全20作品。ジョン・カサヴェテスが出演した映画ランキング

  1. オープニング・ナイト

    オープニング・ナイト
    評価:S4.13
     舞台の名女優マートル(ローランズ)は演出家ヴィクター(ギャザラ)や俳優モーリス(カサヴェテス)ら気心知れた仲間たちと新作『二番目の女』に取り組んでいた。ある夜の公演後、群がるファンをかき分け進むマートルに抱きつく一人の少女。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    女優を演じる”女優”ジーナ・ローランズ
    舞台のタイトルは「セカンド・ウーマン」
    避けられない“老い”を受け入れる覚悟
    カサヴェテス流「ガラスの仮面」
    製作年:1978
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・カサヴェテス
    主演:ジーナ・ローランズ
    1
  2. 殺人者たち

    殺人者たち
    評価:A3.83
     ヘミングウェイの短編小説をベースにしたハードボイルド・アクション。殺し屋のチャーリーは、ギャングの金を奪って逃げた、元レーサーの殺害を依頼される。

    アクション

    ネット上の声

    ドン・シーゲル監督作は信用できます。
    二人組みの殺し屋の脅しが素晴らしい。
    ハードボイルド
    そして誰もいなくなった
    製作年:1964
    製作国:アメリカ
    監督:ドン・シーゲル
    主演:リー・マーヴィン
    2
  3. ラヴ・ストリームス

    ラヴ・ストリームス
    評価:A3.79
    ベルリン国際映画祭(1984年・金熊賞)アメリカのインディペンデント映画の先駆者であり、俳優でもあった『グロリア』などのジョン・カサヴェテス監督による人間ドラマ。アメリカとフランスで離れ離れで暮らしていた姉弟の再会をきっかけに起きる、人間関係のきしみを描き出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    映画作家カサヴェテスという男
    愛の流れは一方通行
    人間の生き様
    過激な姉弟
    製作年:1983
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・カサヴェテス
    主演:ジーナ・ローランズ
    3
  4. ローズマリーの赤ちゃん

    ローズマリーの赤ちゃん
    評価:C3.50
    アカデミー賞(1969年・助演女優賞) 巨匠ロマン・ポランスキーが悪魔崇拝者たちに狙われたある主婦の恐怖を描いたオカルト・サイコ・ホラー。マンハッタンの古いアパートに、若い夫婦者が越してきた。

    ホラー、トラウマになる

    ネット上の声

    ホラーの原点的傑作だが妊娠者見るべからず
    オカルト嫌いでも大丈夫☆3つ
    母は我が子を想う
    今更ながら鑑賞。有名作なのでもちろんおもしろい。今となってはどって...
    製作年:1968
    製作国:アメリカ
    監督:ロマン・ポランスキー
    主演:ミア・ファロー
    4
  5. パニック・イン・スタジアム

    パニック・イン・スタジアム
    評価:C3.37
     10万人の観衆を呑み込んだプロフットボール・チャンピオンシップの競技場で発見されたライフル魔。市警察と特別狙撃隊SWATが対策を講じる最中、無差別射撃がついに始まった……。

    サスペンス、パニック

    ネット上の声

    正体不明の犯人による無差別テロの恐怖
    1970年代パニック映画の名作はこれ!!
    スポーツに愛を込めて その70
    過小評価されてる作品では?
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:ラリー・ピアース
    主演:チャールトン・ヘストン
    5
  6. フューリー

    フューリー
    評価:C3.27
    誘拐された息子を追って奔走する元情報部員。それは、彼の息子が持つ特殊な力に目をつけたスパイ組織によるものだった。研究所に通う超能力少女の助けを得て、息子の消息に迫るのだが…。デ・パルマが「キャリー」(76)に続いて、超能力を題材にした作品。

    SF

    ネット上の声

    70年代、子どもが悪鬼になる共通の夢魔
    『キャリー』の二番煎じと侮るなかれ
    超能力ものブームはまた来るか
    超能力ホラーは好きだ
    製作年:1978
    製作国:アメリカ
    監督:ブライアン・デ・パルマ
    主演:カーク・ダグラス
    6
  7. マイキー&ニッキー

    マイキー&ニッキー
    評価:D3.18
    組織に切り捨てられ命を狙われる羽目になった男と、彼の幼なじみで同じ組織に属する男の一夜の逃避行を描いた人間ドラマ。夜の町をさまよう腐れ縁ともいうべき親友同士を、インディペンデント映画の巨匠ジョン・カサヴェテスとテレビドラマ「刑事コロンボ」シリーズのピーター・フォークという、実生活でも盟友であった2人がおかしくも切なく演じる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ドタバタ映画なのにひたすらシリアスで楽しくない
    救いようのない男
    アフターダーク
    魅力的な顔合わせ
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:エレイン・メイ
    主演:ピーター・フォーク
    7
  8. 刑事コロンボ/黒のエチュード

    刑事コロンボ/黒のエチュード
    評価:D3.05
     浮気相手の女性に結婚を迫られた、大楽団の指揮者アレックスは、自殺に見せかけて彼女を殺害する。そして自分はコンサートの指揮をとりアリバイを作り上げた。

    刑事コロンボ

    ネット上の声

    コロンボ対ジョンカサヴェテス
    決定的な証拠は何だ?!
    アリバイを崩せ☆3.0
    証拠の花
    製作年:1972
    製作国:アメリカ
    監督:ニコラス・コラサント
    主演:ピーター・フォーク
    8
  9. ミニー&モスコウィッツ

    ミニー&モスコウィッツ
    評価:D2.85
    アメリカ・インディペンデント映画の父と呼ばれた鬼才ジョン・カサヴェテス。彼が最愛の妻である女優ジーナ・ローランズとの出会いや結婚までの実体験をモデルに描き出した、心温まるロマンティック・ストーリー。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    こんな恋もいいかも
    う〜ん、、、
    普通の人々?
    ミニー&モスコウィッツ
    製作年:1971
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・カサヴェテス
    主演:ジーナ・ローランズ
    9
  10. ハズバンズ

    ハズバンズ
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    子供っぽい大人
    製作年:1970
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・カサヴェテス
    主演:ベン・ギャザラ
    10
  11. この生命(いのち)誰のもの

    この生命(いのち)誰のもの
    評価:E0.00
     自動車事故によって全身麻痺に陥った人間が死ぬ権利を求めて裁判を起こすという、B・クラークによる同名戯曲の映画化。公私ともに絶頂期にあった彫刻家ハリソンは事故によって首から下が麻痺してしまい、一生直らない事を知らされる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    死から生きる事を知る
    良い作品だと思う
    製作年:1981
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・バダム
    主演:リチャード・ドレイファス
    11
  12. ビッグ・ボス

    ビッグ・ボス
    評価:E0.00
    自身も「聖バレンタインの虐殺/マシンガン・シティ」(67)で、アル・カポネ物語を撮ったR・コーマンが、快作「ビッグ・バッド・ママ」に続いて、S・カーヴァー監督と組んだ、そのリニューアル版。1918年から1929年に渡るカポネの半生をB級アクション風にまとめあげている。

    ヒューマンドラマ、アクション

    ネット上の声

    シルベスター・スタローン映画出演第二作目
    カポネの半生
    製作年:1975
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴ・カーヴァー
    主演:ベン・ギャザラ
    12
  13. 明日よさらば

    明日よさらば
    評価:E0.00
    ミーノ・ローリとジュリアーノ・モンタンドの脚本を、ジュリアーノ・モンタルドが監督したアクションもの。撮影をエリコ・メンツェル、音楽は名手エンニオ・モリコーネが担当している。出演は「ローズマリーの赤ちゃん」のジョン・カサヴェテス、「ダブルマン」のブリット・エクランド、他にピーター・フォーク、サルヴォ・ランドーネ、ガブリエレ・フェルゼッティなど。テクニカラー、テクニスコープ。

    アクション、サスペンス

    ネット上の声

    ジョン・カサヴェテス&ピーター・フォーク
    刑事コロンボがマフィアに扮している。
    非情な世界の哀れな末路を鮮やかに
    敵は手ごわい
    製作年:1969
    製作国:イタリア
    監督:ジュリアーノ・モンタルド
    主演:ジョン・カサヴェテス
    13
  14. ブラス・ターゲット

    ブラス・ターゲット
    評価:E0.00
    第二次大戦終結直後、米軍の猛将パットン将軍の暗殺計画を軸にしたサスペンス・ドラマ。将軍の命を緻密な計画で狙う一味と、これを阻止しようとする米軍情報部との虚々実々の駆引きをスリリングに描いた作品。

    サスペンス

    ネット上の声

    仮説ーパットン将軍暗殺ー
    通好みの渋系俳優陣
    dvd化お願いします
    製作年:1978
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・ハフ
    主演:ソフィア・ローレン
    14
  15. テンペスト

    テンペスト
    評価:E0.00
    トロント国際映画祭(1982年・ピープルズ・チョイス・アウォード)男がロマンを夢見た時、奇跡の嵐がやって来た…。シェイクスピアの戯曲を、『結婚しない女』のポール・マザースキー監督が現代を舞台に映画化。ジョン・カサヴェテス、ジーナ・ローランズが映画の中でも夫婦役を演じる。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1982
    製作国:アメリカ
    監督:ポール・マザースキー
    主演:ジョン・カサヴェテス
    15
  16. 西部の旅がらす

    西部の旅がらす
    評価:E0.00
    西部を渡り歩いた拳銃渡世の旅がらす。無法の弟を前に早撃ちの腕が鳴る!デニーン(ドナルド・クリスプ)が開拓したカイオワ渓谷の放牧地。かつて早撃ちとして知られたスティーブ(ロバート・テイラー)は、デニーンから土地を買い、弟のトニー(ジョン・カサヴェテス)と牧場を経営していた。町から戻ったトニーは、ジョーンという名の女(ジュリー・ロンドン)と新しい銃を持ち帰ってくる。そして銃を捨てたスティーブを自分が守ると言って、早撃ちの練習を重ねるのだった。12歳まで各地を転々としていたジョーンは、現状から抜け出したくて牧場にやってきたとスティーブに話す。翌日、ジョーンを連れて町にやってきたトニーは、牧場をクビになったダラスと再会する。酒場に入ったトニーの前に、スティーブを探す流れ者の男が現れた。トニーは、男を挑発し、撃ち殺してしまう。デニーンは、次にトニーが決闘したら町から追放すると伝スティーブに伝える。ジョーンを連れて牧場へ戻る途中、農民の一団を見かけたスティーブは、彼らに声をかける。リーダーのクレイは、20年前に土地を捨てた男の息子だった。食い詰めて仲間の半分を失ったクレイたちは、最後の寄る辺としてここにやって来たのだった。スティーブが去った後、酔っ払ったトニーとダラスが、クレイをいたぶり、馬車に火をかけてしまう。デニーンは、クレイの主張を聞き入れ、土地の周囲に鉄条網を張ることを認めた。それを知ったトニーは、朝、町でクレイを待ち伏せ、スティーブが止めるのも聞かずにクレイを撃ち殺してしまう。もはや町の無法者となった弟を倒すため、スティーブは捨てたはずの銃を再び手にするする・・・。若き日のジョン・カサヴェテスが気性の激しい弟を演じ、共演したジュリー・ロンドンが主題歌も担当した。

    西部劇
    製作年:1958
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・パリッシュ
    主演:ロバート・テイラー[俳優]
    16
  17. 暴力の季節

    暴力の季節
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:ドン・シーゲル
    主演:ジェームズ・ホイットモア
    17
  18. 暴力波止場

    暴力波止場
    評価:E0.00
     後に「寒い国から帰ったスパイ」などを撮ったマーティン・リットの監督第一作。波止場で人夫として働いてた若者(J・カサヴェテス)は、自動車事故で兄を死なせてしまったという心の傷を負っていた。
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:マーティン・リット
    主演:ジョン・カサヴェテス
    18
  19. 二十四時間の恐怖

    二十四時間の恐怖
    評価:E0.00
    「明日なき男」のアンドリュー・L・ストーンが実話にもとずいて製作・脚本・監督に当たった1955年犯罪活劇で、「死刑囚2455号」のフレッド・ジャックマン・ジュニアが撮影を、「三人の名付け親」のルシアン・カイリエが音楽を担当した。出演者は「欲望の谷」のジャック・ケリー、テレビ・スターのヒルディ・パークス、ジョン・カサヴェテス、「死刑囚2455号」のヴィンス・エドワーズ、デイヴィッド・クロスなど。

    サスペンス
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:アンドリュー・L・ストーン
    主演:ジャック・ケリー
    19
  20. 俺はプロだ!

    俺はプロだ!
    評価:E0.00
     主人公は、泥棒のプロを自認して、仕事中は決して人を殺さなかった。だが、ある強盗仕事のとき、相棒に選んだ男が警官を射殺してしまう。
    製作年:1969
    製作国:イタリア
    監督:アルベルト・デ・マルチーノ
    主演:ジョン・カサヴェテス
    20

スポンサードリンク