スポンサーリンクあり

全6作品。ウルリッヒ・ミューエが出演した映画ランキング

  1. 善き人のためのソナタ
    • S
    • 4.63
    秘密警察による反体制派への監視が行われていた冷戦時代の旧・東ドイツ。秘密警察局員のビースラーは、ある日“反体制派”と目される劇作家ドライマンを監視するように命じられる。ドライマンの家に盗聴器を仕掛けたビースラーだったが、彼の部屋から聞こえてきたピアノ曲「善き人のためのソナタ」に心を奪われてしまう……。監督は、本作でデビューを飾った33歳のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。第79回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞した。

    ネット上の声

    • 恐怖政治の下で関係のない人をかばうということ
    • 映画ファン必見ドイツ版オペラ座の怪人です
    • 人を変えるのも守るのも、苦しめるのも、人
    • 【特薦】1食抜いても観て頂きたい【傑作】
    戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2006年
    • 製作国ドイツ
    • 時間138分
    • 監督フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
    • 主演ウルリッヒ・ミューエ
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  2. ベニーズ・ビデオ
    • B
    • 3.76
    「ピアニスト」などで知られるオーストリアの巨匠ミヒャエル・ハネケが1992年に手がけた長編第2作。裕福な家庭で育った少年ベニーは、自分で撮影した豚の屠殺シーンの映像に魅了されていた。ある日、彼は街で知り合った少女を自宅に招き入れ、衝動的に殺害してしまう。しかもその一部始終が、部屋に設置したビデオカメラに収められていた。ビデオを見た両親は、衝撃を受けながらも息子の罪を隠蔽しようとするが……。主人公の少年ベニー役に「ファニーゲーム」のアルノ・フリッシュ。父親役を「善き人のためのソナタ」のウルリッヒ・ミューエ、母親役を「ブリキの太鼓」のアンゲラ・ビンクラーが演じた。テッサロニキ国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞。

    ネット上の声

    • 良作だけど「最近の若者は」的な陳腐さも
    • どうなるのかな、と思ってやってみる。
    • とっつきにくい初期作品
    • 16年後に見る意味。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1992年
    • 製作国オーストリア
    • 時間105分
    • 監督ミヒャエル・ハネケ
    • 主演アルノ・フリッシュ
  3. ザ・ラストUボート
    • C
    • 3.14

    ネット上の声

    • ものすごいびっくりしました!
    • 誇り高き日本人が描かれている
    • なかなかの良い映画
    • 深く静かに潜行せよ
    戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1993年
    • 製作国日本,ドイツ,アメリカ,オーストリア
    • 時間105分
    • 監督---
    • 主演ウルリッヒ・ミューエ
  4. ファニーゲーム
    • D
    • 2.80
    1997年のカンヌ国際映画祭で、そのあまりに衝撃的な展開に途中で席を立つ観客が続出。斬新なスタイルとショッキングなテーマ性でその年のカンヌの台風の目となったが、賞レースでは無視された。2001年、「ピアニスト」でカンヌのグランプリを獲ったミヒャエル・ハネケの、早すぎた金字塔的作品。

    ネット上の声

    • 鬼畜…鬼才監督が送る暴力映画の極致とは?
    • 「ファニーゲーム」への招待状をどうぞ♪
    • 「映画」をぶち壊して、もてあそぶ映画
    • 卑怯・不快・最悪・・二度と観ません
    どんでん返し、 サスペンス
    • 製作年1997年
    • 製作国オーストリア
    • 時間108分
    • 監督ミヒャエル・ハネケ
    • 主演スザンヌ・ロタール
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  5. カフカの「城」
    • E
    • 2.48

    ネット上の声

    • ここまで原作を忠実に映画化するとは…。
    • 究極の不条理、究極のハネケ映画
    • 原作よりも気楽でしょう。
    • 確かに疲れますが・・・。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1997年
    • 製作国オーストリア,ドイツ
    • 時間125分
    • 監督ミヒャエル・ハネケ
    • 主演ウルリッヒ・ミューエ
  6. わが教え子、ヒトラー
    • E
    • 2.30
    "ヒトラーに演説指導をした人物がいた"という史実を基に、独裁者ヒトラーの再生を命ぜられたユダヤ人男性がたどる壮絶な運命を、ブラックユーモアを交えながら描いた人間ドラマ。惜しくも本作が遺作となった「善き人のためのソナタ」の名優ウルリッヒ・ミューエが、強制収容所にいる家族のため憎きヒトラーへの忠誠を余儀なくされた主人公の葛藤を見事に表現。監督・脚本は、自身もユダヤ人である「ショコラーデ」のダニー・レビ。

    ネット上の声

    • この映画が作られたこと自体に意味がある
    • 黄色いジャージがお似合いです、総統!!
    • ヒトラーを茶化すヒューマン・コメディ
    • ウルリッヒ・ミューエの遺作ですから
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2007年
    • 製作国ドイツ
    • 時間95分
    • 監督ダニー・レヴィ
    • 主演ウルリッヒ・ミューエ

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。