スポンサーリンクあり

全9作品。永島暎子が出演した映画ランキング

  1. 1

    竜二

    竜二
    • A
    • 4.07
    妻子のためにヤクザ稼業から足を洗った男が堅気の世界で奮闘するも苛立ちを募らせていく姿を描き、自主制作作品ながら大ヒットを記録した異色のヤクザ映画。小劇場でキャリアを積んだ金子正次が自ら執筆した脚本をもとに映画初主演を務めたが、金子は本作公開直後に33歳の若さで他界し、本作が唯一の主演映画となった。 新宿・歌舞伎町界隈を縄張りとする三東会幹部の竜二は、アパートの一室に開いた闇のルーレット場を2人の舎弟に仕切らせ、順風満帆な日々を送っていた。そんなある日、金と出世欲だけで動くヤクザの世界に疎ましさを感じた彼は、妻まり子と幼い娘あやと一緒に暮らすため堅気になることを決意。裏社会から足を洗って酒屋で働きはじめた竜二は、平凡で慎ましい家族との生活に心の安らぎを覚えるが……。 監督は金子の学生時代からの友人で本作が長編劇映画初監督となる川島透。2023年10月、公開40周年を記念して作成されたDCP版でリバイバル公開。

    ネット上の声

    • 「あや、おばあちゃんのとこ帰ろうか?」(まり子)
    • 不純物のない純度の高い映画です
    • あくまで「ヤクザ」に重ねた文学
    • 命を削ったような自主映画
    ヤクザ・ギャング、 時代劇
    • 製作年1983年
    • 製作国日本
    • 時間92分
    • 監督川島透
    • 主演金子正次
  2. 棒の哀しみ
    • C
    • 3.43
    自分を″棒のように生き、棒のようにくたばる″ような男だと冷めた目で見つめる、ひとりのヤクザの生き様を描くドラマ。「噛む女」(88)以来6年ぶりとなる神代辰巳監督作品。北方謙三の同名小説を原作に、脚本は神代と伊藤秀裕の共同、撮影は「ゴト師株式会社II」の林淳一郎が担当。R指定。94年度キネマ旬報日本映画ベストテン第4位、同読者選出日本映画ベストテン第9位。

    ネット上の声

    • 奥田瑛二の独白、居場所のない焦燥的空気。
    • たまにはヤクザ映画でも
    • やっぱり気になってオリジナルを観てしまった😮
    • 神代流ハードボイルドの方法論
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1994年
    • 製作国日本
    • 時間121分
    • 監督神代辰巳
    • 主演奥田瑛二
    • レンタル
    • 定額
  3. サチコの幸
    • E
    • 2.61
    上村一夫の同名劇画をもとに、焼け跡の新宿に咲いた一輪の花・サチコの哀愁の青春を描く。脚本は「キャンパス・エロチカ 熟れて開く」の出倉宏、監督も同作の武田一成、撮影は「幼な妻絶叫!!」の安藤庄平がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 浅香光代がテナガザルを飼っています。
    • サチコの幸は名作です
    • 自宅で観ましたぁ〜
    • 昭和の映画
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1976年
    • 製作国日本
    • 時間87分
    • 監督武田一成
    • 主演三浦リカ
    • 定額
  4. 四畳半青春硝子張り
    • E
    • 2.44
    陸送の若者と純粋な少女の硝子張りのように、キラキラと、そしてもろい愛と彼らの流れゆく青春のときを描く。脚本は「江戸川乱歩猟奇館 屋根裏の散歩者」の井戸晶雄、監督は「奴隷妻」の加藤彰、撮影は「キャンパス・エロチカ 熟れて開く」の安藤庄平がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • やっぱり不幸なのね・・・。
    • 若い恋人同士の年上の人妻…ストーリーとしては、ありがちな男女の三角関係のもつれな
    • 最初すごい爽やかだったのにどんどんもつれて来る ロマンポルノ監督が描く当時の流行
    • 「四畳半襖の下張」をモジったようなタイトルからエロい内容を想像してしまうがさにあ
    • 製作年1976年
    • 製作国日本
    • 時間93分
    • 監督加藤彰
    • 主演原真也
  5. 残虐!狂宴の館
    • E
    • 2.33

    ネット上の声

    • 1980年 スペイン🇪🇸日本🇯🇵
    • 日本とスペイン合作
    • 日本盤のパッケージはもろグロゴアなのであまり期待していなかったのだが、城のような
    • ポール・ナッシーが看護を受ける一家がどうもとんでもない連中であることが示唆される
    ホラー
    • 製作年1980年
    • 製作国スペイン,日本
    • 時間90分
    • 監督ハシント・モリナ
    • 主演ポール・ナッチー
  6. みすゞ
    • E
    • 2.28
    若くしてこの世を去った童謡詩人・金子みすゞの半生を描く伝記ドラマ。監督は「地雷を踏んだらサヨウナラ」の五十嵐匠。脚色は「Danger de mort ダンジェ」の荻田芳久。撮影に「守ってあげたい!」の芦澤明子があたっている。主演は「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦」の田中美里。第56回毎日映画コンクール男優助演賞(寺島進)、技術賞(金沢正夫)受賞作品。

    ネット上の声

    • 震災の時に、良く放送されてた詩で金子みすゞを知りました
    • 天才童謡詩人 その儚くも鮮烈な一生涯
    • 「見えぬものでも あるんだよ。」
    • 松たか子版の方が面白い!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2001年
    • 製作国日本
    • 時間105分
    • 監督五十嵐匠
    • 主演田中美里
  7. 金色のクジラ
    • E
    白血病の幼い少年の生命を救うため家族が力を合わせて努力する姿を描く、実話をもとにした人間ドラマ。子役はすべてオーディションで選ばれた静岡県下の子供たちで、三浦浩一と永島暎子が主人公の兄弟の両親を演じ、ケーナ奏者としても知られる田中健が、移植医役として出演するほかに映画音楽も演奏している。

    ネット上の声

    • 詳しくは覚えてないけど、
    • 脊髄バンクに協力を
    • 脊髄バンクに協力を
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1996年
    • 製作国日本
    • 時間105分
    • 監督大澤豊
    • 主演永島暎子
  8. お嫁にゆきます
    • E
    森昌子のデビュー七周年記念作品。水上バスの係員ををしている村の人気者なつ子の愛と結婚を描く青春映画。脚本は「青い山脈(1975)」の井手俊郎、監督は「霧の旗(1965)」の西河克己、撮影は「20歳の性白書 のけぞる」の高村倉太郎がそれぞれ担当

    ネット上の声

    • お蔵出し映画祭 特別招待作品
    • 日本初公開時(1978年7月22日)、吉祥寺東宝で鑑賞
    • 特集 昭和アイドル映画の時代
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1978年
    • 製作国日本
    • 時間89分
    • 監督西河克己
    • 主演森昌子
  9. 家政婦は見た!/華麗な一族の怪しい秘密・財テクゲームの危険な落とし穴
    • E

    ネット上の声

    • 家政婦は見た!7
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1989年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督岡本弘
    • 主演市原悦子

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。