全7作品。ギャレット・ヘドランドが出演した映画ランキング

  1. カントリー・ストロング

    カントリー・ストロング
    評価:B3.71
    カントリーミュージックの世界を舞台に一人の女性の心の再生を描いた人間ドラマ。人気上昇中のシンガー・ソングライターであるボーは、心身不安定で酒に溺れてしまった人気女性歌手ケリーと出会う。2人はケリーのマネージャーで夫のジェームズ、そしてミスコン上がりの新人女性歌手とともに、ケリーの復活を賭けたライブツアーに出るが……。出演はケリーにグウィネス・パルトロウ、ボーに「トロン・レガシー」のギャレット・ヘドランド。監督は「The Greatest」を手がけたシャナ・フェステ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    カントリーミュージック が良い!
    なぜに日本未公開??
    君のために作った歌
    グウィネスの熱演
    製作年:2010
    製作国:アメリカ
    監督:シャナ・フェステ
    主演:グウィネス・パルトロー
    1
  2. フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い

    フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い
    評価:C3.53
    母親を殺された4人の兄弟が繰り広げるリベンジ・アクションエンターテインメント。主演は『Planet of Apes 猿の惑星』のマーク・ウォルバーグ。

    アクション

    ネット上の声

    この上なく熱い!!兄弟の復讐劇!!
    ギャレット・ヘドランド
    血の繋がらない家族の絆
    テレンス・ハワードが…
    製作年:2005
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・シングルトン
    主演:マーク・ウォールバーグ
    2
  3. ビリー・リンの永遠の一日

    ビリー・リンの永遠の一日
    評価:C3.31
    『ブロークバック・マウンテン』などのアン・リーがメガホンを取り、イラク帰還兵を題材にしたドラマ。イラク戦争での活躍で英雄としてたたえられる若き兵士ビリーが抱える、戦地での記憶と心の葛藤を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    資本主義における米軍の位置って…ホワイ?
    否めない今更感、予告がえらい。
    戦争映画の形はいろいろだね
    なんのために?
    製作年:2016
    製作国:アメリカ
    監督:アン・リー
    主演:ジョー・アルウィン
    3
  4. 不屈の男 アンブロークン

    不屈の男 アンブロークン
    評価:C3.21
    アンジェリーナ・ジョリーが『最愛の大地』に続いてメガホンを取り、第2次世界大戦で日本軍の捕虜となったオリンピックアスリートの半生を感動的に描いた戦争ドラマ。陸上競技の選手から空軍パイロットとなった主人公が、日本軍の捕虜収容所で虐待を耐え、生き抜く姿を活写する。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    日本人の本質を正確に描いた力作
    ワタナベ個人の病的な執着
    憎しみではなく、赦すこと
    観てから文句言うべき
    製作年:2014
    製作国:アメリカ
    監督:アンジェリーナ・ジョリー
    主演:ジャック・オコンネル
    4
  5. PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~

    PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~
    評価:D3.21
    著名な冒険物語「ピーターパン」を、『つぐない』などのジョー・ライト監督が独自の視点で実写映画化。ピーターパンにはオーディションで抜てきされた新星リーヴァイ・ミラー、悪役の海賊黒ひげをヒュー・ジャックマン、フック船長に『トロン:レガシー』などのギャレット・ヘドランド、タイガー・リリーを『ドラゴン・タトゥーの女』などのルーニー・マーラが演じる。

    ファンタジー、剣と魔法、ピーターパン

    ネット上の声

    忘れていた冒険心を駆り立てるご機嫌な出来
    『マレフィセント』の時も言ったけれど…
    3Dが映え、テンポの良い作品
    単純明快!A級ファンタジー
    製作年:2015
    製作国:アメリカ
    監督:ジョー・ライト
    主演:ヒュー・ジャックマン
    5
  6. トロン:レガシー

    トロン:レガシー
    評価:D3.13
    父親が創造した“トロン”と呼ばれるコンピューターの世界へ導かれた若者が、命を狙われながらも人類の存亡を賭けた死闘に挑むSFムービー大作。新鋭ジョセフ・コシンスキーが監督を務め、若者を『エラゴン 遺志を継ぐ者』のギャレット・ヘドランドが、父親を『クレイジー・ハート』のオスカー俳優ジェフ・ブリッジスがそれぞれ好演する。

    SF、ディズニー

    ネット上の声

    映画鑑賞後の我が身に生じた困った出来事
    映像の美しさをメインに楽しむべき作品
    これから観る方は、読まないで下さい!
    ジェフだけじゃなくて、トロンな彼もw
    製作年:2010
    製作国:アメリカ
    監督:ジョセフ・コシンスキー
    主演:ギャレット・ヘドランド
    6
  7. 極悪の流儀

    極悪の流儀
    評価:E2.33
    「ディパーテッド」「ワールド・オブ・ライズ」の脚本家ウィリアム・モナハンが監督・脚本を手がけたクライムサスペンス。ハリウッドの豪邸で暮らすトーマスは酒に溺れて自暴自棄になり、カリフォルニア南部のモハーベ砂漠にやって来る。その夜、浮浪者ジャックに襲われたトーマスは、争いの末になんとかその場を切り抜けるが、翌日からジャックに付け回されるように。やがてトーマスはジャックと間違えて警官を射殺してしまい、その現場をジャックに目撃されてしまう。動揺しながらも証拠を隠滅し、自宅へと戻るトーマスだったが……。ジャック役を「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のオスカー・アイザック、トーマス役を「トロン:レガシ…

    サスペンス

    ネット上の声

    説明不足でわかりにくい
    特に心に残る作品では無かったかなぁ
    時々…少し眠くなってしまった…。
    こういうのもありかと・・・・
    製作年:2015
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・モナハン
    主演:オスカー・アイザック
    7

スポンサードリンク