監督に無断で大幅にカットされた92分の短縮版が上映された。その後も長らく権利関係などで上映もDVD発売もされていなかったが、2013年にフリードキン監督の手により121分のオリジナル版の4Kデジタル修復が行われ、同年のベネチア国際映画祭でプレミア上映された。日本でも18年11月「オリジナル完全版」として劇場公開され、121分の本来のバージョンが初めて日本で日の目を見る。

    ネット上の声

    • フリードキン追悼#3. ずっと前に観たけど再鑑賞です
    • 私は初回公開版の方がポイントが高いけど
    • 手に汗握るめちゃくちゃスリリングな作品
    • 1977年に作られた新作を今回観た感じだ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1977年
    • 製作国アメリカ
    • 時間121分
    • 監督ウィリアム・フリードキン
    • 主演ロイ・シャイダー
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  2. ビリディアナ
    • B
    • 3.87
    「アンダルシアの犬」のルイス・ブニュエルが20数年ぶりに祖国スペインでメガホンをとり、1961年・第14回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した人間ドラマ。修道女を目指すビリディアナは、たった1人の親族である叔父ドン・ハイメの屋敷に呼び出される。ドン・ハイメは亡き妻に良く似たビリディアナを引き止めるために睡眠薬を飲ませて眠らせ、その間に彼女を犯したと嘘の告白をする。ビリディアナが屋敷を出ていくと、叔父は罪の意識にさいなまれ自ら命を断つ。叔父の死を知ったビリディアナは修道女への道をあきらめ、貧しい人々を屋敷に住まわせて世話しようとするが……。カトリック教会からは大きな非難を浴びるなど物議をかもし、スペインやイタリアで上映禁止となった。2017年12月、ブニュエル監督作「皆殺しの天使」リバイバル公開にあわせて上映。

    ネット上の声

    • 映画が芸術たることを証明した大傑作
    • 硬骨漢 ブニュエル の痛烈な皮肉。
    • 真面目&潔癖でなくても..。
    • これは酷い。いいぞもっとヤレ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1960年
    • 製作国スペイン
    • 時間91分
    • 監督ルイス・ブニュエル
    • 主演シルヴィア・ピナル
  3. ナサリン
    • B
    • 3.80
    ベニート・ペレス・ガルドスの原作を基に、メキシコのスラム街の中で信念を貫く一人の神父の姿を描いたルイス・ブニュエル監督の59年度カンヌ映画祭特別審査員賞受賞作。脚本はブニュエルとフリオ・アレハンドロの共同、撮影はガブリエル・フィゲロアが担当。出演はフランシスコ・ラバル、マルガ・ロペスほか。

    ネット上の声

    • 最後のセリフ
    • 神と人の間
    • 虚しさを噛み締める映画
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1958年
    • 製作国メキシコ
    • 時間94分
    • 監督ルイス・ブニュエル
    • 主演フランシスコ・ラバル
  4. 恐怖の報酬
    • C
    • 3.52
     映画史に残る同名傑作作品のリメイク。ポルベニールから300キロほど離れた山の上の油田で突然、爆発事故が起こった。

    ネット上の声

    • 南米の密林が監督の人生すらも蝕んでいく…
    • ウィリアム・フリードキン唯一にして最高作
    • 【フリードキン臭】に満ちた鬼気迫る傑作!
    • オリジナルも見たくなる
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1977年
    • 製作国アメリカ
    • 時間92分
    • 監督ウィリアム・フリードキン
    • 主演ロイ・シャイダー
  5. ナイトメア・シティ
    • D
    • 2.91

    ネット上の声

    • 「プラネット・テラー」の元ネタ
    • コントのようなホラー
    • レポーターのディーンは、原子力発電所で発生した事故についてその設計者である核物理
    • 7〜80年代に数多くのB級娯楽映画を量産してきたウンベルト・レンツィ監督によるパ
    ホラー
    • 製作年1980年
    • 製作国イタリア,スペイン
    • 時間92分
    • 監督ウンベルト・レンツィ
    • 主演ヒューゴ・スティグリッツ
  6. 青い大きな海
    • D
    • 2.88
    記録映画を数多く作っているジロ・ポンテコルヴォ監督の、日本初登場作品。「シャンソン・ド・パリ」のイヴ・モンタンを主演に、アドリア海周辺の漁師の生活が描かれる。フランコ・ソリナスの原作を、ソリナスとポンテコルヴォに、「第五戦線・遠い道」のエンニオ・デ・コンチーニの三人が共同で脚色し、撮影をマリオ・モントゥオーリが受けもっている。他に出演するのは、「さすらい(1957)」のアリダ・ヴァリ、新人フェデリカ・ランキ、ジャン・カルロ・サブローネ、ロナルディーノ等。アドリア海に面するユーゴの島にロケした、伊・仏・西独・スペイン・ユーゴ合作のかたちの作品である。製作マレノ・マレノッティ。フェラニアカラー・スーパースコープ。

    ネット上の声

    • もう一度見たい。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国イタリア,フランス,ドイツ,ユーゴスラビア
    • 時間97分
    • 監督ジッロ・ポンテコルヴォ
    • 主演イヴ・モンタン
  7. 太陽はひとりぼっち
    • D
    • 2.80
    イタリアの名匠ミケランジェロ・アントニオーニが都会に生きる男女のはかない恋愛感情と虚無感を描き、「情事」「夜」に続く「愛の不毛」3部作の最終章となった恋愛ドラマ。明確な理由のないまま婚約者と別れ、退屈な日々を過ごしていた女性ビットリア。ある日、投資家の母が通う証券取引所で知り合った株式仲買人の青年ピエロと急接近し、新たな恋をはじめようとするが……。ピエロ役をアラン・ドロン、ビットリア役をモニカ・ビッティがそれぞれ演じた。1962年・第15回カンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞。2018年、フランス映画界を代表する名優たちの主演作を集めた「華麗なるフランス映画」(2018年2月~、東京・角川シネマ有楽町)でリバイバル上映。

    ネット上の声

    • 静のイメージの強いアラン・ドロンが、この映画ではラテン系らしく感情を激しく爆発さ
    • 何が不毛って、この作品が不毛だよ!(怒)
    • 娯楽映画と社会問題は別、観る価値なし!
    • 現代人の空虚な心を映した難解な映画
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1962年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間124分
    • 監督ミケランジェロ・アントニオーニ
    • 主演アラン・ドロン
    • 定額
  8. 8

    ゴヤ

    ゴヤ
    • D
    • 2.73

    ネット上の声

    • スペイン最大の画家ゴヤさんのお話です♪
    • 一番最初のシーン、エグい感じがうおおゴヤだ……!と興奮
    • 晩年のゴヤが、自身が生きた時代を回想(妄想)する話
    • ベラスケスに並ぶスペイン最大の近代画家の後半生
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1999年
    • 製作国イタリア,スペイン
    • 時間100分
    • 監督カルロス・サウラ
    • 主演フランシスコ・ラバル
  9. 9

    DAGON

    DAGON
    • E
    • 2.48
    ITビジネスで一山当てたポールたちはヨットでバカンス中に嵐に遭い、沿岸の漁村に流れ着く。村は海の邪神・ダゴンを崇拝しており、女性の生贄を必要としていた。ポールたちは不気味な村民に狙われ、また自らの呪われた出自を知ることになる。

    ネット上の声

    • 主人公のアメリカ人ポールは、恋人と知人夫婦と、スペイン近海でクルージングを楽しん
    • 見ごたえ十分な世界観はまさにゴードン
    • ゴードン+パオリ×ラブクラフト=傑作
    • インボッカの雰囲気が素晴らしい
    ホラー
    • 製作年2001年
    • 製作国スペイン
    • 時間95分
    • 監督スチュアート・ゴードン
    • 主演フランシスコ・“パコ”・ラバル
    • 定額
  10. 空爆大作戦
    • E
    • 2.39
    第二次大戦に独英軍死力を尽した英本土空爆攻防戦と英軍兵士、独軍スパイのヒューマニティを描く。製作はフランク・キャンプルトン、監督は「七人の特命隊」のエンツォ・G・カステラーリ、脚本はカステラーリとティト・カルピ、ヴィンセンツォ・フラミーニ、ジル・デュムランの協力、撮影は「地獄のガンマン」のアレハンドロ・ウローア(アレクサンダー・ウローア)、音楽を「女王陛下の大作戦」のフランチェスコ・デ・マージ、編集をヴィンセント・トーマスが各々担当。出演は「トパーズ」のフレデリック・スタフォード、ヴァン・ジョンソン、「星空の用心棒」のフランシスコ・ラバル、「デボラの甘い肉体」のイヴリン・スチュワート、「荒野の一つ星」のテレサ・ジンペラなど。テクニカラー、テクニスコープ。
    アクション
    • 製作年1969年
    • 製作国イタリア,アメリカ
    • 時間118分
    • 監督エンツォ・G・カステラッリ
    • 主演フレデリック・スタフォード
  11. 11

    挑戦

    挑戦
    • E
    • 2.34

    ネット上の声

    • 【終わりなき旅】
    • 東京五輪で「東洋の魔女」と呼ばれ活躍した紡績出身の女子バレーボールドキュメンタリ
    • 一見、ひたすら厳しいバレーの練習風景を記録しただけに思われるが、"極限への挑戦"
    • カンヌ国際映画祭、短編作品部門でグランプリを獲った作品なんですね…☆
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1969年
    • 製作国スペイン
    • 時間100分
    • 監督クラウディオ・ゲリン
    • 主演フランシスコ・ラバル
  12. 続シンジケート
    • E
    • 2.31
    アメリカ西海岸一帯の暗黒街とイタリア南端のシシリー島を舞台にマフィアの抗争を描く。製作はエドモンド・アマティ、監督は「シシリアンマフィア」のアルベルト・デ・マルティーノ、脚本はアドリアーノ・ボルツォーニ、撮影はアリスティデ・マサチェシ、音楽はリズ・オルトラーニが各々担当。出演はマーティン・バルサム、トマス・ミリアン、フランシスコ・ラバルなど。

    ネット上の声

    • 話よりも殺し方の方が印象に残る
    アクション
    • 製作年1973年
    • 製作国イタリア,スペイン
    • 時間103分
    • 監督アルベルト・デ・マルチーノ
    • 主演マーティン・バルサム
  13. 星空の用心棒
    • E
    • 1.99
    マナヘム・ヴェラスコの原案を、フェルナンド・ディ・レオとアウグスト・カミニートが脚色、「恋の渚」の(本名はフロレスターノ・バンチーニ)スタン・バンスが監督した西部劇。撮影は「超人スーパーアルゴ」のフランシスコ・マリン、音楽は「続黄金の七人 レインボー作戦」のアルマンド・トロバヨーリが担当している。出演は「怒りの荒野」のジュリアーノ・ジェンマ、「昼顔」のフランシスコ・ラバル、「情無用のコルト」のコンラード・サルマルティン、ガブリエラ・ジョルジェリ、「続荒野の1ドル銀貨」のニエヴェス・ナヴァロなど。テクニカラー、テクニスコープ。

    ネット上の声

    • これが”ホールドアップ殺法”だ!!
    • あっ、ジェンマが死んじゃう!?
    • 星空に代わっておしおきよ☆
    • ジェンマで盛り上がろう!
    脱出、 復讐、 冤罪、 西部劇
    • 製作年1967年
    • 製作国イタリア
    • 時間102分
    • 監督スタン・ヴァンス
    • 主演ジュリアーノ・ジェンマ
  14. 切られた首
    • E
    1960年代にブラジルで起こった映画運動「シネマ・ノーボ」を代表する監督として知られ、「黒い神と白い悪魔」「狂乱の大地」といった作品で国際的にも高い評価を受けたグラウベル・ローシャ監督が1970年に手がけた作品。とある国の城の中が舞台。仮想国エルドラドの権力者になることを夢見るディアスは、地元の原住民や農民たちから猛反発を受けていた。そんなディアスのもとに奇跡を起こす羊飼いが現われる。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1969年
    • 製作国ブラジル
    • 時間105分
    • 監督グラウベル・ローシャ
    • 主演フランシスコ・ラバル
  15. バロック
    • E
    時空を越えて自らのルーツを訪ねるメキシコの農園主の旅を、協奏曲の形式で綴る幻想物語。現在の中南米の音楽は、ヨーロッパ音楽・古代からのフォークロア・アフリカ音楽などの複雑な混血だが、それらの音楽に絡ませて、黄金を求めるスペイン人がアステカ王国にやってきたところから、王国の滅亡、その後農場用奴隷としてアフリカから連れてこられた人々の反乱、スペイン内戦などを象徴的なイメージとして散りばめ、スペイン、アステカ、アフリカ系などの人々が混然として現在に至る、ラテンアメリカの姿を浮かび上がらせて中南米人のアイデンティティを模索する。台詞は一言もないが、華麗な映像と音楽が圧巻。
    • 製作年1989年
    • 製作国スペイン,キューバ
    • 時間110分
    • 監督ポール・ルデュク
    • 主演フランシスコ・ラバル
  16. 無垢なる聖者
    • E
    大土地所有制を背景に社会の底辺に生きる人々を描く。製作はフリアン・マテオフ、監督はマリオ・カムス。ミゲル・デリーベスの原作を基にアントニオ・ラレータ、マヌエル・マトヒと監督のカムスが脚色。撮影はハンス・ブルマン、音楽はアントン・ガルシア・アブリル、編集はホセ・マリア・ゼウルンが担当。出演はアルフレード・ランダ、フランシスコ・ラバルなど。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1984年
    • 製作国スペイン
    • 時間105分
    • 監督マリオ・カムス
    • 主演アルフレード・ランダ
  17. わが父/パードレ・ヌエストロ
    • E
    余命いくばくもないある枢機卿の帰郷と、それにまつわる混乱を描く。エグゼキュティヴ・プロデューサーはエドゥアルド・ドゥカイとフリアン・マルコス、監督・脚本は本作品が日本初公開になるフランシスコ・レゲイロ、共同脚本はアンヘル・フェルナンデス・サントス、撮影はファン・アモロスが担当。出演はフェルナンド・レイ、フランシスコ・ラバルほか。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1984年
    • 製作国スペイン
    • 時間102分
    • 監督フランシスコ・レゲーロ
    • 主演フェルナンド・レイ
  18. 大遠征軍
    • E
    「ユリシーズ(1954)」「テオドラ」「カルタゴの女奴隷」等の系列に属する、サイレント時代の「カビリア」以来伝統をもつイタリア史劇映画の一篇。十六世紀のイタリア詩人トルクアート・タッソの叙事詩“解放されたエルサレム”をもとに、アレッサンドロ・コンティネンツァが脚本を書き、戦前から史劇を手がけているカルロ・L・ブラガリアが監督した。第一次十字軍の聖地エルサレム奪還を描くスペクタクルである。撮影は「テオドラ」のロドルフォ・ロンバルディ、音楽はロベルト・ニコロージ。主演するのは「芽ばえ」のシルヴァ・コシナ、「水田地帯」「河の女」のリック・バッタリア、「カルタゴの女奴隷」のジャンナ・マリア・カナーレ、スペイン俳優で「暗黒街は俺のものだ」のフランシスコ・ラバル等。製作オッタヴィオ・ポッジ。
    ヒューマンドラマ、 アドベンチャー(冒険)、 アクション
    • 製作年1957年
    • 製作国イタリア
    • 時間---分
    • 監督カルロ・ルドヴィコ・ブラガリア
    • 主演シルヴァ・コシナ
  19. 19

    渇き

    渇き
    • E
    チャコ戦争をテーマに一九六〇年国際著述家コンクール第一位の作家アウグスト・ロア・バストスの「渇き」Dar Durst を、ゴリ・ムニョスが脚色、ルーカス・デマレが演出した。撮影はアルベルト・エチエベヘレ、マヌエル・メリノ、音楽はルチオ・デマレが担当した。出演はフランシスコ・ラバル、オルガ・スバリ、カルロス・エストラダ、ハシント・ヘレラなど。一九六一年のサン・セバスチャン映画祭で最優秀映画賞、国際賞、監督賞、脚本賞、主演女優賞(オルガ・スバリ)を獲得した。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1961年
    • 製作国アルゼンチン
    • 時間---分
    • 監督ルーカス・デマレ
    • 主演フランシスコ・ラバル
  20. 旅路はるか
    • E
    母を求めてイタリア縦断旅をする少年の物語で、監督は、「愛の交響楽」のグラウコ・ペレグリーニ。ペレグリーニの原案を彼自身とウーゴ・ピッロ、リアナ・フェッリの三人が脚本化した。撮影は「屋根」のカルロ・モントゥオーリ、音楽は「わらの男」のカルロ・ルスティケリ。出演は「わらの男」のエドアルド・ネヴォラ少年、「青い大きな海」のアリダ・ヴァリ、フランシスコ・ラバルのほか、エドゥアルド・デ・フィリッポら。製作ジャンカルロ・カペリ。

    ネット上の声

    • 忘れられない音楽
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1959年
    • 製作国イタリア,スペイン
    • 時間101分
    • 監督グラウコ・ペレグリーニ
    • 主演エドアルド・ネヴォラ
  21. ジャガーの眼
    • E
    クロード・シャブロル、クリスチャン・イブ、ダニエル・ブーランジェの共同脚本を、「虎は新鮮な肉を好む」のクロード・シャブロルが監督したスパイ・アクション。撮影は「幸福」のジャン・ラビエ、音楽はピエール・ジャンセンが担当した。出演は「国境は燃えている」のマリー・ラフォレ、「ビリディアナ」のフランシスコ・ラバル、「山猫」のセルジュ・レジアニ、舞台俳優シャルル・デネール、エイキム・タミロフほか。製作はジョルジュ・ド・ボールガール。
    サスペンス、 アクション
    • 製作年1965年
    • 製作国フランス
    • 時間111分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演マリー・ラフォレ

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。