全16作品。泉谷しげるが出演した映画ランキング

  1. 野獣刑事(デカ)

    野獣刑事(デカ)
    評価:A3.83
     神波史男のシナリオを工藤栄一が監督した。仙元誠三によるキャメラは、光と闇をスタイリッシュに描き出すことに成功している。

    アクション

    ネット上の声

    緒形拳と工藤栄一監督の傑作
    男のアクション映画とはコレ
    カレーライスの映画
    なぜだろう
    製作年:1982
    製作国:日本
    監督:工藤栄一
    主演:緒形拳
    1
  2. あかね空

    あかね空
    評価:C3.55
    時代小説の第一人者、山本一力の直木賞受賞作品を映画化した感動作。市井に生きる人々の愛と人情、そして家族の再生を描く。

    時代劇

    ネット上の声

    内野聖陽のキャスティングと演技力が秀逸
    青空の中にある雲は、まだ動いている。
    橋渡るあかねの空に思ひこめ
    豆腐を通じて見る日本の伝統
    製作年:2006
    製作国:日本
    監督:浜本正機
    主演:内野聖陽
    2
  3. あんみつ姫

    あんみつ姫
    評価:C3.48


    コメディ

    ネット上の声

    楽しい
    意外な名作
    格差社会
    製作年:2007
    製作国:日本
    主演:井上真央
    3
  4. タカダワタル的ゼロ

    タカダワタル的ゼロ
    評価:C3.43
    2005年に56歳で急逝した伝説のフォークシンガー、高田渡のドキュメンタリー。前作『タカダワタル的』の原点ともなった2001年の年越しライブを中心に、その素朴だが絶妙なトークがさく裂する場面や、演奏シーンを余すところなく見せる。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    VINTAGE VOICE
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:白石晃士
    主演:高田渡
    4
  5. DOG STAR/ドッグ・スター

    DOG STAR/ドッグ・スター
    評価:C3.36
     盲導犬は、訓練できるようになるまでパピーウォーカーと呼ばれる仔犬育成ボランティアの家庭に預けられる。盲導犬シローのパピーウォーカーはハルカの家族だった。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    今度生まれて来るときは。。。
    犬と人間の不思議な交流
    ほのぼの。
    親子で観てもいいのでは
    製作年:2002
    製作国:日本
    監督:瀬々敬久
    主演:豊川悦司
    5
  6. ウィークエンド・シャッフル

    ウィークエンド・シャッフル
    評価:C3.26
     筒井康隆の同名短編スラップスティック小説を、中村幻児が吉本昌弘とともに脚色し映画化。週末にありとあらゆるトラブルに見舞われる家庭を描く。

    サスペンス、コメディ

    ネット上の声

    DVD出ないかなぁ
    製作年:1982
    製作国:日本
    監督:中村幻児
    主演:秋吉久美子
    6
  7. 香港大夜総会 タッチ&マギー

    香港大夜総会 タッチ&マギー
    評価:C3.22
     返還直前の香港を舞台に、黒社会の取材に訪れたカメラマンとライターの姿をコミカルに描いた作品。カメラマンの柴田とルポライターの立神は、香港の麻薬取引現場に潜入した。

    コメディ

    ネット上の声

    けっこうキワドイ映画です(w
    妖しい美しさ
    普通に
    奇妙な三角関係
    製作年:1997
    製作国:日本
    監督:渡邊孝好
    主演:香取慎吾
    7
  8. ええじゃないか

    ええじゃないか
    評価:D3.06
    江戸時代末期に発生したええじゃないか騒動や百姓一揆など騒然とした世相を背景に江戸東両国界隈に生きた下層庶民のバイタリティ溢れる生活を描く。脚本は「復讐するは我にあり」の今村昌平と宮本研の共同執筆、監督も同作の今村昌平、撮影も同作の姫田真佐久がそれぞれ担当。

    時代劇、幕末

    ネット上の声

    興行不入りでも“ ええじゃないか ”!
    今村昌平が、川島雄三に奉げた映画
    底辺のエネルギーを感じる作品
    ションベンくさいレビュー
    製作年:1981
    製作国:日本
    監督:今村昌平
    主演:桃井かおり
    8
  9. 親鸞 白い道

    親鸞 白い道
    評価:D2.81
    カンヌ国際映画祭(1987年・審査員賞) 俳優の三國連太郎が企画・製作・脚本・監督を務め、カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞したドラマ。共同脚本は藤田博、音楽はYAS-KAZが担当した。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    三國連太郎さんの想いが感じられます。
    難しくって、眠くって…。
    今年は 親鸞聖人没後750回忌
    疑って疑ってかかろう
    製作年:1987
    製作国:日本
    監督:三國連太郎
    主演:森山潤久
    9
  10. キャプテントキオ

    キャプテントキオ
    評価:E2.52
    近未来、大地震で壊滅的状況に陥り無法地帯と化した東京に、フルタ(ウエンツ瑛士)とニッタ(中尾明慶)がやって来る。二人は到着早々ニセ警官に身ぐるみはがされ売られてしまう。だが、トラックで輸送中に映画屋のアロハ(いしだ壱成)らが撮影のため、トラック目がけてバズーカ砲を発射してくれたおかげで彼らは命拾いする。

    青春

    ネット上の声

    観客は僕、ひとり・・・
    ああ、ダンディ坂野
    面白いよ、意外に
    実は紙一重?
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:渡辺一志
    主演:ウエンツ瑛士
    10
  11. 雨の首ふり坂

    雨の首ふり坂
    評価:E2.51
    作家・池波正太郎が自身の短編小説を書き改めた戯曲を、河毛俊作監督が映像化した時代劇。長年殺し屋として生きてきた主人公の行く末を描き出す。

    時代劇

    ネット上の声

    親分衆や切られ役って大事だったのですね
    渡世人ハードボイルド
    あの河毛監督が時代劇
    往年の時代劇彷彿
    製作年:2018
    製作国:日本
    監督:河毛俊作
    主演:中村梅雀
    11
  12. オムライス

    オムライス
    評価:E1.94
    木村祐一自身が街で見つけた<モノ>を写真に収め、ツッコミや妄想で独自の世界観を笑いに変えていく「写術」。その「写術」の世界観の中から連想・空想したいくつもの物語の数々を映画作品として映像化。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ※注 これは映画ではありません。
    自己満足なプライベートビデオ
    考えられへん
    おもんない
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:木村祐一
    主演:木村祐一
    12
  13. heat after dark ヒート・アフター・ダーク

    heat after dark ヒート・アフター・ダーク
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ、アクション、サスペンス
    製作年:1999
    製作国:日本
    監督:北村龍平
    主演:渡部篤郎
    13
  14. 時代屋の女房

    時代屋の女房
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ
    製作年:2006
    製作国:日本
    主演:渡瀬恒彦
    14
  15. 赤い帽子の女 (Die Frau mit dem ro "ten Hut)

    赤い帽子の女 (Die Frau mit dem ro "ten Hut)
    評価:E0.00
    赤い帽子の女 (Die Frau mit dem ro

    ネット上の声

    異国の神代監督
    製作年:1982
    製作国:日本
    監督:神代辰巳
    主演:永島敏行
    15
  16. ロード オブ ライブ

    ロード オブ ライブ
    評価:E0.00


    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    泉谷しげる ROAD OF LIVE
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:泉谷しげる
    主演:泉谷しげる
    16

スポンサードリンク