全3作品。ジョン・マホーニーが出演した映画ランキング

  1. 真実の行方
    • A
    • 4.07
    野心家の弁護士が担当した、ある事件の顛末を描く法廷サスペンス。意外性に富んだストーリーの妙と、それを生かす巧みな演出と演技が見もの。「シャーキーズ・マシーン」の原作者として知られる作家ウィリアム・ディールの同名長編小説(福武文庫・刊)を、「ハッスル」「シシリアン」のベテラン、スティーヴ・シェイガンと「コピーキャット」のアン・ビダーマンが4年がかりで脚色。監督には『ヒルストリート・ブルース』『L.A. Low/7人の弁護士』『NYPD/ブルー』などのTVドラマシリーズを手掛け、これが初の劇場用映画となるグレゴリー・ホブリットが当たった。製作のゲイリー・ルチェシとエグゼクティヴ・プロデューサーのハワード・W・コッチ・ジュニアは、「バーチュオシティ」のコンビ。撮影は「ライジング・サン」のマイケル・チャップマン、音楽は「ウォーターワールド」「陪審員」のジェームズ・ニュートン・ハワード、美術はジャニーヌ・クラウディア・オップウォール。編集はホブリットのTV時代からのコンビであるデイヴィッド・ローゼンブルーム、衣裳は「あなたが寝てる間に…」のベッツィ・コックスがそれぞれ担当。主演は「トゥルーナイト」のリチャード・ギア。共演は「コンゴ」のローラ・リニー、レオナルド・ディカプリオに決まりかけた役を射止めて本作でデビューしたエドワード・ノートン、「ザ・シークレット・サービス」のジョン・マホニー、「キルトに綴る愛」のアルフレ・ウッダード、「ファーゴ」のフランセス・マクドーマンドほか。

    ネット上の声

    • ☆エドワード・ノートン衝撃のデビュー作!
    • 真実や正義を軽んじる者は殴ればわかる
    • ホントはすごくおもしろい...はずだ!?
    • 現実におきえる 衝撃の結末。
    どんでん返し、 裁判・法廷
    • 製作年1996年
    • 製作国アメリカ
    • 時間131分
    • 監督グレゴリー・ホブリット
    • 主演リチャード・ギア
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  2. セイ・エニシング
    • C
    • 3.34
    キックボクシングに熱中するロイドは、卒業式の朝、優等生のダイアンに愛を告白する。ダイアンはイギリス留学を控えながらも、飾り気のないロイドに惹かれていき……。ティーンエイジャーの切なく、爽やかな恋愛を描いた青春ドラマ。

    ネット上の声

    • これぞホントの純愛映画?80年代を代表するこちらの青春恋愛映画、タイトルでピンと
    • ローリングストーンズ誌のライターたったキャメロン・クロウ監督のデビュー作
    • アイオン・スカイの魅力を引き出した映画!
    • ジョン・キューザック、青春してました
    青春
    • 製作年1989年
    • 製作国アメリカ
    • 時間101分
    • 監督キャメロン・クロウ
    • 主演ジョン・キューザック
    • レンタル
    • レンタル
  3. アトランティス/帝国最後の謎
    • E
    • 2.25

    ネット上の声

    • パクリ疑惑
    • 他のと比べると…
    アニメ
    • 製作年2003年
    • 製作国アメリカ
    • 時間80分
    • 監督タッド・ストーンズ
    • 主演ジェームズ・アーノルド・テイラー
    • 定額

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。