全8作品。デフォレスト・ケリーが出演した映画ランキング

  1. 故郷(ふるさと)への長い道/スター・トレック4

    故郷(ふるさと)への長い道/スター・トレック4
    評価:A3.87
    地球の危機を救うカーク船長以下エンタープライズ号のクルーの活躍を描くシリーズ第4弾。エグゼクティブ・プロデューサーはラルフ・ウィンター、製作はハーヴ・ベネット、監督はシリーズ第3作「スター・トレック3 ミスター・スポックを探せ!」のレナード・ニモイ。ニモイとベネットのストーリーをベネット、スティーヴ・メアソン、ピーター・クリークス、ニコラス・メイヤーの4人が脚本化、撮影はドン・ピーターマン、音楽はレナード・ローゼンマンがそれぞれ担当。出演はウィリアム・シャトナー、レナード・ニモイ、キャサリン・ヒックスほか。

    SF、アドベンチャー(冒険)、スター・トレック

    ネット上の声

    捕鯨反対のプロパガンダ映画
    スター・トレック/番外編
    TVシリーズのノリ復活
    スポック監督!
    製作年:1986
    製作国:アメリカ
    監督:レナード・ニモイ
    主演:ウィリアム・シャトナー
    1
  2. スター・トレック2/カーンの逆襲

    スター・トレック2/カーンの逆襲
    評価:B3.60
     カーク提督への復讐を誓うカーンが“ジェネシス”と呼ばれる惑星改造兵器を奪取、訓練生ばかりを載せたテスト航海のエンタープライズの前に立ちはだかる……。

    SF、宇宙、スター・トレック

    ネット上の声

    イントゥ・ダークネスのオリジナル版
    カーンの執念深さは凄まじい!!
    前作よりは進化したものの・・・
    カンバーバッチはわるくないよ
    製作年:1982
    製作国:アメリカ
    監督:ニコラス・メイヤー
    主演:ウィリアム・シャトナー
    2
  3. スター・トレックVI/未知の世界

    スター・トレックVI/未知の世界
    評価:C3.44
    人気SFシリーズの第6弾。今回は地球連邦と宿敵クリンゴンとの和解交渉を描く。監督は「ロシアン・ルーレット」のニコラス・メイヤー。彼はシリーズ第2作の監督と第4作の脚本も務めている。脚本はメイヤーとデニー・マティン・フリン。原案はレナード・ニモイ、ローレンス・コナー、マーク・ローゼンタール。ニモイは今回、エグゼクティヴ・プロデューサーも兼任している。撮影は「ロケッティア」のヒロ・ナリタ、音楽はクリフ・エイデルマンが担当。シリーズ生みの親ジーン・ロッデンベリー昨年の死去を悼み、冒頭“For Gene_Roddenberry”とオマージュが捧げられている。視覚効果…

    SF、アドベンチャー(冒険)、スター・トレック

    ネット上の声

    公開当時パンフレットの解説より
    初期シリーズ世界の大団円。
    旧シリーズの終わり
    純然たる夢物語
    製作年:1991
    製作国:アメリカ
    監督:ニコラス・メイヤー
    主演:ウィリアム・シャトナー
    3
  4. スター・トレック

    スター・トレック
    評価:C3.41
    時は23世紀、謎のエイリアンの襲撃に立ち向うスター・シップ“エンタープライズ号”の乗組員の必死の防衛を描くSF映画。製作はジーン・ロッデンベリー、監督は「オードリー・ローズ」のロバート・ワイズ。ジーン・ロッデンベリーの創作を基にしたアラン・ディーン・フォスターの原案を基にハロルド・リビングストンが脚色。撮影はリチャード・H・クライン、音楽はジェリー・ゴールドスミス、編集はトッド・ラムゼイ、製作デザインはハロルド・マイケルソン、衣裳はボブ・フレッチャー、メーク・アップはフレッド・フィリップス、ハンナ・フィリップスとヴィー・ニール、特殊効果はダグラス・トランブル、ジョン・ダイクストラ(当初はロバ…

    SF、アドベンチャー(冒険)、宇宙、スター・トレック

    ネット上の声

    映画界進出はちょっと奥手になったエンタープライズ号
    超豪華な同窓会映画だけどオチがショボい!
    初めて買ったビデオソフトが本作でした
    哲学的であり、崇高なSFストーリー
    製作年:1979
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ワイズ
    主演:ウィリアム・シャトナー
    4
  5. スター・トレック3/ミスター・スポックを探せ!

    スター・トレック3/ミスター・スポックを探せ!
    評価:C3.25
    恐るべき破壊兵器となるジェネシス計画をめぐるクリンゴンとエンタープライズ・クルーの戦いを描くSF映画。「スター・トレック」(79)「スタートレック2/カーンの逆襲」(82)につづくシリーズ第3弾。製作・脚本はハーヴ・ベネット、エグゼクティヴ・プロデューサーはゲイリー・ナーディノ。監督はスポック役を演じているレナード・ニモイで、TVや舞台の演出は数多く手がけているが、劇場映画はこれがデビュー作に当る。撮影はチャールズ・コレル、音楽は前作に引き続いてジェームズ・ホーナーが担当。特殊効果監修はボブ・ドーソン。特殊ヴィジュアル効果はILMで製作された。シリーズの創造者ジーン・ロッデンベリーは総顧問と…

    SF、アドベンチャー(冒険)、スター・トレック

    ネット上の声

    バルカン人って実は『凄い』んです(笑)
    ミスター・スポックが監督
    ジェネシスへ向かう
    再生
    製作年:1984
    製作国:アメリカ
    監督:レナード・ニモイ
    主演:ウィリアム・シャトナー
    5
  6. スター・トレック5/新たなる未知へ

    スター・トレック5/新たなる未知へ
    評価:D2.86
    ゴールデンラズベリー賞(1990年・最低作品賞) カーク船長ことW・シャトナー自らがメガホンを取ったシリーズ第5作。中立地帯の惑星で起こった反乱に端を発し、スポックの腹違いの兄によって乗っ取られたエンタープライズが“神”を求めて宇宙の深淵部へ進む……。

    SF、スター・トレック

    ネット上の声

    ほのぼのスタトレも良いと思うんだけどなあ
    「いや神様、それはおかしいだろ」
    ラズベリー賞はないと思う。
    艦長の逆噴射(古!)。
    製作年:1989
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・シャトナー
    主演:ウィリアム・シャトナー
    6
  7. ハリウッド・アルバム

    ハリウッド・アルバム
    評価:E0.00
    「ハリウッド玉手箱」「ハリウッド宝船」と同様、スター連総出演の顔見世ミュージカル・コメディで、パラマウント専属のクロスビー、ホープ、クーパー、ミランド、ラッド、スタンウィク、ゴダード、ラムーア、リザベス・スカット以下のスター、デミル、ライゼンら監督、脚本家のフランク・バトラーなどが登場する。「ロード・シリーズ」「ハリウッド宝船」のダニエル・デア製作になる1947年度作品で、「腰抜け二挺拳銃」のエドモンド・L・ハートマン、フランク・タシュリン、ロバート・L・ウェルチ、モンテ・ブライスの合作書下し脚本を、「森林警備隊」のジョージ・マーシャルが監督した。撮影はライオネル・リンドンとスチュアート・ト…

    ネット上の声

    往年のパラマウントのスターたちが続々登場
    製作年:1947
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・マーシャル
    主演:メアリー・ハッチャー
    7
  8. 連邦保安官

    連邦保安官
    評価:E0.00


    西部劇
    製作年:1964
    製作国:アメリカ
    監督:フランク・マクドナルド
    主演:オーディ・マーフィ
    8

スポンサードリンク