全4作品。タミー・ブランチャードが出演した映画ランキング

  1. ラビット・ホール

    ラビット・ホール
    評価:A3.83
    わが子の命を奪った少年との交流を通して悲しみを乗り越えようとする母親を、ニコール・キッドマンが演じる感動の人間ドラマ。ピューリッツァー賞受賞の戯曲を基に劇作家のデヴィッド・リンゼイ=アベアー自身が脚本を手掛け、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のジョン・キャメロン・ミッチェル監督が映画化。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    誰もがポケットの中で小さな石を転がして。
    岩のような悲しみは、ポケットの中の小石へ
    記憶を洗い流す浄化クリーンアップ闘争
    ポケットの小石に変わるまで
    製作年:2010
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル
    主演:ニコール・キッドマン
    1
  2. グッド・シェパード

    グッド・シェパード
    評価:D3.09
    1961年4月17日、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより失敗し、CIAは窮地に立たされる。その数日後、作戦を指揮したエドワード(マット・デイモン)の元にCIA内通者と敵側スパイと思われる男女が映ったテープが届く。彼は部下のレイ(ジョン・タートゥーロ)にその分析を依頼するが……。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    アメリカ人向けなので、予備知識は多少必要
    アメリカ人のための映画?日本人はどう?
    ゴッドファーザーと並べないでくれ
    アメリカ現代史を描写した作品。
    製作年:2006
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・デ・ニーロ
    主演:マット・デイモン
    2
  3. インビテーション

    インビテーション
    評価:E2.55
    シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2015で最優秀長編映画賞に輝いたスリラー。音信不通だった元妻からパーティーに招かれた男が、思わぬ事態に直面する。

    サスペンス

    ネット上の声

    衝撃のラストと宣伝しないほうがいい!
    序盤30分で、オチがバレバレ!(@_@)
    キアヌ・リーブス似の主人公
    ほし ふたつ!
    製作年:2015
    製作国:アメリカ
    監督:カリン・クサマ
    主演:ローガン・マーシャル=グリーン
    3
  4. シャッター リフレクション

    シャッター リフレクション
    評価:E2.29
    とある邸宅で偶然見つけた他人のホームビデオ。そこには、夫が妻を殺害する衝撃的な光景が。恐怖に怯えるヒロインの前に、突如ビデオの男が現れて…。逃げ場のない密室で、見知らぬ男に追い詰められていくヒロインの恐怖を描いたスリラー。

    ホラー

    ネット上の声

    今度のゾーラバーチはおばけだよ!
    二番目に好きな人
    原題は『deadline』
    邦題が・・・
    製作年:2009
    製作国:アメリカ/マレーシア
    監督:ショーン・マコンヴィル
    主演:ブリタニー・マーフィ
    4