全4作品。メアリー・ユーアが出演した映画ランキング

  1. 荒鷲の要塞

    荒鷲の要塞
    評価:C3.37
    「ナバロンの要塞」の作家アリステア・マクリーンのオリジナル・シナリオ(彼はのちに、この脚本を小説化している)を、俳優から転じた「追いつめて殺せ!」のブライアン・G・ハットンが監督したアクション篇。撮影は「暗殺! 5時12分」のアーサー・イベットソンで、ロケ地はオーストリア・アルプスのザルツブルグ地方である。音楽は「クロスボー作戦」のロン・グッドウィンが担当した。出演は「危険な旅路」のリチャード・バートン、「夕陽のガンマン」シリーズのクリント・イーストウッド、「カスター将軍」のメアリー・ユーア、「ジョーカー野郎」のマイケル・ホーダーンほか。製作は「今宵限りの恋…

    戦争

    ネット上の声

    戦争アクションの秀作・イーストウッド男前
    プロゲーマーによる1Pプレイはスミス少佐
    アクション要素 < スパイ推理要素
    タランティーノの偉大さを再認識
    製作年:1968
    製作国:アメリカ/イギリス
    監督:ブライアン・G・ハットン
    主演:リチャード・バートン
    1
  2. ナイルを襲う嵐

    ナイルを襲う嵐
    評価:E0.00
     スーダンで起こった回教徒の反乱軍に身を投じた、4人の若者の活躍を描くアクション。A・E・W・メイソン原作の『四枚の羽根』の映画化作品。

    アクション
    製作年:1955
    製作国:イギリス
    監督:テレンス・ヤング
    主演:アンソニー・スティール
    2
  3. 反抗の渦

    反抗の渦
    評価:E0.00
    第二次大戦直後のマレー植民地に起った独立運動と、共産ゲリラ軍の激突で混乱した現地に赴任した医者が、現住民のために献身的につくす姿を描いた物語。ジェームズ・ラムゼイ・ウルマンの原作をジル・クレージイが脚色、「黄金の龍」のロナルド・ニームが監督した。撮影は「戦艦シュペー号の最後」のクリストファー・チャリス、音楽はジェームズ・バーナードが担当。出演は「尼僧物語」のピーター・フィンチ、「ナイルを襲う嵐」のメアリー・ユーア、「舞姫夫人」のナターシャ・パリー、ロバート・フレミング、マイケル・ホーダーン、ジョン・カーニー等。
    製作年:1957
    製作国:イギリス
    監督:ロナルド・ニーム
    主演:ピーター・フィンチ
    3
  4. 怒りを込めて振り返れ

    怒りを込めて振り返れ
    評価:E0.00
     ロンドン出身の劇作家ジョン・オズボーンの代表作を映画化。監督は、これが初長編作品となるトニー・リチャードソン。

    ヒューマンドラマ、青春
    製作年:1958
    製作国:イギリス
    監督:トニー・リチャードソン
    主演:リチャード・バートン
    4