全16作品。太賀が出演した映画ランキング

  1. 母さんがどんなに僕を嫌いでも

    母さんがどんなに僕を嫌いでも
    評価:A3.98
    漫画家の歌川たいじが自身の壮絶な母子関係をつづったコミックエッセイを映画化。社会人になった主人公が過去を振り返りつつ、母との確執に向き合い奮闘する姿を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    「ハートフル」の枠に閉じ込められてしまった映画
    他人には見えない判らない母と子の関係
    僕はブタじゃない!僕はブタじゃない!
    悪くはないが何かが物足りない
    製作年:2018
    製作国:日本
    監督:御法川修
    主演:太賀
    1
  2. 那須少年記

    那須少年記
    評価:C3.52
    森詠の自伝的小説「少年記 オサム14歳」を映画化した感動の青春映画。昭和29年の栃木県・那須を舞台に、成長期の少年たちの友情やはかない恋心など、かけがえのない心の交流を美しい大自然の風景とともに映し出す。

    ヒューマンドラマ
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:初山恭洋
    主演:太賀
    2
  3. 淵に立つ

    淵に立つ
    評価:C3.37
    『ほとりの朔子』などの深田晃司監督と、『私の男』などの浅野忠信がタッグを組んだ衝撃のヒューマンドラマ。ごく平凡な夫婦の前に突然ある男が現れたことにより、平穏だった日常に不協和音が響き始める様子を描き出す。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    最後に希望の光があるのか?
    一番悪いのは誰だ
    罪と罰を背負って生きることはこんなにツラいのか
    本心なんて誰にも分からないから怖い…。
    製作年:2016
    製作国:日本,フランス
    監督:深田晃司
    主演:浅野忠信
    3
  4. RISE UP ライズアップ

    RISE UP ライズアップ
    評価:C3.32
    パラグライダーに熱中する男子高校生と、ひき逃げ事故によって失明してしまった少女の心の交流を描く青春ラブストーリー。監督は、長編自主製作映画『俺たちの世界』が世界各国の映画祭で高い評価を得た中島良。

    ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    一線越え脚本(でも奇妙にも後味佳し)
    プロモーション映画としてなら満点
    林君はかっこいいですね。
    掘り出し物、かも!
    製作年:2009
    製作国:日本
    監督:中島良
    主演:林遣都
    4
  5. 南瓜とマヨネーズ

    南瓜とマヨネーズ
    評価:D3.22
    「strawberry shortcakes」などで知られる魚喃キリコのコミックを、『ローリング』などの冨永昌敬監督が実写映画化。ミュージシャンを夢見る恋人と、奔放で女たらしの元恋人との間で揺れる女心を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    歳なんて関係ないって開き直るの、恥ずかしくない?
    20代後半の切ない青春の幕切れ
    あんな時あったなって感じ
    恋愛て何か教えられた!
    製作年:2017
    製作国:日本
    監督:冨永昌敬
    主演:臼田あさ美
    5
  6. 片桐はいり4倍速

    片桐はいり4倍速
    評価:D3.21
    芸能界において異彩を放つ存在のひとり・片桐はいりを主演に、各界の4人のクリエーターが集結し製作したオムニバス・ショートドラマ。松尾スズキが監督・脚本を担当した「部長」、板尾創路企画・原案の「受験生」ほか、全4エピソードを収録。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    たまに衝動的に観返したくなる
    製作年:2009
    製作国:日本
    監督:松尾スズキ
    主演:片桐はいり
    6
  7. きばいやんせ!私

    きばいやんせ!私
    評価:D3.00
    『百円の恋』の武正晴監督と脚本の足立紳が組んだコメディードラマ。主人公の女子アナウンサーが、鹿児島県南大隅町の祭りを取材しながら仕事や生き方を見つめ直す姿を、豊かな自然と共に描き出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    鶴見辰吾さんえんじる映画プロデューサー鏑木の胡散臭さが最高でした。...
    これぞ、鹿児島の伝統!
    鹿児島の人ならわかるのかな?
    ちなみに夏帆目当てでした。
    製作年:2018
    製作国:日本
    監督:武正晴
    主演:夏帆
    7
  8. 走れ、絶望に追いつかれない速さで

    走れ、絶望に追いつかれない速さで
    評価:D3.00
    『愛の小さな歴史』に続いて、第28回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に出品された中川龍太郎監督による人間ドラマ。青春の日々を分かち合った親友の死が原因で暗い気持ちに支配されてしまった青年の心情が、遺された1枚の絵をきっかけに変化していくさまを丁寧に描写する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    静かに紡ぐ物語。旅の果てに知る“生”。
    社会人うん十年目のおばちゃんの感想
    太賀さんはやはりいいです!
    今しか描けないね。
    製作年:2015
    製作国:日本
    監督:中川龍太郎
    主演:太賀
    8
  9. 海を駆ける

    海を駆ける
    評価:D2.94
    『淵に立つ』などの深田晃司監督と『結婚』などのディーン・フジオカが組み、インドネシアを舞台につづるファンタジードラマ。2004年の地震による大津波で大きな被害を受けたスマトラ島でロケを行い、海からやって来た不思議な男が起こす奇跡を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    過去との共存の末に辿り着く復興
    海外撮影シネマ
    たぶんディーンフジオカファンはポカーン状態だろうな。でも背景変えて...
    主軸はサチコ。ファンタジー<民話
    製作年:2018
    製作国:日本,フランス,インドネシア
    監督:深田晃司
    主演:ディーン・フジオカ
    9
  10. ポンチョに夜明けの風はらませて

    ポンチョに夜明けの風はらませて
    評価:D2.82
    「ひゃくはち」「イノセント・デイズ」などで知られる早見和真の小説を実写化した青春ロードムービー。毎日を何となく過ごしていた高校生たちが、あてのない旅をしながらそれぞれの生き方を見いだす。

    青春

    ネット上の声

    今「おとな」をやっている人たちに向けた青春ムービー
    3人のやんちゃぶりが良い
    青春は、ロケット花火
    可もなし不可もなし
    製作年:2017
    製作国:日本
    監督:廣原暁
    主演:太賀
    10
  11. 人狼ゲーム

    人狼ゲーム
    評価:E2.56
    高校2年生の仁科愛梨(桜庭ななみ)は、帰り道で突然何者かに拉致され、気が付くと10人の男女が円形に横たわっていた。一同は不可解な状況に戸惑うが、村人と村人に化けた人狼に分かれ相手チームを全滅させる「人狼ゲーム」に強制的に参加させられることに。彼らはなぜここに集められたのか理由もわからぬまま、生死を懸けたゲームに巻き込まれていく。

    サスペンス

    ネット上の声

    突っ込みどころは多いが、それなりには楽しめた
    監督もっと人狼ゲームについて知れって感じ。
    伏線が不十分でやられた感がない
    良い感じに嫌な気分になります
    製作年:2013
    製作国:日本
    監督:熊坂出
    主演:梶原ひかり
    11
  12. 禁忌

    禁忌
    評価:E2.53
    同性愛や少年愛、監禁やレイプなど禁断の世界を、モーツァルトの音楽と共に静かにかつ衝撃的に描くドラマ。女教師であるヒロインが離別した父親と再会し、父親が監禁していた少年と自らもゆがんだ関係に陥っていくさまをつづる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    韓国の女優さんかと思いました。
    すべて曖昧で中途半端なまま
    鬱になって終わる事はないがレイプは辛い
    杉野希妃さんを見るためだけの作品
    製作年:2014
    製作国:日本
    監督:和島香太郎
    主演:杉野希妃
    12
  13. アズミ・ハルコは行方不明

    アズミ・ハルコは行方不明
    評価:E2.49
    蒼井優が『百万円と苦虫女』以来の単独主演を果たし、山内マリコの小説を映画化した異色ガールズムービー。郊外の街で起きた独身OLの行方不明事件をきっかけにアラサー、ハタチ、女子高生の3世代にわたる現代女子の生き方を浮き彫りにする。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    クズな人生は行方不明になって生き直す。
    面白かったけど意味はよくわからない
    出来れば見直しをオススメします。
    消えちゃえば?、消えて生きるの。
    製作年:2016
    製作国:日本
    監督:松居大悟
    主演:蒼井優
    13
  14. 男子高校生の日常

    男子高校生の日常
    評価:E2.29
    ウェブコミック配信サイト「ガンガンONLINE」に掲載され、2012年にテレビアニメ化もされた山内泰延のギャグ漫画を実写映画化。華のない学園生活を送る全然モテない男子3人組のグダグダした青春を、『アフロ田中』の松居大悟監督がシュールな笑いと共に描く。

    コメディ

    ネット上の声

    本当にリアル高校生って感じでした。とくに女子高生たちの方。笑 明ら...
    誰得?
    まあグダグダ感あと高校生ならではの共感できるとこはたくさんあったか...
    観る前に思っていたものより現実味があった。ただ、あんまり笑えなかっ...
    製作年:2013
    製作国:日本
    監督:松居大悟
    主演:佐藤二朗
    14
  15. 桃まつりpresents kiss!/あとのまつり

    桃まつりpresents kiss!/あとのまつり
    評価:E0.00
    女性監督による映画製作・上映企画「桃まつり」の第2弾として、9人の新人監督が「キス」をテーマに競作した短編オムニバス「桃まつり presents kiss!」の1編。記憶を失うことが日常となっている街。13歳の少女ノリコと友人のトモオは、遠くの誰かに自分たちが存在したことを知ってもらうため、手紙を書いて風船に託すことに。やがて、トモオはノリコのことを忘れてしまい……。監督は、オムニバス映画「夕映え少女」収録作「むすめごころ」の瀬田なつき。

    ネット上の声

    “あとのまつり”それはこっちのセリフだよ
    爽やかで素敵でした
    製作年:2009
    製作国:日本
    監督:瀬田なつき
    主演:中山絵梨奈
    15
  16. タロウのバカ

    タロウのバカ
    評価:E0.00
    製作年:2019
    製作国:日本
    監督:大森立嗣
    主演:YOSHI
    16

スポンサードリンク