全5作品。トム・ホフマンが出演した映画ランキング

  1. ブラックブック

    ブラックブック
    評価:A4.00
    オースティン映画批評家協会賞(2007年・外国語映画賞)第二次世界大戦ナチス・ドイツ占領下のオランダで、家族をナチスに殺された若く美しいユダヤ人歌手の復しゅうを描いたサスペンスドラマ。鬼才ポール・ヴァーホーヴェン監督が23年ぶりに故国オランダに戻り、過酷な運命に翻弄されながらも戦火の中で生き抜く女性の壮絶なドラマを撮り上げた。

    サスペンス、戦争

    ネット上の声

    ハリウッドにはない黒い部分を描けたらしい
    ヒロイン エリスの生き様に‥
    ラストに踏み込みが足らない。
    西洋の李香蘭
    製作年:2006
    製作国:オランダ/ドイツ/イギリス/ベルギー
    監督:ポール・ヴァーホーヴェン
    主演:カリス・ファン・ハウテン
    1
  2. 4番目の男

    4番目の男
    評価:D3.17
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1984年・外国語映画賞) アル中で両刀使いの作家ジェラルド(クラッベ)は、たまたま講演に出掛けた先で彼の姿を8mmフィルムに収める女クリスティン(ソーテンダイク)と知り合い関係を持つ。彼女の家に滞在し執筆を始める彼だったが、暇つぶしに見始めた8mmフィルムには、聞かされていなかった三人の夫たちの姿があった。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    予想以上に宗教的だが...
    要は何でもあり?
    『氷の微笑』と似て非なる映画
    ポール・ヴァーホーヴェン 好みの女
    製作年:1979
    製作国:オランダ
    監督:ポール・ヴァーホーヴェン
    主演:ジェローン・クラッベ
    2
  3. アムステルダム・ウェイステッド!

    アムステルダム・ウェイステッド!
    評価:D3.06
    90年代版「白昼の幻想」ともいうべき、現代ドラッグ・カルチャーの内実に迫った1本。薬物解禁状態のアムステルダムを訪れたカップルが、トリップが原因で離れていく様を追う。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    どうやらデジカメで撮った作品らしい
    当たり
    ☆Niceな作品
    製作年:1996
    製作国:オランダ
    監督:イアン・ケルコフ
    主演:フェム・ファン・デン・エルズン
    3
  4. アイリーンを探して

    アイリーンを探して
    評価:E0.00
    愛する妻を交通事故で失った古本屋の主人フィリップ。彼の前に、死んだ妻と生き写しの謎の女アイリーンが現れ、こつ然と消え去った。彼女を追うフィリップの身に、危険な罠が……。ヒッチコックの影響が垣間みられるドイツ産のサスペンス。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    マイナーな所ですが
    製作年:1986
    製作国:西ドイツ
    監督:ルドルフ・ヴァン・デン・ベルフ
    主演:トム・ホフマン
    4
  5. シャボン玉エレジー

    シャボン玉エレジー
    評価:E0.00
     ジャックは自分の刑期を軽くしてもらう代わりに仲間を売った男。証人として出廷する途中、仲間に消されると察したジャックはその場から逃亡、前妻の妹ケイコの許に身を隠す。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1999
    製作国:オランダ/日本
    監督:イアン・ケルコフ
    主演:トム・ホフマン
    5

スポンサードリンク