全6作品。アルド・シルヴァーニが出演した映画ランキング

  1. カビリアの夜

    カビリアの夜
    評価:A3.93
    アカデミー賞(1958年・外国語映画賞)カビリアはローマの夜の女。人のよい彼女は何度も男にだまされて泣きをみるが、人を信じて疑わない無垢な魂をもっていた。夜ごと男たちに拾われ、ある時は有名な映画スターに会ったり、ある時は教会で敬虔な気持ちに襲われたり。そんなある日、彼女の前にオスカルという青年が現れる。カビリアはオスカルに夢中になり彼から結婚を申し込まれると、家を売り払ってすべてを金に替えてしまう。だがオスカルもこれまでの男と同じだった。泣きくずれるカビリア。それでもその泣き顔にいつしか微笑みが戻ってくる。無垢な魂の遍歴を優しく描いたペーソスの漂う名作。マシーナの演技が素晴らしい。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    少しフェリーニのこと判ったような気がした
    表情豊かなヒロインが魅力の☆3つ
    えらいぞ!愛らしいカビリア
    がんばれ!おばちゃん。
    製作年:1957
    製作国:イタリア
    監督:フェデリコ・フェリーニ
    主演:ジュリエッタ・マシーナ
    1
  2. 道
    評価:A3.90
    アカデミー賞(1957年・外国語映画賞) 怪力自慢の大道芸人ザンパノが、白痴の女ジェルソミーナを奴隷として買った。男の粗暴な振る舞いにも逆らわず、彼女は一緒に旅回りを続ける。

    不幸な結末のバッドエンド、知的障害

    ネット上の声

    国際名優アンソニー・クインが強烈に印象的
    泣く事を初めて知った男
    人間の価値を問うたネオ・リアリズムの秀作
    ジェルソミーナからザンパノへ・・・
    製作年:1954
    製作国:イタリア
    監督:フェデリコ・フェリーニ
    主演:アンソニー・クイン
    2
  3. パルムの僧院

    パルムの僧院
    評価:E0.00
     文豪スタンダールの時代小説の映画化で、19世紀初頭を舞台に、一人の青年の波乱万丈の人生を描く。1815年、青年ファブリスがナポリからパルムへと戻ってきた。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ジェラール・フィリップの端正さに驚いた
    原作はスタンダール
    きれいでした!
    製作年:1947
    製作国:フランス
    監督:クリスチャン=ジャック
    主演:ジェラール・フィリップ
    3
  4. 拳銃を売る男

    拳銃を売る男
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ
    製作年:1953
    製作国:アメリカ
    監督:ジョセフ・ロージー
    主演:ポール・ムニ
    4
  5. 雲の中の散歩

    雲の中の散歩
    評価:E0.00
     妻帯しているセールスマンが、一人の女性から、自分と一緒に両親に会ってくれと依頼される。彼女は妊娠したのだが、男に捨てられてしまったのだ、という。
    製作年:1942
    製作国:イタリア
    監督:アレッサンドロ・ブラゼッティ
    主演:ジーノ・チェルヴィ
    5
  6. 流血の機関銃

    流血の機関銃
    評価:E0.00
    製作年:1957
    製作国:スペイン
    監督:シルヴィオ・シアノ
    主演:マッシモ・ジロッティ
    6

スポンサードリンク