全6作品。アンバー・ヴァレッタが出演した映画ランキング

  1. トランスポーター2

    トランスポーター2
    評価:B3.75
    トランスポーター業から足を洗い、マイアミにやって来たフランク(ジェイスン・ステイサム)。彼は裕福なビリングス家の6歳になる一人息子、ジャック(ハンター・クラリー)の送り迎え係として穏やかな日々を過ごしていた。しかし、ある日、ジャックの定期健診のために訪れた病院で、2人は何者かに襲われてしまう。

    アクション

    ネット上の声

    プロの運び屋が次に運ぶもの。それは・・・
    まさにノン・ストップのアクション映画
    オトしたい女性と観ることを禁ず。
    殺し屋ケイト・ノタがいいです。
    製作年:2005
    製作国:フランス/アメリカ
    監督:ルイ・レテリエ
    主演:ジェイソン・ステイサム
    1
  2. 最後の恋のはじめ方

    最後の恋のはじめ方
    評価:B3.67
    “デートのことなら僕におまかせ”のデート・ドクターであり、恋愛はお手のもののアレックス・ヒッチ(ウィル・スミス)だったが、ゴシップ・コラムニストのサラ(エヴァ・メンデス)と出会って恋に落ちてしまう。しかし自分の恋にはなすすべがないヒッチは……。

    恋愛

    ネット上の声

    ウィル兄貴の 最後の恋のはじめ方。
    よくありそうなラブコメだけど
    恋愛の専門家の恋愛とは
    面白い!! 笑える!!
    製作年:2005
    製作国:アメリカ
    監督:アンディ・テナント
    主演:ウィル・スミス
    2
  3. ラストタイム 欲望が果てるとき

    ラストタイム 欲望が果てるとき
    評価:C3.55
     アメリカの企業社会を舞台に、トップ・セールスマンがひとりの新米セールスマンを指導することになったことから生じた禁断の三角関係とその顛末を描いたサスペンス。

    サスペンス

    ネット上の声

    ごめんじゃすまないことがある
    例えるなら、手の平の宝石
    意外な結末、でもよかった
    ラスト・タイムなのか
    製作年:2006
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・カレオ
    主演:マイケル・キートン
    3
  4. ダブル・ミッション

    ダブル・ミッション
    評価:C3.31
    香港のアクション・スター、ジャッキー・チェンのハリウッド進出30周年記念作となるアクション・コメディー。結婚を機にスパイから引退しようとした矢先、恋人の子どものいたずらで巨大な陰謀に巻き込まれてしまうCIAエージェントの奮闘を描く。

    アクション

    ネット上の声

    子供も安心な辛さのカレー的ファミリー映画
    ディス・イズ・アメリカン・ファミリー
    外見は老けてもアクションは健在!
    映画好きの子供たちに超お勧め♪
    製作年:2010
    製作国:アメリカ
    監督:ブライアン・レヴァント
    主演:ジャッキー・チェン
    4
  5. デッド・サイレンス

    デッド・サイレンス
    評価:D3.10
    斬新なスリラー『ソウ』を生んだ監督ジェームズ・ワンと脚本家リー・ワネルが再び組んだ、謎の腹話術人形に翻弄(ほんろう)される一家の宿命を描いた人形ホラー。クラシックなホラー映画の雰囲気と悪趣味なテイストで恐怖をあおる。

    ホラー

    ネット上の声

    ソウを超えられる訳ね~っす。
    SAWを 生んだ監督と言う言葉に
    メアリー・ショウにご用心
    ありますよ、 人形パワー
    製作年:2007
    製作国:アメリカ
    監督:ジェームズ・ワン
    主演:ライアン・クワンテン
    5
  6. GAMER

    GAMER
    評価:E2.50
    天才クリエイター、キャッスル(マイケル・C・ホール)が開発したオンライン・ゲーム“スレイヤー”では、生身の人間が遠隔操作され、激しい戦闘を繰り広げていた。無実の罪で投獄され、スレイヤーの戦士となったケーブル(ジェラルド・バトラー)は、30回勝ち抜けば釈放という条件にあと1回と迫り、世界中の注目を集めていたが……。

    アクション、SF

    ネット上の声

    ■この近未来ゲームってなんかつまんなそう
    R15+はダテじゃない:その壱
    それなりに見所はあります
    流行の設定に囚われて残念
    製作年:2009
    製作国:アメリカ
    監督:ネヴェルダイン
    主演:ジェラルド・バトラー
    6