スポンサーリンクあり

全12作品。范文雀が出演した映画ランキング

  1. 横溝正史シリーズ/夜歩く
    • C
    • 3.43

    ネット上の声

    • ほし よっつ
    サスペンス、 金田一耕助
    • 製作年1978年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督水野直樹
    • 主演古谷一行
  2. 精霊のささやき
    • E
    • 2.70
    心を病んだ人々が住む洋館にやって来た少女が、彼らの淋しい気持をとぎほぐしていく様を描いていく幻想映画。脚本は植岡喜晴と岡村香織の共同執筆。監督は今迄、自主映画を手がけ、これが劇場用第一作目となる植岡喜晴、撮影は「夢みるように眠りたい」の長田勇市がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 映画自体内容に訴求力は無いが、ここでのつみきみほの魅力はどてらいもの
    • 名だたる役者のすばらしい存在感もさることながら、繊細で豊かなイマジネーションが炸
    • 植岡さんの映画にしてはかなりシリアスで、移動撮影も多く使用されていて、こんなウェ
    • 空間と空間をバンバン繋げて、他者と同じ目線で接そうと試みているつみきみほをみて、
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1987年
    • 製作国日本
    • 時間90分
    • 監督植岡喜晴
    • 主演つみきみほ
  3. めまい
    • E
    • 2.59
    「経験」「私生活」で人気の高い辺見マリの同名曲の映画化。脚本は「花の不死鳥」の石森史郎。監督は「内海の輪」の斎藤耕一。撮影も同作の竹村博がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • ショーケンが意味もなく波打ち際を車で爆走して事故ることにより、登場人物が各々好き
    • 中沢マリ(辺見)は都会に出てスター街道を行くが故郷の仲間や恩を忘れる事なくマメに
    • ラピュタ阿佐ヶ谷のレイトショー『青春彷徨 ―映像詩人 齋藤耕一のあしあと―』にて
    • ミステリーコーナーに置いてあるのに中盤までまったく人が死なない
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1971年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督斎藤耕一
    • 主演辺見マリ
  4. 大幹部 ケリをつけろ
    • E
    • 2.44
    渡哲也のイメージを決定づけた大幹部シリーズ第二作。脚本は大工原正泰の原作をもとに中西隆三が執筆した。監督は小沢啓一、撮影は横山実。「女の警察 乱れ蝶」と同じスタッフメンバー。

    ネット上の声

    • ダボシャツに黒革のジャンパー肩かけ全身黒(雪駄は白鼻緒)で出所してその足で白いス
    • チンピラ3人でぐるぐると新宿駅前を走るショットが気持ち良かったが、トータルでは前
    • ソフトフォーカスのベッドシーンからなんてロマンポルノかと思っちゃったー
    • ダーツで滅多刺しにされて、刺さったダーツの尻を撫でられる拷問が良い
    • 製作年1970年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小沢啓一
    • 主演渡哲也
    • 定額
    • レンタル
  5. モーニング・ムーンは粗雑に
    • E
    • 2.34
    横浜を舞台に、ふとしたことで出会った青年と女子大生の一日の出来事を描く。脚本は「ホワイトラブ」の小林竜雄、監督は初めて映画に取り組む渡辺正憲、撮影は田中正博がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 若者よ、そこは叩いても大きくなりません
    • 『無力の王』と並ぶ高樹澪のデビュー作
    • 映画としては今ひとつだけれども、高木澪のデビュー作にして、サザンオールスターズの
    • これは、サザンの音楽とデビュー当時の高木澪さんが見られることと、横浜の元町でロケ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1981年
    • 製作国日本
    • 時間98分
    • 監督渡辺正憲
    • 主演斎藤淳之助
    • 定額
    • 定額
  6. マリアの胃袋
    • E
    • 2.02
    南の島を舞台に、女を漁って食する怪物の恐怖をユーモラスに描く。脚本は「ベッド・パートナー BED PARTNER」の西岡琢也が執筆。監督はこれがデビュー作となる平山秀幸。撮影は「座頭市」の長沼六男がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • お醤油の味がキツイ!!
    • 人がひとり死んでも特に気にしないゆるゆるぐだぐだの世界観、ホラーとしては致命的な
    • 記録(劣化版『HOUSE』かなぁ~ テンポも美術も悪く、退屈だったなぁ(>_<)
    • なんとも珍妙かつだらだらした映画なんだけど不思議と嫌いじゃない
    ホラー
    • 製作年1990年
    • 製作国日本
    • 時間104分
    • 監督平山秀幸
    • 主演柄本明
  7. さらば掟
    • E
    一人の女を愛したことから巨大な暴力組織に追いつめられる男の苦悩を描く。渡哲也の松竹主演第一回作品。舛田利雄の原案を「関東破門状(1971)」の鴨井達比古が脚本化した。監督は、「暁の挑戦」の舛田利雄。撮影は「甦える大地」の金宇満司がそれぞれ担当。
    アクション
    • 製作年1971年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督舛田利雄
    • 主演渡哲也
  8. テキヤの石松
    • E
    自ら“石松”を名乗るテキヤを主人公に、彼を取りまく様々な人物が捲き起こすアクション喜劇。脚本は「任侠花一輪」の村尾昭と「くノの一忍法 観音開き」の松本功、監督は脚本も執筆している「激突!合気道」の小沢茂弘、撮影は「実録外伝 大阪電撃作戦」の増田敏雄がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • <『無冠の男 松方弘樹伝』(松方弘樹 著、伊藤彰彦 著)刊行記念 追悼 松方弘樹
    • 欲望がダイレクトに表れてて、とても良いです
    • 話は無茶苦茶だけど、随所で爆笑!
    • @ 新世界東映観!
    • 製作年1976年
    • 製作国日本
    • 時間91分
    • 監督小沢茂弘
    • 主演松方弘樹
  9. 素浪人罷り通る 矢立峠に裏切りを見た
    • E
    時代劇
    • 製作年1983年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督鷹森立一
    • 主演三船敏郎
  10. 可愛い悪女
    • E
    カーセックスやモテルなどの現代風俗とエロティシズムを盛り込んだサスペンスドラマ。脚本・監督は「人間標的」の井上梅次、撮影も同作の小杉正雄がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • その名は~リル・リル、可愛い悪女~♪
    サスペンス
    • 製作年1971年
    • 製作国日本
    • 時間84分
    • 監督井上梅次
    • 主演范文雀
  11. 可愛い悪女 殺しの前にくちづけを
    • E
    「可愛い悪女」シリーズ第二作。脚本・監督は「可愛い悪女」の井上梅次。撮影は「喜劇 頑張らなくっちゃ!」の丸山恵司が担当。

    ネット上の声

    • 笵文雀が照れながら歌う姿は可愛いです。
    サスペンス
    • 製作年1972年
    • 製作国日本
    • 時間86分
    • 監督井上梅次
    • 主演范文雀
  12. 先生あした晴れるかな
    • E
    反抗的態度をとる小学生と、彼らを理解しようと取り組んだ若い女性教師を描く。監督は「やがて…春」の中山節夫。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1994年
    • 製作国日本
    • 時間100分
    • 監督中山節夫
    • 主演渡辺梓

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。