スポンサーリンクあり

全50作品。クラーク・ゲイブルが出演した映画ランキング

  1. 或る夜の出来事
    • B
    • 3.81
    父親に結婚を反対されて家を飛び出した大富豪の娘エリーは、ニューヨーク行きのバスで失業中の新聞記者ピーターと出会う。最初は反発しあっていた2人だったが、旅を続けるうちにいつしか惹かれ合うようになり……。1934年度アカデミー賞の主要5部門(作品賞・監督賞・主演男優賞・主演女優賞・脚本賞)を独占したロマンティック・コメディの大傑作。監督のフランク・キャプラ、主演のクラーク・ゲイブルの出世作でもある。

    ネット上の声

    • 世代、階級、検閲、でもそんなの関係ねぇ♪
    • キス・シーンのないロマンティック・恋話
    • すべてのラブコメはここから始まった
    • まさに傑作ですね!素敵な映画です♪
    恋愛
    • 製作年1934年
    • 製作国アメリカ
    • 時間105分
    • 監督フランク・キャプラ
    • 主演クラーク・ゲイブル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  2. 風と共に去りぬ/幻のメイキング
    • B
    • 3.75

    ネット上の声

    • セルズニックのこだわり
    • 本編より観ている回数多いかも😄
    • 名作!!!
    • 再見なんやけどやっぱりテンションが上がって感想が引くほど長くなった!
    ドキュメンタリー
    • 製作年1988年
    • 製作国アメリカ
    • 時間124分
    • 監督デヴィッド・ヒントン
    • 主演クラーク・ゲイブル
  3. 風と共に去りぬ
    • C
    • 3.54
    南北戦争勃発寸前のアメリカ。南部の大富豪の娘にして、絶世の美女スカーレット・オハラは、名家の御曹司アシュレー(レスリー・ハワード)に思いを寄せていた。しかし、彼が別の女性と結婚するといううわさを聞いてしまい、嫉妬からとんでもない行動を取ってしまう。

    ネット上の声

    • スカーレットをどうしても好きになれない
    • 南北戦争の南部・白人貴族側からの視点
    • なぜ「風と共に去りぬ」が名作なのか。
    • 驕慢な美女の「アイルランド魂」
    恋愛
    • 製作年1939年
    • 製作国アメリカ
    • 時間231分
    • 監督ヴィクター・フレミング
    • 主演ヴィヴィアン・リー
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  4. 先生のお気に入り
    • C
    • 3.35
    「深く静かに潜航せよ」のクラーク・ゲーブルと「知りすぎていた男」のドリス・デイを組合わせた、タフな新聞記者と美しい女性大学教授をめぐる恋愛コメディ。「ラプソディー」のフェイ・カニンとマイケル・カニンの共同書下ろし脚本を、「失われた少年」のジョージ・シートンが監督した。撮影監督は「紐育ウロチョロ族」のハスケル・ボッグス。音楽はロイ・ウェッブ。ルイス・アルヴァレズとジョー・ルビンが主題歌“先生のお気に入り”と“ロックン・ロールをはじめた娘”を作詞作曲している。他に出演者は「必死の逃亡者」のギグ・ヤング、「奥様はジャズがお好き」のマミー・ヴァン・ドーレン、ニック・アダムス、マリオン・ロス、チャールズ・レーン(チャールズ・レヴィソン)等。製作はウィリアム・パールバーグ。

    ネット上の声

    • 教養 + 経験 + 男性ホルモン = 一流 ?
    • 雰囲気の楽しいラブコメ☆3つ
    • 私のお気に入り!
    • おもしろい!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1958年
    • 製作国アメリカ
    • 時間120分
    • 監督ジョージ・シートン
    • 主演クラーク・ゲイブル
  5. 荒馬と女
    • C
    • 3.18
    離婚都市と呼ばれるリノに訪れた美しい女性ロザリン。離婚直後の彼女はカウボーイのゲイ、そして自動車修理工のギドと知り合う。ふたりの男はロザリンに心を奪われてしまう。ゲイの友人パースも加わり、一行は砂漠へ野馬狩りに出発する。馬と人間の壮絶な闘いを見たロザリンはそれを止めようとするが……。作家アーサー・ミラーが自身の戯曲を脚色し、新たにモンローのための役を加えた。この撮影終了後まもなく、クラーク・ゲイブルが他界。彼の遺作となった。

    ネット上の声

    • 顔ぶれは豪華だが内容は陳腐。マリリンの演技がわざとらしく周りからも...
    • 『数が少ないほど、残酷に見える』『男の世界に女は要らない』
    • 本来ならモンローの転機になったであろう…
    • 揺れるモンローの尻 見つめるゲーブル
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1961年
    • 製作国アメリカ
    • 時間124分
    • 監督ジョン・ヒューストン
    • 主演クラーク・ゲイブル
    • レンタル
  6. モガンボ
    • C
    • 3.15
    ウィルスン・コリスンの戯曲の映画化で、アフリカ大陸の原始林を舞台にしたテクニカラーの冒険メロドラマ。「クオ・ヴァディス」のサム・ジンバリストが製作し、「静かなる男」のジョン・フォードが監督した1953年作品。脚色は「クオ・ヴァディス」のジョン・リー・メイン、撮影はロバート・サーティース(「クオ・ヴァディス」)とフレディ・ヤング(「黒騎士」)の担当。なお音楽監督はなく原住民音楽、自然音をバックに使っている。主演は「栄光の星の下に」のクラーク・ゲーブル、「荒原の疾走」のエヴァ・ガードナー、「真昼の決闘」のグレイス・ケリーで、ドナルド・シンデン(「怒りの海」)、フィリップ・ステイントン、エリック・ポールマン、デニス・オディアらが助演する。

    ネット上の声

    • アフリカを舞台にした三角関係もの
    • 雄大な自然を背景にした恋愛ゲーム
    • 時代を感じます・・・
    • 一番無垢なのは・・・
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1953年
    • 製作国アメリカ
    • 時間116分
    • 監督ジョン・フォード
    • 主演クラーク・ゲイブル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  7. 支那海
    • D
    • 3.08
    「結婚十分前」「或夜の特殊」のクラーク・ゲーブルと「わたし純なのよ」「春の火遊び」のジーン・ハーロウ、「奇傑パンチョ」「曲芸団」のウォーレス・ビアリイの3人が主演する映画で、クロスビー・ガースティンの原作から「爆弾の頬紅」のジュールス・ファースマンと「類猿人ターザン・復讐編」のジェームズ・ケヴン・マッギネスとが脚色し、「SOS氷山」「海の荒鷲(1933)」のテイ・ガーネットが監督した。撮影は「スピード花嫁」「宝島(1934)」のレイ・ジョーンである。3人の主演を助けて「宝島(1934)」のルイス・ストーン「悪夢」のロザリンド・ラッセル、「キャラバン」のダッドリー・ディグス、「ベンガルの槍騎兵」のC・オーブレイ・スミス、「舗道」のリリアン・ボンドを初めロバート・ベンチレー等が出演している。

    ネット上の声

    • 香港からシンガポールへの波乱の航海を描く
    • 昔は煙草の箱が大きかったんだな~
    • 船長、頑張れ
    • きっとまた、クラーク・ゲーブルとジーン・ハーロウのラブコメものなんだろうと勝手な
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1935年
    • 製作国アメリカ
    • 時間---分
    • 監督テイ・ガーネット
    • 主演ジーン・ハーロウ
  8. 8

    帰郷

    帰郷
    • D
    • 3.04
    第二次世界対戦を背景に、妻のある軍医と看護婦の悲恋を描くメロドラマ。シドニー・キングスレーとジャン・ラスティグの原作の映画化で、脚本はポール・オズボーンが執筆。監督はマーヴィン・ルロイ、撮影はハロルド・ロッソン、音楽はチャールズ・プレヴィン、ブロニスロー・ケイパー、編集はジョン・ダニングが担当。出演はクラーク・ゲーブル、ラナ・ターナー、アン・バクスター、ジョン・ホディアク、キャメロン・ミッチェルなど。

    ネット上の声

    • しっとりと落ち着いた戦時下のロマンス
    • 『哀愁』『心の旅路』と並んで、マーヴィン・ルロイのロマンス3部作と勝手に言いたい
    • ゲイブルとターナーのメロドラマ云々よりも、バクスターの包容力に感動
    • ▪️JPTitle :「帰郷(1948)」
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1947年
    • 製作国アメリカ
    • 時間113分
    • 監督マーヴィン・ルロイ
    • 主演クラーク・ゲイブル
  9. 桑港(サンフランシスコ)
    • D
    • 3.01
    「妻と女秘書」「支那海」のクラーク・ゲーブルと「ローズ・マリイ(1936)」「浮かれ姫君」のジャネット・マクドナルドが主演する映画で、「港に異常なし」のスペンサー・トレイシーと「征空重爆撃」のジャック・ホルトが共演する。原作はロバート・E・ホプキンスが書き下ろし、「港に異常なし」に参興したアニタ・ルースが脚色し、「ローズ・マリイ(1936)」「私の行状記」のW・S・ヴァン・ダイクが監督に当たり、「巨星ジーグフェルド」のオリヴァ・マーシュが撮影した。助演は「海は桃色」のジェシー・ラルフ、「高飛び成層圏」のテッド・ヒーリーおよびアル・シーン、新顔のシャーリー・ロス、「断固戦うべし」のマーガレット・アーヴィング等の面々である。

    ネット上の声

    • ジャケ見てピンときた人多いと思うけど、この映画は1906年に実際に起きたサンフラ
    • 恐らく史上初のパニック映画にして、永遠の手本
    • クッション+パンチングボール+鏡◎
    • サンフランシスコへのエール
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1936年
    • 製作国アメリカ
    • 時間116分
    • 監督W・S・ヴァン・ダイク二世
    • 主演クラーク・ゲイブル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  10. 男の世界
    • D
    • 2.97
    「白衣の騎士」「或夜の出来事」のクラーク・ゲーブルと「流行の王様」「ケンネル殺人事件」のウィリアム・パウエル及び「白衣の騎士」「宿命の窓」のマーナ・ローイが主演する映画で、アーサー・シーザーが特に書き下ろした原作を「夜間飛行」「武器よさらば」のオリヴァー・H・P・ギャレットと「不思議の国のアリス(1933)」「空の花嫁」のジョセフ・L・マンキーウィッツが共同脚色し「宿命の窓」「世界拳闘王」のW.S.・ヴァン・ダイクが監督に当たり、「力と栄光」「第三の恋」のジェームズ・ウォン・ホウが撮影した。助演者は「恐怖の四人」のレオ・カリーロ、「宿命の窓」のナット・ぺンドルトン、ジョージ・シドニー、トーマス・ジャックスン、イザベル・ジュウェル等である。

    ネット上の声

    • 政治の裏のメロドラマ
    • みんな感情が凄くシンプルで、利己的でなく裏表のない所がキャスト陣・白黒映画の醸し
    • ジョニー・デップ主演の映画パブリック・エネミーズにてフィルムインフィルムとして使
    • 変なタイトルだなーと思ったけど、幼馴染がギャング対検事の間柄になる男の友情を描い
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1934年
    • 製作国アメリカ
    • 時間93分
    • 監督W・S・ヴァン・ダイク二世
    • 主演クラーク・ゲイブル
  11. ミズーリ横断
    • D
    • 2.84
    「故郷の丘」のロバート・シスクが製作した1951年色彩西部劇で「北西への道」のタルボット・ジェニングスと「我が道を往く」のフランク・キャヴェットが共作した原案から、ジェニングスが脚色した。監督は「女群西部へ!」のウィリアム・ウェルマンである。撮影は「悲しみの恋」のデイヴィッド・ラクシンが担当する。主演は「風と共にさりぬ」のクラーク・ゲーブル、「闘牛の女王」のリカルド・モンタルバン、「アパッチ族の最後」のジョン・ホディアクで、以下「スピード王(1950)」のアドルフ・マンジュウ、マリア・エリナ・マルケス、「アニーよ銃をとれ」のJ・キャロル・マイシュ、ジャック・ホルトらが助演する。

    ネット上の声

    • マリア・エレナ・マルクェスに突き刺さる矢の勢いと、そこから銃撃戦に雪崩れ込む展開
    • ビーバー猟師の生活、インディアンとの交流と戦いが主人公の息子の口から語られる異色
    • 戦後は振るわない俳優とされているゲーブルだが、モガンボはいわずもがな、ここでもま
    • ロッキーの山中でビーバーの棲息地を見つけた猟人が仕事のしやすさの為にインディアン
    西部劇
    • 製作年1951年
    • 製作国アメリカ
    • 時間78分
    • 監督ウィリアム・A・ウェルマン
    • 主演クラーク・ゲイブル
    • 定額
    • レンタル
  12. ブーム・タウン
    • D
    • 2.81
    「妻と女秘書」「或る夜の出来事」のクラーク・ゲーブル、「少年の町」「人間エジソン」のスペンサー・トレイシー、「淑女と拳骨」「追憶(1941)」のクローデット・コルベール、「美人劇場」のヘディー・ラマーが主演する映画で、ジェームズ・エドワード・グラント作の雑誌小説をジョン・メインが脚色し、「嵐の三色旗」のジャック・コンウェイが監督に当たり「人間エジソン」のハロルド・ロッソンが撮影した。

    ネット上の声

    • 映画の魅力充分に堪能
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1940年
    • 製作国アメリカ
    • 時間116分
    • 監督ジャック・コンウェイ
    • 主演クラーク・ゲイブル
  13. 野性の叫び
    • D
    • 2.74
    「結婚十分前」「白衣の騎士」のクラーク・ゲーブル、「十字軍」「濁流」のロレッタ・ヤング、「電話新鮮組」「カレッジ・リズム」のジャック・オーキーが顔合わせ主演する映画で、ジャック・ロンドン作小説を「曲芸団」のジーン・ファウラーと「復活(1934)」のレオナード・プラスキンスが脚色し、「電話新鮮組」のウィリアム・A・ウェルマンが監督し、「ムーラン・ルージュ」のチャールズ・ロシャーが撮影したもの。助演者は「痴人の愛」のレジナルド・オーウェン、「十字軍」のキャサリン・デミル、「小牧師(1934)」のフランク・コンロイ、その他である。

    ネット上の声

    • ハリソン・フォードが出てたやつの1935年版
    • マンの映画にもアラスカ出てきてたけど、遠いところまで見渡せるロングショットがいい
    • 『野性の呼び声』を先に鑑賞していたため、話を追いやすかった
    • 開幕早々のゴールドラッシュの描写にやられた
    アドベンチャー(冒険)、 アクション
    • 製作年1935年
    • 製作国アメリカ
    • 時間81分
    • 監督ウィリアム・A・ウェルマン
    • 主演クラーク・ゲイブル
  14. 栄光の星の下に
    • E
    • 2.64
    「スピード王(1950)」のクラーク・ゲーブルと「ショウ・ボート(1951)」のエヴァ・ガードナーが主演する西部活劇1951年作品で、製作は「ママの新婚旅行」のZ・ウェイン・グリフィン。「ウィンチェスター銃'73」のボーデン・チェイスが自らの雑誌連載小説を脚色、「落日の決闘」のハワード・エスタブルックが潤色、「ドン・ファンの冒険」のヴィンセント・シャーマンが監督する。撮影は「スピード王」のハロルド・ロッソン、音楽はデイヴィッド・バットルフの担当である。ゲーブル、ガードナーの他、「オール・ザ・キングスメン」のブロデリック・クロフォード、「白昼の決闘」のライオネル・バリモア、「蛇の穴」のビューラ・ボンディ、以下エド・ベグリー、ジェームズ・バーク、ウィリアム・ファーナムらが共演。
    西部劇
    • 製作年1952年
    • 製作国アメリカ
    • 時間94分
    • 監督ヴィンセント・シャーマン
    • 主演クラーク・ゲイブル
  15. 深く静かに潜航せよ
    • E
    • 2.62
    「成功の甘き香り」につぐヘクト=ヒル=ランカスター・プロ作品。米海軍中佐エドワード・L・ビーチの体験にもとづく原作を、TVで活躍しているジョン・ゲイが脚色、「重役室」「悪人への貢物」のロバート・ワイズが監督した対日本軍海戦映画。「炎の人ゴッホ」のラッセル・ハーランが撮影し、音楽は「青春物語」のフランツ・ワックスマン。「成功の甘き香り」のバート・ランカスター、「南部の反逆者」クラーク・ゲーブルの男性2スターが顔を合わせて競演。唯一の女性役として新人メリイ・ローシュが顔を見せる他、ジャック・ウォーデン、ブラッド・デクスター、ドン・リックルス等の男優陣が連なっている。製作ハロルド・ヘクト。

    ネット上の声

    • 太平洋戦争下の豊後水道で日本の駆逐艦を攻撃せんとする潜水艦の話
    • タイトルがカッコ良くて気になっていた作品を鑑賞
    • 潜水艦映画好きなら必ず観ておくべき映画です!
    • 豊後水道の第7海域”魔の海”で日米戦う!
    戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1958年
    • 製作国アメリカ
    • 時間93分
    • 監督ロバート・ワイズ
    • 主演クラーク・ゲイブル
  16. 16

    紅塵

    紅塵
    • E
    • 2.60
    「自由の魂」「心の青空」「スザン・レノックス」のクラーク・ゲーブルが「街の野獣(1932)」「秘密の6」のジーン・ハーロウと共演する映画で、ウィルソン・コリソン作の舞台劇に基づいて「街の野獣(1932)」「暗黒街の顔役(1932)」のジョン・リー・メインが脚色し、「ダグラスの世界一周」「泥人形」のヴィクター・フレミングが監督に当たり、「コンゴ」「僕の武勇伝」のハロルド・ロッソンが撮影した。助演者は「火の翼」「狼火」のメアリー・アスター、「六月十三日の夜」「百万円貰ったら」のジーン・レイモンドを始め、タリー・マーシャル、ドナルド・クリスプ、フォーレスター・ハーヴェイ等である。

    ネット上の声

    • 若き日のクラーク・ゲーブルが美女二人と!
    • 雨と光の演出で、むせ返るような愛を描写
    • 拡大西部劇、アジア版
    • 三人とも若いなあ!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1932年
    • 製作国アメリカ
    • 時間83分
    • 監督ヴィクター・フレミング
    • 主演クラーク・ゲイブル
  17. たくましき男たち
    • E
    • 2.56
    クレイ・フィッシャーの西部小説を「恐怖の土曜日」のシドニー・ボームと「静かなる男」のフランク・S・ニュージェントが共同脚色し「彼奴は顔役だ」のラウール・ウォルシュが監督した。音楽は「白昼の対決」のヴィクター・ヤング、撮影は「一攫千金を夢みる男」のレオ・トーヴァー。主なる出演者は「一攫千金」のクラーク・ゲーブル、「紳士はブルーネット娘と結婚する」のジェーン・ラッセル、「竹の家」のロバート・ライアンとキャメロン・ミッチェルなど。ウィリアム・A・バッカー(「野性の女(1955)」)とウィリアム・ホークスが製作するテクニカラー1955年作品。

    ネット上の声

    • 「少年なら誰でも憧れ、老人が夢で見る男」
    • 少々の冗長さに耐えた先に嬉しいご褒美が待っている
    • クラーク・ゲイブル主演の大作西部劇 by ウォルシュ
    • 圧巻だった牛追い
    アクション
    • 製作年1955年
    • 製作国アメリカ
    • 時間121分
    • 監督ラオール・ウォルシュ
    • 主演クラーク・ゲイブル
  18. 戦略爆撃指令
    • E
    • 2.49

    ネット上の声

    • 「大量破壊兵器を保有している」と主張してイラク攻撃を決断したアメリカ大統領のこと
    • 「色んなところで見た覚えはあるけど名前が思い出せない」という役者のたくさん揃った
    • 戦争映画というより組織と人間、役員の葛藤という内容
    • こちらもアメリカ陸軍第8航空隊所属の爆撃隊が題材
    戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1948年
    • 製作国アメリカ
    • 時間112分
    • 監督サム・ウッド
    • 主演クラーク・ゲイブル
    • レンタル
    • 定額
  19. 戦艦バウンティ号の叛乱
    • E
    • 2.46
    「噫無情」「白い蘭」のチャールズ・ロートンと「妻と女秘書」「支那海」のクラーク・ゲーブルとが主演し、「カヴァルケード」「彼女の家出」のフランク・ロイドが監督にあたった映画である。原作はチャールズ・ノードッフとジェームズ・ノーマン・ホール合作の小説で、タルボット・ジェニングスが「支那海」のジュールス・ファースマン、「シーコウヤ」のケイリー・ウイルスンと協力脚色した。カメラは「無限の青空」「肉体」のアーサー・エディソンが主任である。助演俳優は「青春の抗議」「男子牽制」のフランチョット・トーンを初め、「孤児ダビド物語」のハーバート・マンディン、「ニューヨーク・ハリウッド」のエディー・クィラン、「巨人ジョーンズ」のダッドリー・ディグス、「支那ランプの石油」のドナルド・クリスプ、「米国の機密室」のヘンリー・スチヴンスン、原住民女のマリヤ及びマモその他である。尚、ロケーション撮影はカタリナ群島で行われた。

    ネット上の声

    • 世界大戦前に海軍内反乱を容認する映画とは
    • 史実バウンティ号の反乱をもとに米が映画化
    • 第8回 アカデミー賞 作品賞 受賞
    • 昭和10年に製作された娯楽映画☆3.0
    海で遭難する絶望的な、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1935年
    • 製作国アメリカ
    • 時間132分
    • 監督フランク・ロイド
    • 主演チャールズ・ロートン
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  20. 一攫千金を夢見る男
    • E
    • 2.46
    「恐怖の土曜日」のバディ・アドラーが製作に当たり、香港にロケーションして撮影された活劇映画である。「紅の翼(1954)」のアーネスト・K・ガンの小説から彼自身が脚色、「情事の終り」のエドワード・ドミトリクが監督した。撮影は「野性の女(1955)」のレオ・トーヴァー、音楽は「恐怖の土曜日」のヒューゴー・フリードホーファーである。「叛逆者」のクラーク・ゲーブル、「野性の女(1955)」のスーザン・ヘイワード以下、「マンボ」のマイケル・レニー、「宇宙戦争」のジーン・バリー、「百万長者と結婚する方法」のアレクサンダー・ダーシー、「ルビイ」のトム・タリー、往年のスター、アンナ・ステンなどが出演。1955年作品。

    ネット上の声

    • 米大型偵察機「コブラボール」沖縄離陸
    • 行方不明の夫を捜しに香港へ
    • 製作年1955年
    • 製作国アメリカ
    • 時間96分
    • 監督エドワード・ドミトリク
    • 主演スーザン・ヘイワード
  21. 結婚十分前
    • E
    • 2.37
    「私のダイナ」「蛍の光」のジョーン・クローフォード、「私のダイナ」「男の世界」のクラーク・ゲーブル、「愛の隠れ家」「台風」のロバート・モンゴメリーが顔合わせして主演する映画で、エドワード・バリー・ロバーツとフランク・モーガン・キャヴェット作の舞台劇を「男の世界」のジョセフ・L・マンキーウィッツが脚色し、「男の世界」「愛の隠れ家」のW・S・ヴァン・ダイクが監督し、「復活(1934)」のグレッグ・トーランドと「私のダイナ」のジョージ・フォルシーが撮影した。助演者は「猫と提琴」のチャールズ・バターウォース、「昨日」のビリー・バーク、「噫無情」のフランセス・ドレイク、「空の軍隊」のロザリンド・ラッセル等である。

    ネット上の声

    • ゲーブル&クロフォード共演作なので観るかと再生したらクレジットにマンキウィッツの
    • ロバート・モンゴメリーが一切弁護不可能なカスでビビる
    • 四角関係の恋の行方
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1935年
    • 製作国アメリカ
    • 時間84分
    • 監督W・S・ヴァン・ダイク二世
    • 主演ジョーン・クロフォード
  22. テスト・パイロット
    • E
    • 2.34
    「愛国者パーネル」「妻と女秘書」「男の世界」等に顔を合わせたクラーク・ゲーブルとマーナ・ローイに「我は海の子」「戦友」「激怒(1936)」のスペンサー・トレイシーが付き合って主演する映画で、「椿姫(1937)」「我は海の子」のライオネル・バリモアが共演する。原作は「空の軍隊」「無限の青空」のフランク・ウィード少佐が執筆し、「春を手さぐる」「永遠に愛せよ」のビンセント・ローレンスと「真珠の首飾」「永遠に愛せよ」の故ウォルデマー・ヤングが協力脚色し、「我は海の子」「運河のそよ風」のビクター・フレミングが監督に当たり、「踊るアメリカ艦隊」「妻と女秘書」のレイ・ジューンが撮影したものである。なお助演者は「米国の機密室」のサミュエル・S・ハインズを始め、マージョリー・メイン、グローリア・ホールデン、ルイス・ジーン・ハイトその他である。

    ネット上の声

    • 是非鑑賞を
    • 無事に帰ってこいよ、というマジナイだろうか?トレイシーが、飛行前に機体にガムをく
    • テスト・パイロットと整備士とヒロインの不思議な関係を描いた映画です
    • クラークゲーブルがカッコいいですね
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1938年
    • 製作国アメリカ
    • 時間118分
    • 監督ヴィクター・フレミング
    • 主演スペンサー・トレイシー
    • 定額
    • レンタル
  23. 妻と女秘書
    • E
    • 2.29
    「支那海」「男の世界」のクラーク・ゲーブル、「港に異常なし」「支那海」のジーン・ハーロウおよび「諾?否?」「男の世界」のマーナ・ローイが主演する映画でフェイス・ボールドウィン作の大衆小説に基いて「春を手さぐる」のノーマン・クラスナと「ローズ・マリイ(1936)」のアリス・デュアー・ミラーと「浮かれ姫君」のジョン・リー・メインが協力脚色し、「噫初恋」「アンナ・カレニナ」のクラレンス・ブランが監督に当たり、「港に異常なし」「賓島」のレイ・ジューンが撮影した。助演は「少年G戦線」のメイ・ロブソン、「ローズ・マリイ(1936)」のジェームズ・ステュアート、「ロイドの牛乳屋」のジョージ・バービア等である。

    ネット上の声

    • さすがクラレンスブラウン監督
    • 心情的な浮気
    • 社長クラーク・ゲイブルとその秘書ジーン・ハーロウがあまりにも親密すぎて、両者の相
    • クラーク・ゲイブル演じる出版社の社長がマーナ・ロイ演じる妻とジーン・ハーロウ演じ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1936年
    • 製作国アメリカ
    • 時間88分
    • 監督クラレンス・ブラウン
    • 主演クラーク・ゲイブル
  24. 24

    同志X

    同志X
    • E
    • 2.28
    アクション
    • 製作年1940年
    • 製作国アメリカ
    • 時間104分
    • 監督キング・ヴィダー
    • 主演クラーク・ゲイブル
  25. ナポリ湾
    • E
    • 2.27
    マイケル・パートウィーとジャック・デイヴィスの原作を「5つの銅貨」のメルヴィル・シェイヴェルソンンが監督したコメディ。脚色はシェイブルスン、ジャック・ローズとスーソ・チェッキ・ダミーコの共同。撮影は「ベン・ハー(1959)」のロバート・サーティース、音楽をアレッサンドロ・チコニーニニとカルロ・サビーナが共同で担当。出演は「僕は御免だ」のクラーク・ゲーブル、「西部に賭ける女」のソフィア・ローレン、「ロベレ将軍」のヴィットリオ・デ・シーカ、ほかにマリエット、パオロ・カルリーニら。製作ジャック・ローズ。

    ネット上の声

    • キャスティングのいいラブコメ☆2.5
    • イタリアの太陽
    • 青いナポリ
    • 最高に贅沢なロケーション、ナポリ湾を舞台にしたラブコメ🧡25歳くらいの若きソフィ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1960年
    • 製作国アメリカ
    • 時間100分
    • 監督メルヴィル・シェイヴルソン
    • 主演クラーク・ゲイブル
  26. ジェイムス・ディーン物語
    • E
    • 2.26
    ジェームズ・ディーンの死の2年後に製作されたドキュメンタリー。貴重な記録からジミーの短すぎた人生を振り返る。「エデンの東」「理由なき反抗」の特別シーンや、家族、友人へのインタビュー、そしてデニス・ストックら有名カメラマンが提供したスチール写真やフィルムによって構成されている。
    ドキュメンタリー
    • 製作年1957年
    • 製作国アメリカ
    • 時間82分
    • 監督ジョージ・W・ジョージ
    • 主演ジェームズ・ディーン
  27. スザン・レノックス
    • E
    • 2.25
    「インスピレーション」「ロマンス」と同じくグレタ・ガルボが主演する映画。デイヴィッド・グラハム・フィリップス作の小説から「ビリー・ザ・キッド」のワンダ・タショックが改作し、撮影台本を執筆し、「あけぼの」のゼルダ・シアース、「アナベル情事」のレオン・ゴードンの二人が台詞を付加し「陽気なママさん」「結婚奴隷」のロバート・Z・レナードが監督にあったものでキャメラは「緑の処女地」「インスピレーション」のウィリアム・ダニエルスが担任。主なる助演者は「無冠の帝王」「夜の看護婦」のクラーク・ゲーブル、「パリの魔人」のジーン・ハーショルト、「秘密の6」のジョン・ミルジャン、アラン・ヘール、ラッセル・シンプソンなどである。

    ネット上の声

    • ガルボとゲーブルの唯一の共演作♡
    • ガルボの魅力
    • すごい物語😅
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1931年
    • 製作国アメリカ
    • 時間76分
    • 監督ロバート・Z・レオナード
    • 主演グレタ・ガルボ
  28. 南部の反逆者
    • E
    • 2.13
    「オール・ザ・キングスメン」でピューリッツァ賞を受けたロバート・ペン・ウォーレンのベストセラー小説の映画化で、南北戦争と奴隷問題を背景にしたドラマティック・ストーリー。「サンチャゴ」のジョン・ツウィストと「千の顔を持つ男」のアイヴァン・ゴッフが脚色、「ながれ者」のコンビ、ラウール・ウォルシュが監督ルシエン・バラードが撮影した。音楽は「捜索者」のマックス・スタイナー。主演は「ながれ者」のクラーク・ゲーブル、「怒りの刃」のイヴォンヌ・デ・カーロ、「黒い牙」の黒人スター、シドニー・ポワチエ。

    ネット上の声

    • 黒人奴隷の子であったヒロインが奴隷商人に売られてしまうという運命の変転が余りに残
    • 偶然「マンディンゴ」に続いて観たのだが、こういう映画を作るアメリカってやっぱ南北
    • 南北戦争が勃発したアメリカ、ニューオリンズを舞台にした牧場主と黒人の血を引く女性
    • 邦題からてっきり西部劇だと思っていたが、南北戦争期の奴隷制と人種の映画だった
    戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国アメリカ
    • 時間128分
    • 監督ラオール・ウォルシュ
    • 主演クラーク・ゲイブル
  29. ながれ者
    • E
    • 2.11
    マーガレット・フィッツの原作をフィット自身とリチャード・アラン・シモンズが共同脚色、「たくましき男たち」のラウール・ウォルシュの監督した西部活劇。主な出演者は「たくましき男たち」のクラーク・ゲーブルをめぐって「黄金の腕」のエレノア・パーカー、それにジーン・ウィレス、バーバラ・ニコルズ、サラ・シェーンの新人。「明日泣く」のジョー・ヴァン・フリートが助演する。

    ネット上の声

    • ミステリー的な要素をそなえたプロットを通じ、ウォルシュは観客の期待と鮮やかに戯れ
    西部劇、 アドベンチャー(冒険)、 アクション
    • 製作年1956年
    • 製作国アメリカ
    • 時間86分
    • 監督ラオール・ウォルシュ
    • 主演クラーク・ゲイブル
  30. 惨劇の砂漠
    • E
    • 2.08
    「非常警戒」「脱走兵物語」と同じくビル・ボイド主演映画で「波乗り越えて」「脱走兵物語」のハワード・ヒギンが監督したもの。原作脚色はヒギンとトム・バッキンガムとの共同担任で、エドワード・スナイダーが撮影した。助演者は「ハア・マン」「猫は這い寄る」のヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ、沈黙映画時代のスターたりしウィリアム・ファーナム、「最後の一人」「海の復讐」のJ・ファーレル・マクドナルド、舞台劇から映画入りしたクラーク・ゲーブル、チャールズ・セロン、ウィリアム・ウォーリング、エドモンド・ブリーズ、アル・セント・ジョン、ウェード・ボトラー等である。

    ネット上の声

    • 確かに観ました
    • ゴールドラッシュ期のアメリカ西部で二人のカウボーイが幌馬車から赤ちゃんを見つける
    • 引き裂かれた親友の仲を、みなしごとして育てた息子が体を張ってよりを戻す
    • 砂漠で拾った赤ちゃんを巡って仲違いしたかつての親友
    西部劇
    • 製作年1931年
    • 製作国アメリカ
    • 時間73分
    • 監督ハワード・ヒギン
    • 主演ウィリアム・ボイド
  31. サラトガ
    • E
    「空駆ける恋」「サンフランシスコ」のクラーク・ゲーブルと「座り込み結婚」「結婚クーデター」のジーン・ハーロウが主演する映画で「サンフランシスコ」のアニタ・ルースと「豚児売り出す」のロバート・E・ホプキンスとが協力して脚本を書き卸ろしし「結婚クーデター」「嵐の三色旗」のジャック・コンウェイが撮影した。主役二人を助けて「我は海の子」「椿姫(1937)」のライオネル・バリモア、「踊る海賊(1936)」「逢瀬いま一度」のフランク・モーガン、「呪われた女」のウォルター・ビジョン、「港に異常なし」のユウナ・マーケル、「海の魂」のジョージ・ザッコ、「ジョージ・ホワイツ 1935年スキャンダルス」のクリフ・エドワーズ等が出演してい。

    ネット上の声

    • 競馬まわりの人間関係を舞台にしたスクリューボール系ラブコメ
    • クラークゲーブルが好きな方は
    • 製作年1937年
    • 製作国アメリカ
    • 時間94分
    • 監督ジャック・コンウェイ
    • 主演クラーク・ゲイブル
  32. 地球を駆ける男
    • E
    「テスト・パイロット」「恋の挽歌」と同じくクラーク・ゲーブルとマーナ・ローイが主演する映画で、レン・ハモンドのストーリーを「薔薇はなぜ紅い」に協力したレンス・ストーリングスと「最後のギャング」のジョン・リー・メインとが協力脚色し「サラトガ」「響け凱歌」のジャック・コンウェイが監督に当り、「我は海の子」「響け凱歌」のハロルド・ロッソンが撮影した。助演者は「サラトガ」のウォルター・ビジョン「大地」のウォルター・コノリー、「歴史は夜作られる」のレオ・カリーロ、かつての喜劇スタア、ジョニー・ハインズ等である。

    ネット上の声

    • 鳥人:ゲイブル!
    • ブードゥー教団に囚われた彼女の兄をクラーク・ゲーブルのカメラマンが救い出す
    • 全世界を駆け巡るカメラマンが主人公
    • ……?! 駆けすぎじゃね?
    アドベンチャー(冒険)
    • 製作年1938年
    • 製作国アメリカ
    • 時間105分
    • 監督ジャック・コンウェイ
    • 主演マーナ・ロイ
  33. 心の青空
    • E
    「悪魔の日曜日」「トレスパサー」の原作脚色監督者エドモンド・グールディングと「マタ・ハリ」「明暗二人女」のベンジャミン・グレイザーが共同して執筆した原作を「医者の妻」のモーリン・ワトキンスとミルトン・H・グロッパーが共同脚色し「シマロン(1931)」「曳かれゆく男」のウェズリー・ラッグルズが監督に当たったもの。主演者は「自由の魂」「スザン・レノックス」のクラーク・ゲーブルで、「明日は晴れ」「恋を喰べる女」のキャロル・ロンバードと「オフィスワイフ」「大親分」のドロシー・マッケールが相手役を演じ、「恋愛百科全書」のグラント・ミッチェル、「未亡人倶楽部」のジョージ・バービア、「楽園の大河」のエリザベス・パターソン、「暴君ネロ(1932)」のトミイ・コンロン、「蹴球大学」のJ・ファーレル・マクドナルド等が助演している。撮影は「ストリート・ガール」のレオ・トーヴァーの担任。

    ネット上の声

    • ウェズリー・ラッグルズ監督作品!
    • クラーク・ゲーブルとキャロル・ロンバード、2人の人気俳優を主演に迎えた恋愛映画で
    • 再出発できるかな
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1932年
    • 製作国アメリカ
    • 時間98分
    • 監督ウェズリー・ラッグルス
    • 主演キャロル・ロンバード
  34. 無法街
    • E
    「ゼンダ城の虜(1952)」のパンドロ・S・バーマンが1941年に製作した西部劇。「黒騎士」のマーゲリット・ロバーツとジョン・サンフォードのオリジナル脚本から「ブーム・タウン」の故ジャック・コンウェイが監督、「三つの恋の物語」のハロルド・ロッソンが撮影を、「愛しのシバよ帰れ」のフランツ・ワックスマンが音楽をそれぞれ担当した。主演は「ミズーリ横断」のクラーク・ゲーブルと「悪人と美女」のラナ・ターナーで、「クーパーの花婿物語」の故フランク・モーガン、「荒野の三悪人」のクレア・トレヴァー、「ダイナマイト夫婦」のマージョリー・メイン、「テキサスから来た男」のアルバート・デッカー、ヘンリー・オニール、チル・ウィリスなどが助演する。
    西部劇
    • 製作年1941年
    • 製作国アメリカ
    • 時間105分
    • 監督ジャック・コンウェイ
    • 主演クラーク・ゲイブル
  35. 自由の魂
    • E
    「仮染の唇」「結婚双紙」と同じくノーマ・セレト・ジョンの筆になる小説をベッキー・ガーディナーが改作し、「仮染の唇」「結婚双紙」のジョン・ミーハンが撮影台本に組み立て、これに基づいて「アンナ・クリスティ」「インスピレーション」のクラレンス・ブラウンが監督にあたったもので助演者は「私の殺した男」「キートンのエキストラ」のライオネル・バリモア、「無冠の帝王」「秘密の6」のクラーク・ゲーブル、レスリー・ハワード、「滅びゆく凱歌」のジェームズ・グリーソン、ルシー・ボーモンなど。カメラは「アンナ・クリスティ」「仮染の唇」のウィリアム・ダニエルスが担任。
    サスペンス
    • 製作年1931年
    • 製作国アメリカ
    • 時間91分
    • 監督クラレンス・ブラウン
    • 主演ノーマ・シアラー
  36. 無冠の帝王
    • E
    「暁の偵察」「狼火」と同じくリチャード・バーセルメス主演する映画である。「暁の偵察」「つばさ」のジョン・モンク・ソーンダースとW・R・バーネット合作のストーリーからロバート・ロードが脚色し「恋の花園」「歓楽地帯」のジョン・フランシス・ディロンが監督したもので「国境の狼群(1930)」「喰人島征服」のフェイ・レイ、「キック・イン」のレジス・トゥーミー、クラーク・ゲーブル、「地獄の一丁目」のロバート・エリオット、オスカー・アフェル等が助演、カメラは「狼火」「便利な結婚」のアーネスト・ホーラーが担任。

    ネット上の声

    • ジャーナリズムのあり方
    サスペンス
    • 製作年1931年
    • 製作国アメリカ
    • 時間88分
    • 監督ジョン・フランシス・ディロン
    • 主演リチャード・バーセルメス
  37. 私のダイナ
    • E
    「ダンシング・レディ」と同じくジョーン・クローフォードとクラーク・ゲーブルが顔を合わせて主演する映画で、エドガー・セルウィンが書き下ろした物語を「宝島(1934)」「世界拳闘王」のジョン・リー・メインが脚色し、「蛍の光」「夜間飛行」のクラレンス・ブラウンが監督し「砲煙と薔薇」「虹の都へ」のジョージ・フォルシーが撮影に当たった。助演者は「第三の恋」「宝島(1934)」のオットー・クルーガーを始め、「奇傑パンチョ」「南風」のスチュアート・アーウィン、「ガヴァルケード」のユーナ・オコナー、マージョリー・ゲイトソン等である。

    ネット上の声

    • クラレンス・ブラウン監督のサイレント名画『燻ゆる情炎』では年下の恋人と愛する妹の
    • 時間に余裕がある方は
    • 製作年1934年
    • 製作国アメリカ
    • 時間76分
    • 監督クラレンス・ブラウン
    • 主演ジョーン・クロフォード
  38. 空駆ける恋
    • E
    「豪華一代娘」「私の行状記」のジョーン・クローフォードと「桑港」「妻と女秘書」のクラーク・ゲーブルが「断固戦うべし」「青春の抗議」のフランチョット・トーンを相手に主演する映画で、アラン・グリーンとジュリアン・ブロディーが書卸し、「小都会の女」のジョン・リー・メインが「地獄への挑戦」のマヌエル・セフ及びグラディス・ハールバットと協力して脚色し、「桑港」「愛怨二重奏」のW・S・ヴァン・ダイクが監督に、同じくオリヴァー・T・マーシュが撮影に夫々当たった。助演俳優は「逢瀬いま一度」のレジナルド・オーウェン、「ガルシアの伝令」のモナ・バリー、「支那海」のイヴァン・レベデフ、「春を手さぐる」のウィリアム・デマレスト、「バーバリー・コースト」のドナルド・ミーク等である。

    ネット上の声

    • ブーケを受け取ったのは…
    • 癒し系ラブコメ~~~かわいいいいい
    • 恋愛コメディー
    コメディ
    • 製作年1936年
    • 製作国アメリカ
    • 時間80分
    • 監督W・S・ヴァン・ダイク二世
    • 主演ジョーン・クロフォード
  39. 叛逆者
    • E
    「ローズ・マリー(1954)」のロナルド・ミラーとジョージ・フローシェルのコンビが脚本を書き、「三つの恋の物語」のゴットフリード・ラインハートが監督した色彩(イーストマンカラー)スパイ映画。撮影は「円卓の騎士」のフレディ・ヤング、音楽はワルター・ゲールである。「モガンボ」のクラーク・ゲーブル、「悪人と美女」のラナ・ターナー、「ディミトリアスと闘士」のヴィクター・マテュア、「第8ジェット戦闘機隊」のルイス・カルハーン、O・E・ハッセらが出演する。

    ネット上の声

    • 隠れた娯楽作品
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国アメリカ
    • 時間108分
    • 監督ゴットフリード・ラインハルト
    • 主演クラーク・ゲイブル
  40. 夜間飛行
    • E
    「グランド・ホテル」「晩餐8時」と同じくデイヴィッド・O・セルズニックが再作を主催したオール・スター映画で、原作は1931年度のフェミナ賞をとったアントワーヌ・ド・サン・テグジュぺリ作の小説で、脚色に「暴風の処女」「戦場よさらば」のバオリヴァ・H・P・ギャレットが、監督に「明日の太陽」「散り行く花」のクラレンス・ブラウンが、撮影には同じくオリヴァ・T・マーシュがあたった。直空中撮影は「火の翼」のエルマー・ダイヤーと「空の花嫁」のチャールズ・マーシャルが協力している。主演者は「晩餐八時」「グランド・ホテル」のジョン及びライオネル・バリモア、「舗道の雨」のヘレン・ヘイズ及びロバート・モンゴメリー、「紅塵」のクラーク・ゲーブル、「世界ボクシング王」のマーナ・ローイの6スターで「恐怖の四人」のウィリアム・ガーガン、「スター悩殺」のレスリー・フェントン、「暁の暴風」のC・ヘンリー・ゴードン等が助演。

    ネット上の声

    • 本を読んだので、とりあえずメモとして
    • 製作年1933年
    • 製作国アメリカ
    • 時間84分
    • 監督クラレンス・ブラウン
    • 主演ジョン・バリモア
  41. 41

    冒険

    冒険
    • E
    「ブーム・タウン」「風と共に去りぬ」クラーク・ゲーブルが「心の旅路」「キューリー夫人」のグリア・ガースンと主演する映画でクライド・ブライオン・ディヴィス作の小説を「春を手さぐる」のヴィンセント・ローレンスとフレデリック・ハズリット・ブレナンが協力して脚本を書き「テスト・パイロット」「風と共に去りぬ」のヴィクター・フレミングが監督し「心の旅路」「ガス燈」のジョセフ・ルッテンバーグが撮影を監督した。助演は「ブルックリン横町」のジョンプロプンデル「駅馬車(1939)」のトーマス・ミッチェル「恋の十日間」のトム・タリー「育ちゆく年」のリチャード・ヘイドン「悪魔の金」ジョン・クェーレン等である。なお原作小説は「目撃者(1936)」のアンソニー・ヴェイラーがウイリヤム・H・ライトと協力改作した。
    ドキュメンタリー
    • 製作年1946年
    • 製作国アメリカ
    • 時間125分
    • 監督ヴィクター・フレミング
    • 主演クラーク・ゲイブル
  42. スタアと選手
    • E
    「砲煙と薔薇」「虹の都へ」のマリオン・デイヴィースと「妻と女秘書」「野性の叫び(1935)」のクラーク・ゲーブルが顔合わせする映画で、H・C・ウィトワーが書き下ろし、「青春の抗議」のレアード・ドイルが脚色、「カリアンテ」「シスコ・キッド(1935)」のロイド・ベーコンが監督に当たり、「カリアンテ」のジョージ・バーンズが撮影したもの。助演俳優は「スイート・ミュージック」のアレン・ジェンキンス、「盲目の飛行士」のロスコー・カーンス、「オペラ・ハット」のウォルター・カトレット、新顔のデヴィット・カーライル、「春を手さぐる」のルース・ドネリー、「愛の弾丸」のバート・ケルトン、「聖林裸道中」の老ウィリアム・コリアーその他である。

    ネット上の声

    • 破茶滅茶コメディ
    • いくら何でも説得力がなさ過ぎる
    • 製作年1936年
    • 製作国アメリカ
    • 時間90分
    • 監督ロイド・ベーコン
    • 主演マリオン・デイヴィス
  43. スピード王
    • E
    「仔鹿物語」「緑園の天使」のクラレンス・ブラウンが製作並びに監督に当った1950年作品。脚本は「謎の下宿人」のバリー・リンドンとマージ・デッカーの書き下ろし。撮影は「夢みる少女」のハロルド・ロッソン、音楽は「暴力行為」のブロニスロウ・ケエパアの担当。主演は「帰郷(1948)」のクラーク・ゲーブルと「群衆」のバーバラ・スタンウィックで、「晴れて今宵は」のアドルフ・メンジュウ、「海の呼ぶ声」のウィル・ギア、「凸凹殺人ホテル」のローランド・ウィンタース、その他リラ・ブリッス、エモリー・パーネル、フランク・ジェンクス、ヘレン・スプリングらが助演する。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1950年
    • 製作国アメリカ
    • 時間91分
    • 監督クラレンス・ブラウン
    • 主演クラーク・ゲイブル
  44. 太平洋爆撃隊
    • E
    「大飛行艦隊」「大飛行船」と同じくアメリカ海軍少佐フランク・ウィードが書卸したストーリーを、ハーヴェイ・ゲイツとマルコム・スチュアート・ボイランが共同脚色し、「秘密の6」「大飛行艦隊」のジョージ・ヒルが監督し、「秘密の6」「惨劇の波止場」のハロルド・ウェンストロムが撮影したものである。主役は「チャンプ(1931)」「秘密の6」のウォーレス・ビアリーと「秘密の6」「暗黒街に踊る」のクラーク・ゲーブルで、「ニューヨークの歩道」「燃ゆる海原」のクリフ・エドワーズ、「印度の寵児」のコンラッド・ネーゲル、「假染の唇」のマージョリー・ラムボー、「ゴルフ狂時代」のドロシー・ジョーダン、「暴露戦術」のマリイ・ブレヴォー等が助演している。
    戦争
    • 製作年1932年
    • 製作国アメリカ
    • 時間113分
    • 監督ジョージ・ヒル
    • 主演ウォーレス・ビアリー
  45. 僕は御免だ
    • E
    「先生のお気に入り」のウィリアム・パールバーグとジョージ・シートンのコンビが製作した都会喜劇。監督は「王様と私」のウォルター・ラング。サムソン・ラファエルソンの戯曲を、ジョン・マイケル・ヘイズが脚色し、撮影を受け持ったのは「めまい」のロバート・バークス。音楽はレイス・スティヴンス。出演するのはクラーク・ゲーブル、「奇蹟」のキャロル・ベイカー、リリー・パルマーなど。
    コメディ
    • 製作年1959年
    • 製作国アメリカ
    • 時間105分
    • 監督ウォルター・ラング
    • 主演クラーク・ゲイブル
  46. 或る夜の特ダネ
    • E
    • 製作年1935年
    • 製作国アメリカ
    • 時間75分
    • 監督ロバート・Z・レオナード
    • 主演コンスタンス・ベネット
  47. 春の火遊び
    • E
    「紅塵」で共演した「プラチナ・ブロンド」のジーン・ハーロンと「ホワイト・シスター(1933)」のクラーク・ゲーブルとが再び共演主演する映画で、「カイロの一夜」「私重役様よ」のサム・ウッドが監督したものである。原作はさきにハーロン主演映画で我が国では検閲不許可になった「赤毛の女」を書いたアニタ・ルースが書き下ろしたもので、脚色にはルース自身が「闇に踊る(1932)」のハワード・エメット・ロジャーズと共同してあたった。助演者は「恋愛百科全書」のスチュアート・アーウィン、「女囚の意気地」のドロシー・バージェス、「最後の一人まで(1933)」のミュリエル・カークランド、それからギャリー・オーウェン、テレサ・ハリス、等である。カメラは「紅塵」「奥様御寵愛」等のハロルド・ロッスンの担任。
    • 製作年1933年
    • 製作国アメリカ
    • 時間---分
    • 監督サム・ウッド
    • 主演ジーン・ハーロウ
  48. 秘密の6
    • E
    「ビッグ・ハウス」「惨劇の波止場」と同じくフランセス・マリオンが脚本を書き下ろし、ジョージ、ヒルが監督、ウォレス・ビアリーが主演する映画で、カメラも同じくハロルド・ウェンストロムが担当した。「不死鳥」のリゥイス・ストーン。「ビリー・ザ・キッド」のジョン・マック・ブラウン、「民衆の敵」「地獄の天使(1930)」のジーン・ハーロウ、「惨劇の波止場」のマージョリー・ランボー、「キック・イン」のポール、ハースト、「素晴らしき嘘」のラルフ・ベラミー、「無冠の帝王」のクラーク・ゲーブルその他が共演する。
    • 製作年1931年
    • 製作国アメリカ
    • 時間83分
    • 監督ジョージ・ウィリアム・ヒル
    • 主演ジーン・ハーロウ
  49. 白衣の騎士
    • E
    「夜る夜の出来事」「ダンシング・レディ」のクラーク・ゲーブルが「世界拳闘王」「カイロの一夜」のマーナ・ローイを相手に主演する映画で、シドニー・キングスレー作の舞台劇を「坊やはお休み」のウォルデマー・マングが脚色し、「第三の恋」「暁の暴風」のリチャード・ボレスラウスキーが監督に当り、「暁の暴風」「紐育・ハリウッド」のジョージ・フォルシーが撮影した。助演者は「晩餐八時」のジーン・ハーショルト、「旅客機の怪盗」のエリザベス・アラン、「時計は踊る」のオット・クルーガー、「暁の暴風」のC・ヘンリー、ゴードン、「肉騨鬼中隊」のウォーレス・フォード、ラッセル・ハーディー、ラッセル・ホプトン、ヘンリー・B・ウォルソール等である。
    • 製作年1934年
    • 製作国アメリカ
    • 時間80分
    • 監督リチャード・ボレスラウスキー
    • 主演マーナ・ロイ
  50. ホワイト・シスター
    • E
    「戦場よさらば」「マデロンの悲劇」のヘレン・ヘイズと「自由の魂」「スザン・レノックス」のクラーク・ゲーブルが主演する映画で、F・マリオン・クロフォード作の小説とそれに基づくウォルター・ハケット作の舞台劇に拠って「心を汚されし女」のドナルド・オグデン・スチュアートが脚色し、「紅塵」「ダグラスの世界一周」のヴィクター・フレミングが監督に当たり、「お気に召すまま(1932)」「摩天楼の狼」のウィリアム・ダニエルスが撮影した。助演者は「男子戦わざる可らず」「散り行く花」のルイス・ストーン、「戦慄街」のエドワード・アーノルド、「男子戦わざる可らず」のメイ・ロブソン、「散り行く花」のルイズ・クロッサ・ヘイル、アラン・エドワーズ等である。
    • 製作年1933年
    • 製作国アメリカ
    • 時間101分
    • 監督ヴィクター・フレミング
    • 主演ヘレン・ヘイズ

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。