全6作品。アナ・トレントが出演した映画ランキング

  1. 次に私が殺される

    次に私が殺される
    評価:S4.18
     実際の殺人映像=スナッフ・フィルムを題材にしたサスペンス・スリラー。映像学科の女子大生アンヘラの担当教授が殺され、現場に居合わせた彼女は教授の見ていたビデオテープがスナッフ映像であることを知る。

    サスペンス、ホラー

    ネット上の声

    無垢な少女とひねくれ少年の猟奇探偵記
    暴力をビジネスにする我々の欲望
    スナッフフィルム題材の名作
    意外と掘り出しものの映画
    製作年:1996
    製作国:スペイン
    監督:アレハンドロ・アメナーバル
    主演:アナ・トレント
    1
  2. ミツバチのささやき

    ミツバチのささやき
    評価:A3.93
    スペインの名匠ビクトル・エリセが1973年に発表した長編監督第1作。スペインの小さな村を舞台に、ひとりの少女の現実と空想の世界が交錯した体験を、主人公の少女を演じた子役アナ・トレントの名演と繊細なタッチで描き出した。スペイン内戦が終結した翌年の1940年、6歳の少女アナが暮らす村に映画「フランケンシュタイン」の巡回上映がやってくる。映画の中の怪物を精霊だと思うアナは、姉から村はずれの一軒家に怪物が潜んでいると聞き、その家を訪れる。するとこそには謎めいたひとりの負傷兵がおり……。2017年、世界の名作を上映する企画「the アートシアター」の第1弾として、監督…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    愛らしくてとても、とてもおそろしい映画
    抗しがたい死の魅力
    非常にセンスの良さを感じる作品☆4つ
    動きが少なくてちょっと退屈した
    製作年:1973
    製作国:スペイン
    監督:ヴィクトル・エリセ
    主演:アナ・トレント
    2
  3. カラスの飼育

    カラスの飼育
    評価:B3.70
    感受性の強い9歳の少女の姿を現実と空想の中で描く。製作はエリアス・ケレヘタ、監督・脚本は「血の婚礼」のカルロス・サウラ、撮影はテオ・エスカミーリャ、音楽はジャネット、美術はラファエル・パルメロが担当、主演はアナ・トレント、ジェラルディン・チャップリンほか。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    羊は数えた?作品。
    ポップなサントラが頭から離れない
    アナ・トレントの黒い瞳
    演出が雑すぎる(汗)
    製作年:1975
    製作国:スペイン
    監督:カルロス・サウラ
    主演:アナ・トレント
    3
  4. 血と砂

    血と砂
    評価:E2.19
     貧乏から抜け出すため闘牛士を目指す若者ホアン(ライデル)。ついに念願叶って鮮烈なデビューを飾る。
    製作年:1989
    製作国:スペイン
    監督:ザビエル・エロリエッタ
    主演:クリストファー・ライデル
    4
  5. エル・ニド

    エル・ニド
    評価:E0.00
     妻に先立たれた初老の男と、十三歳の少女との愛の模様を描いた作品。出演は「ミツバチのささやき」のA・トレントで、彼女はこの作品でモントリオール映画祭の主演女優賞を獲得した。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    同じものに共感する、同じものが見える
    ミツばちはささやかなかった
    少女が演じる女
    製作年:1980
    製作国:スペイン
    監督:ハイメ・デ・アルミニャン
    主演:アナ・トレント
    5
  6. ゴースト・オブ・チャイルド

    ゴースト・オブ・チャイルド
    評価:E0.00
    出産を終えて郊外に引っ越してきた元小児科医のフランチェスカと旦那のペドロ。しかしその日から、フランチェスカの回りで不思議なことが起こり始め…。『永遠の子供たち』等に続くスパニッシュ・ミステリアス・ホラー。

    ホラー

    ネット上の声

    地味なオカルト作品
    オカルトの秀作
    製作年:2009
    製作国:スペイン
    監督:エリオ・キロガ
    主演:アナ・トレント
    6

スポンサードリンク