スポンサーリンクあり

全6作品。トニー・ムサンテが出演した映画ランキング

  1. ある戦慄
    • B
    • 3.72
    ニコラス・E・ベアの脚本を「わかれ道(1963)」のラリー・ピアースが監督した異色サスペンス。ニューヨーク・ロケを行い、撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はテリー・ナイトが担当した。出演は舞台・TVで活躍している新人トニー・ムサンテ、舞台出身でTV『ルート66』のマーティン・シーン、同じく舞台出身でTV『コンバット』のボー・ブリッジス、同じくTVのロバート・バナード、エド・マクマホン、舞台出身でTV『ルート66』のダイアナ・ヴァン・ダー・プリス、新人ドナ・ミルズとTVのビクター・アーノルド、「ローマで起った奇妙な出来事」のジャック・ギルフォードと、「足ながおじさん」のセルマ・リッター、TV『コンバット』『ローハイド』のマイク・ケリンと「金魚鉢の中の恋」のジャン・スターリング、「結婚泥棒」のゲイリー・メリルと新人ロバート・フィールド、「野良犬の罠」のブロック・ピーターズ、舞台・TVで活躍しているルビー・ディーほか。製作は新人モンロー・サクソンとエドワード・メドー。

    ネット上の声

    • ◉無軌道な若者に絡まれる事よりも、困難な時に助けてくれない一般人の傍観の方が怖い
    • ラリー・ピアース監督を知らないけど、マーティン・シーンが出演してるし、スコア高め
    • ‘60代の古い作品でモノクロ、だけどほぼホラ-で私の好み、こちらも名作らしい
    • これもすんごく面白かったです
    サスペンス
    • 製作年1967年
    • 製作国アメリカ
    • 時間103分
    • 監督ラリー・ピアース
    • 主演トニー・ムサンテ
  2. 豹/ジャガー
    • C
    • 3.18
    マカロニ・ウェスタンのヒーロー、フランコ・ネロが久しぶりに主演する残酷西部劇。フランコ・ソリナスとジョルジョ・アルロリオのストーリーから、ルチアーノ・ヴィンセンツォーニ、セルジオ・スピーナとセルジオ・コルブッチが脚色。「さすらいのガンマン」のコルブッチが監督した。撮影はコルブッチとコンビのアレハンドロ・ウローア(アレクサンダー・ウローア)、音楽はおなじみのエンニオ・モリコーネとブルーノ・ニコライの担当。出演は、ネロの他「刑事」のトニー・ムサンテ、「プロフェッショナル」のジャック・パランス、「地上最大の脱出作戦」のジョヴァンナ・ラリなど。製作はアルベルト・グリマルディ。テクニカラー、テクニスコープ。

    ネット上の声

    • タランティーノが「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」でアル・パチーノ
    • マカロニを理解してみたい。その1
    • 腐れ縁、という名の友情
    • メキシコ革命の激動
    西部劇、 アクション
    • 製作年1968年
    • 製作国イタリア,スペイン
    • 時間109分
    • 監督セルジオ・コルブッチ
    • 主演フランコ・ネロ
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  3. 歓びの毒牙(きば)
    • C
    • 3.14
    旅先で謎の連続殺人事件にまきこまれた男の冒険を描くサスペンス・スリラー。製作はサルヴァトーレ・アルジェント、監督・脚本はダリオ・アルジェント、撮影はヴィットリオ・ストラーロ、音楽はエンニオ・モリコーネ、編集はフランコ・フラティチェリが各々担当。出演は「ある戦慄」「ラスト・ラン」のトニー・ムサンテ、「密室」のスージー・ケンドール、エンリコ・マリア・サレルノ、エヴァ・レンツィなど。日本語版監修は野中重雄。テクニカラー、クロモスコープ。

    ネット上の声

    • クリスマスも終わった事ですし平常運転いたします
    • あぁ、もう、これほんと、すべてが、もう、
    • 邦題は、どういう発想で生まれてきたんだ?
    • デビュー作にして、もろアルジェント。
    ホラー、 サスペンス
    • 製作年1969年
    • 製作国イタリア,ドイツ
    • 時間98分
    • 監督ダリオ・アルジェント
    • 主演トニー・ムサンテ
  4. ベニスの愛
    • D
    • 2.86
    水底に消える悲劇の都ヴェニスを舞台に、結婚、別離、再会、死そして男と女の悲哀を一日の出来事として描いた作品。監督は「ローマで夜だった」「続黄金の七人 レインボー作戦」のエンリコ・マリア・サレルノ監督第一作である。脚本はエンリコ・マリア・サレルノとジュゼッペ・ベルト、撮影はマルチェロ・ファルテ、音楽はステルヴィオ・チプリアーニとジョルジョ・ガスリーニが各々担当。

    ネット上の声

    • ヴェネツィア舞台の作品は沢山あるけど、これが1番だと思ってる
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1970年
    • 製作国イタリア
    • 時間93分
    • 監督エンリコ・マリア・サレルノ
    • 主演フロリンダ・ボルカン
  5. ラスト・ラン/殺しの一匹狼
    • E
    • 2.65
    かつては犯罪人の名運び屋が、平穏で孤独な生活に耐えきれず、命を賭けた最後の脱出行を試みるアクション映画。製作はカーター・デ・ヘブン、監督は「トラ・トラ・トラ!」のリチャード・フライシャー、脚本はアラン・シャープ、撮影はスヴェン・ニクヴィスト、音楽はジェリー・ゴールドスミスがそれぞれ担当。出演は「パットン大戦車軍団」のジョージ・C・スコット、トニー・ムサンテ、トリッシュ・ヴァン・デヴァー、コリーン・デューハースト、アルド・サンブレルなど。

    ネット上の声

    • 仕事をまっとうする男はカッコいい。
    • リチャードフライシャー監督✨
    • 初の試写会
    • 意地悪な見方をすれば、「いまどきの若い奴には負けねえぞ」という話なのだが、技量で
    アクション
    • 製作年1971年
    • 製作国アメリカ
    • 時間96分
    • 監督リチャード・フライシャー
    • 主演ジョージ・C・スコット
  6. スキャンダル・愛の罠
    • E
    • 2.00
    現代のパリを舞台に、ひとりの女の心のうちに蠢めくセックスへの凄絶な妄執と、愛情から淫靡な復讐へと展開していく錯綜した心理を強烈なエロティシズムと冷徹なリアリズムで描く。製作はエットーレ・スパニョーロ、監督は「さらば美しき人」のジュゼッペ・パトローニ・グリッフィ。フランチェスコ・バリッリの原作に基づいてアルベルト・シルヴェストリとコンチャ・オンブリア、ルチオ・フルチが脚本化。撮影はファン・アモロスとハンス・ブルマン、音楽はエンニオ・モリコーネが担当。出演はラウラ・アントネッリ、トニー・ムサンテ、フロリンダ・ボルカンなど。

    ネット上の声

    • ラウラ・アントネッリ様によるエロサスペンス
    • 【ちゃんと教訓も得られるエロサスペンス】
    • 女性関係のお遊びが過ぎるといけません⚠️
    • 一人の女の心の内の錯綜した心理
    サスペンス
    • 製作年1985年
    • 製作国イタリア,スペイン
    • 時間102分
    • 監督ジュゼッペ・パトローニ・グリッフィ
    • 主演ラウラ・アントネッリ
    • レンタル
    • 定額
    • 定額

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。