全6作品。メア・ウィニンガムが出演した映画ランキング

  1. 8月のメモワール

    8月のメモワール
    評価:B3.74
    イライジャ・ウッドが子役として出演した感動戦争ドラマ。ベトナム戦争から帰還したスティーブは、これで平穏な生活が戻ったと思っていたが…。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    父親が息子に伝えたかったもの
    しぶいコスナーもいいです
    なかなか感動したぜ。
    もう少しユーモアを
    製作年:1995
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・アヴネット
    主演:イライジャ・ウッド
    1
  2. ターナー&フーチ/すてきな相棒

    ターナー&フーチ/すてきな相棒
    評価:C3.49
     T・ハンクス扮する潔癖症の男と、とっても下品な犬によるドタバタ・コメディ。小さな港町の警察捜査官スコット・ターナーは、異常なまでに几帳面な男。

    コメディ

    ネット上の声

    公開当時パンフレットの解説より
    レビューから外れてすみません
    可愛い犬が全てじゃない!
    不細工な可愛い犬の話
    製作年:1989
    製作国:アメリカ
    監督:ロジャー・スポティスウッド
    主演:トム・ハンクス
    2
  3. プレッシャー/壊れた男

    プレッシャー/壊れた男
    評価:C3.33
    人はどのように“壊れる“のか? これはある男が一線を越えるまでの、精神のボルテージを追ったもの。正義のヒーロー役の多いチャーリー・シーンには珍しい、凶悪な主人公だ。

    ネット上の声

    窓ガラスを割ったのに直ぐ謝らない対応って
    気持ちはわかるんだけどね。
    テレビ放映で見ました
    お隣さんは怒れる男
    製作年:1997
    製作国:アメリカ
    監督:クレイグ・R・バクスリー
    主演:チャーリー・シーン
    3
  4. ジョージア

    ジョージア
    評価:E0.00
    モントリオール世界映画祭(1995年・最優秀作品賞) J・J・リーが、元女優で脚本家である、その母B・ターナーのシナリオを自らのプロデュース、主演で映画化。カントリー界のスターである姉に強いコンプレックスを抱き、アルコールや麻薬に溺れながらもインディーズ・ロック・シーンで歌い続ける一人の女性歌手の生きざまを描いた物語。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1995
    製作国:アメリカ/フランス
    監督:ウール・グロスバード
    主演:ジェニファー・ジェイソン・リー
    4
  5. ミラクル・マイル

    ミラクル・マイル
    評価:E0.00
     偶然受けた公衆電話の間違い電話から核戦争が起ることを知った青年と、それによって混乱していく町の様子を描いたパニック映画。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    80年代パニック映画の隠れた名作
    今は無き映画館で。
    お、一番乗り
    製作年:1988
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴ・デ・ジャーナット
    主演:アンソニー・エドワーズ
    5
  6. いつも隣にいてほしい

    いつも隣にいてほしい
    評価:E0.00
     「キャリー」「歌え!ロレッタ愛のために」のS・スペイセク主演のラブ・コメディ。テキサスの田舎町を舞台に、一児の母である彼女が、いつも家にいない夫との離婚し、誠実な男性との再婚をするに当たって巻き起る展開を描く。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1992
    製作国:アメリカ
    監督:マーティン・デヴィッドソン
    主演:シシー・スペイセク
    6