全4作品。カトリーナ・ボウデンが出演した映画ランキング

  1. タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら

    タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら
    評価:A3.95
    休暇を過ごすため森へやって来た2人の男が、キャンプ中の若者たちに凶悪な殺人鬼と勘違いされたことから巻き起こる騒動を描いたスプラッター・コメディー。思わぬ誤解から死人が続出する事態に陥っていく気のいい中年男2人を、『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』のタイラー・ラビーンと、『3時10分、決断のとき』のアラン・テュディックが演じる。

    コメディ

    ネット上の声

    【驚愕】勝手に殺人鬼認定された結果...
    スプラッターだけど安心して観られる
    フラグ満載、切株ラブコメ
    最後に笑うのは誰?
    製作年:2010
    製作国:カナダ
    監督:イーライ・クレイグ
    主演:タイラー・ラビーン
    1
  2. マッド・ナース

    マッド・ナース
    評価:D2.88
    ニューヨークの巨大病院を舞台にしたバイオレンススリラー。優秀な看護師にして連続殺人鬼でもある女性の凶行を、その正体に気付いた人事部長との対峙(たいじ)などを絡めて活写する。

    サスペンス、ホラー

    ネット上の声

    主人公の顔が一番ホラー
    看護師は天使じゃない
    まるでダメ
    エログロナンセンスかと思いきや、しっかりとしたサスペンスホラーだっ...
    製作年:2013
    製作国:アメリカ
    監督:ダグラス・アーニオコスキー
    主演:パス・デ・ラ・ウエルタ
    2
  3. LOCKDOWN ロックダウン

    LOCKDOWN ロックダウン
    評価:E2.49
    制御不能に陥った人工知能搭載のハイテク車と、たった一人で戦うヒロインの姿を描くパニックアクション。携帯も通じない無人の荒野で、防護モードを発動した車に閉じ込められた息子を救い出そうとするヒロインを、『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』などのカトリーナ・ボウデンが熱演する。

    アクション、サスペンス

    ネット上の声

    母は強しか。AI社会に警鐘を鳴らす異色作
    設定はいいけど
    面白い!!日常にある落とし穴。
    KING OF クソ
    製作年:2016
    製作国:イタリア,アメリカ
    監督:イヴァン・シルヴェストリニ
    主演:カトリーナ・ボウデン
    3
  4. ホーンテッド・プリズン

    ホーンテッド・プリズン
    評価:E1.70


    ホラー

    ネット上の声

    くだらなさのレベルが低い。
    何やこれ?
    墓地の近くを通る時は息を止めましょう。
    緊迫感ゼロどころか・・・
    製作年:2012
    製作国:アメリカ
    監督:ジャーレッド・コーン
    主演:カトリーナ・ボウデン
    4

スポンサードリンク