スポンサーリンクあり

全21作品。前田敦子が出演した映画ランキング

  1. あつい胸さわぎ
    • A
    • 4.40
    若年性乳がんを題材に母娘の複雑な心模様を描いた人間ドラマ。劇作家・横山拓也による演劇ユニット「iaku」の同名舞台を映画化し、「凶悪」の高橋泉が脚本、「恋とさよならとハワイ」のまつむらしんごが監督を務めた。 港町の古い一軒家で、母・昭子と2人で暮らす千夏。念願の芸大に合格し多忙な日々を送る彼女は、大学から出された創作小説の課題「初恋の思い出」に取り組んでいる。千夏は中学時代に初恋相手の光輝から言われた言葉を今でも忘れられず、その感情を小説にぶつけることで昇華させようとする。ある日、昭子は千夏の部屋で、乳がん検診の再検査通知を見つける。娘を心配するあまり本人以上にネガティブになってしまう昭子だったが、千夏は再検査に訪れた病院でも気が乗らない様子。やがて、2人の日常にある変化が訪れる。 娘・千夏を「たぶん」の吉田美月喜、母・昭子を常盤貴子が演じる。

    ネット上の声

    • 胸の苦しさが伝わってきました。
    • とても説得力のある設定に共感!
    • 胸というテーマが面白いです
    • 繊細に紡がれたテーマ
    青春、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2022年
    • 製作国日本
    • 時間93分
    • 監督まつむらしんご
    • 主演吉田美月喜
    • レンタル
  2. そばかす
    • A
    • 4.40
    他人に恋愛感情を抱かない女性が周囲と向き合いながら自分自身を見つめる姿を描いたドラマ。 30歳の蘇畑佳純は物心ついた頃から恋愛がよくわからず、いつまで経っても恋愛感情が湧かない自分に不安を覚えながらもマイペースに生きてきた。大学では音楽を志すも挫折し、現在は地元のコールセンターで苦情対応に追われる日々を送っている。妹が結婚・妊娠したこともあって母からは頻繁にプレッシャーをかけられており、ついには無断でお見合いまでセッティングされてしまう。そこで彼女が出会ったのは、結婚よりも友だち付き合いを望む男性だった。 「ドライブ・マイ・カー」の三浦透子が主演を務め、中学時代の同級生を前田敦子、同僚を北村匠海、妹を伊藤万理華が演じる。「his」のアサダアツシが企画・脚本を手がけ、劇団「玉田企画」主宰の玉田真也が監督を務めた。

    ネット上の声

    • 恋愛感情を持たない女性の「なんでもない」1人の物語
    • 恋愛至上主義の社会の中で
    • 観た時がめちゃタイムリー
    • はまらず🙅‍♂️
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2022年
    • 製作国日本
    • 時間104分
    • 監督玉田真也
    • 主演三浦透子
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  3. もっと超越した所へ。
    • A
    • 4.08
    劇作家の根本宗子が脚本・演出を手がけた2015年上演の同名舞台を、根本自ら脚本を担当して映画化。前田敦子が主演を務め、ダメ男を引き寄せる女たちの恋愛模様を描く。 2020年、デザイナーの真知子はバンドマン志望の怜人と、元子役でバラエティタレントの鈴はあざとかわいい男子の富と、金髪ギャルの美和はハイテンションなフリーターの泰造と、風俗嬢の七瀬はプライドの高い元子役の慎太郎と付き合っていた。それぞれ彼氏に不満を抱きながらも幸せな日々を過ごす彼女たちだったが、男たちは彼女に甘えて増長し、ついに別れの時がやって来る。 前田扮する真知子の彼氏・怜人を「Sexy Zone」の菊池風磨が演じ、「生きてるだけで、愛。」の趣里、「スマホを落としただけなのに」の千葉雄大、「サマーフィルムにのって」の伊藤万理華、ロックバンド「OKAMOTO’S」のオカモトレイジが共演。監督は「傷だらけの悪魔」の山岸聖太。

    ネット上の声

    • 超越を必要とする人は、超越の中にいる自分を愛しすぎているかもしれない
    • 前半は笑わされ、後半は考えさせられる。好みが分かれそう…
    • 新鮮でおもしろかったです。でも好みは別れそう…。
    • クライマックスで一気にテンション上がる。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2022年
    • 製作国日本
    • 時間119分
    • 監督山岸聖太
    • 主演前田敦子
    • レンタル
    • レンタル
    • 定額
  4. モヒカン故郷に帰る
    • C
    • 3.60
    「横道世之介」「南極料理人」の沖田修一監督が、松田龍平を主演に迎えて描くホームドラマ。結婚報告のため瀬戸内海の故郷へ7年ぶりに帰ってきたモヒカン頭の永吉が、父や恋人、母、弟・浩二とともに繰り広げる悲喜こもごもを描く。売れないデスメタルバンドのボーカル・永吉は、恋人の由佳が妊娠したことをきっかけに、瀬戸内海に浮かぶ故郷の戸鼻島(とびじま)へ7年ぶりに帰郷。同じく故郷を出ていたはずの弟もいつの間にか帰郷しており、久々に一家が顔をそろえるが、そこで父親のガンが発覚し……。松田がモヒカン頭の主人公・永吉に扮し、父親役に柄本明、恋人役に前田敦子、母親役にもたいまさこ、弟役に千葉雄大と個性的なキャストが集った。

    ネット上の声

    • カープ、永ちゃん好きの異彩な家族×田舎の温かみ
    • シリアスと笑いの、相性の悪さが生んだ良作
    • E.YAZAWAファンと広島県民必見じゃけぇ
    • 本当の評価(劇場に行く前に!)
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2015年
    • 製作国日本
    • 時間125分
    • 監督沖田修一
    • 主演松田龍平
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  5. そして僕は途方に暮れる
    • C
    • 3.36
    三浦大輔の作・演出、「Kis-My-Ft2」の藤ヶ谷太輔主演で2018年春にシアターコクーンで上演された舞台「そして僕は途方に暮れる」を、舞台に続き三浦と藤ヶ谷のタッグで映画化。 自堕落な生活を送るフリーターの菅原裕一には、長年同棲している鈴木里美という恋人がいるが、あることをきっかけに彼女を裏切ってしまい、里美と話し合うこともなく家を飛び出してしまう。親友の今井伸二、バイト先の先輩・田村修、学生時代の後輩・加藤、姉・香、母・智子のもとを渡り歩く裕一は、バツが悪くなるとその場を離れ、あらゆる人間関係から逃げ続けていく。そんな中、裕一が出会ったのは、偶然に家族から逃げていった父・浩二だった。父との出会いにより、裕一の中で何かが少しずつ変わり始めていくが……。 三浦がメガホンを取り、藤ヶ谷が裕一役で主演を務めた。

    ネット上の声

    • オレも主人公同様のクズ!スマホから始まり、泊めてくれる友人や先輩、両親も健在で何より前田敦子の様な恋人が居るだけ裕一の方がマシ!オレには偶に泊めてくれる友人が一人居るだけだから!
    • 「そして僕は途方に暮れる」このタイトルにはとても惹かれる
    • 自分に関わった全ての人に、ごめんなさい。
    • "なんか"でしかないんですけど・・・
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2022年
    • 製作国日本
    • 時間122分
    • 監督三浦大輔
    • 主演藤ヶ谷太輔
    • レンタル
  6. 銭形警部
    • E
    • 2.65
    サスペンス、 アクション
    • 製作年2017年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督---
    • 主演鈴木亮平
  7. 一月の声に歓びを刻め
    • E
    • 2.62

    ネット上の声

    • 何を述べているか理解がしがたい
    • 美しく、逞しく、清々しい物語。
    • トト・モレッティ
    • 女性目線なのかな
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2024年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督三島有紀子
    • 主演前田敦子
  8. 素敵なダイナマイトスキャンダル
    • E
    • 2.51
    実母がダイナマイト心中を図ったという強烈な体験を持つ雑誌編集者・末井昭の自伝的エッセイを柄本佑主演、「パビリオン山椒魚」「南瓜とマヨネーズ」の冨永昌敬監督によるメガホンで映画化。母・富子が隣家の息子とダイナマイトで心中した末井青年。18歳で田舎を飛び出し、昼は工場勤務、夜はデザイン学校という生活から、看板会社への就職、そしてエロ雑誌の世界へと足を踏み入れる。表紙デザイン、レイアウト、取材、撮影、漫画と、あらゆる業務をこなしながら、編集長として「立て!男のエキサイト・マガジン」をキャッチフレーズに雑誌「NEW SELF」を創刊。カメラマンの荒木ら精鋭たちがメンバーとして集い、雑誌は軌道に乗るが、わいせつ文書販売容疑で発禁となってしまう。柄本が主人公の末井役を、尾野真千子が母・富子役を演じるほか、前田敦子、三浦透子、峯田和伸、松重豊、村上淳らが出演。

    ネット上の声

    • あの時代の空気を知って欲しい気がするが…
    • 昭和の、訳のわからないパワーと切なさ
    • いろんな世界を覗かせてくれる。
    • 末井 昭 さま そうでしたか。
    青春、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2018年
    • 製作国日本
    • 時間138分
    • 監督冨永昌敬
    • 主演柄本佑
    • レンタル
  9. 旅のおわり世界のはじまり
    • E
    • 2.50
    カンヌ国際映画祭で受賞を果たした「岸辺の旅」など国内外で高い評価を受ける黒沢清監督が、「散歩する侵略者」「Seventh Code」でもタッグを組んだ前田敦子を主演に迎え、シルクロードを舞台に、日本とウズベキスタンの合作で製作したロードムービー。取材のためにウズベキスタンを訪れたテレビ番組のレポーターが、番組クルーとともにシルクロードを旅する中で成長していく姿を、現地でのオールロケで描いた。いつか舞台で歌を歌うことという夢を胸に秘めたテレビ番組レポーターの葉子は、巨大な湖に潜む幻の怪魚を探すという番組制作のため、かつてシルクロードの中心として栄えた地を訪れる。早速、番組収録を始めた葉子たちだったが、思うようにいかない異国の地でのロケに、番組クルーたちもいらだちを募らせていく。そんなある日、撮影が終わり、ひとり町に出た葉子は、かすかな歌声に導かれ、美しい装飾の施された劇場に迷い込むが……。葉子と行動をともにする番組クルーたちに、加瀬亮、染谷将太、柄本時生と実力派が集結。

    ネット上の声

    • この脚本で前田敦子主演には無理があったのかも
    • あっちゃんのためだけの映画ですよね?
    • ウズベキスタン旅行気分で鑑賞。
    • 本当はもっと素敵な国です!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2019年
    • 製作国日本,ウズベキスタン
    • 時間120分
    • 監督黒沢清
    • 主演前田敦子
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  10. イニシエーション・ラブ
    • E
    • 2.50
    松田翔太と前田敦子の共演で、乾くるみの人気小説を映画化。原作は、最後の2行に仕掛けられたどんでん返しが評判を呼び、発表から10年以上を経て130万部を超えるベストセラーになった話題作。映画は、1980年代後半の静岡を舞台に、奥手で恋愛経験のない大学生・鈴木が、合コンで知り合った女性マユとの日々を通して変化していく姿を描く「Side-A」、就職先の会社で東京本社に転勤することになった鈴木がマユを置いて上京し、本社の同僚・美弥子との出会いで心が揺れる「Side-B」という2つの物語が並行しながら、原作とは異なるエンディングを迎える。監督は「SPEC」「TRICK」シリーズの堤幸彦。

    ネット上の声

    • 原作のいいとこを映像化でふくらませた感じ
    • 原作より良、騙され楽し、種明し付き手品芸
    • 原作知っていても楽しめる。前田敦子も◎
    • 違う違う!見破った上でなお面白いだろ?
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年2015年
    • 製作国日本
    • 時間110分
    • 監督堤幸彦
    • 主演松田翔太
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  11. 食べる女
    • E
    • 2.49
    小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、鈴木京香ら豪華女優陣が共演し、「食」と「性」をテーマに8人の女たちの日常を描いた筒井ともみの短編小説集「食べる女 決定版」を映画化。雑文筆家のトン子こと餅月敦子は、古びた日本家屋の古書店「モチの家」の女主人。料理をこよなく愛する彼女の家には、恋や人生に迷える女たちが夜な夜な集まってくる。トン子を担当する編集者で男を寄せつけないドドこと小麦田圭子、ドドの飲み仲間であるドラマ制作会社の白子多実子、求められると断れない古着屋店員の本津あかり、いけない魅力を振りまくごはんやの女将・鴨舌美冬ら、年齢も職業も価値観もバラバラな彼女たちを、おいしい料理を作って迎え入れるトン子だったが……。男性陣にもユースケ・サンタマリア、池内博之、勝地涼ら個性豊かなメンバーが集結。原作者の筒井自ら脚本を手がけ、「手紙」の生野慈朗が監督を務めた。

    ネット上の声

    • 料理が出てくる作品が好きだから見てみたくなった!
    • 少なくとも女性を応援してはいないだろ
    • 食の彩り、美味しさが伝わらない。
    • 世の女性は怒らないのだろうか?
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2018年
    • 製作国日本
    • 時間111分
    • 監督生野慈朗
    • 主演小泉今日子
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  12. 武曲 MUKOKU
    • E
    • 2.38
    「私の男」の熊切和嘉監督が綾野剛を主演に迎え、芥川賞作家・藤沢周の小説「武曲」を映画化。現代の鎌倉を舞台に、生きる気力を失った凄腕剣士と、天性の剣の才能を持つ少年が繰り広げる宿命の対決を活写する。剣道の達人だった父に幼少時から鍛えられ、剣道5段の腕を持つ矢田部研吾。しかし父をめぐるある事件をきっかけに剣を捨て、自堕落な日々を送っていた。研吾のもう1人の師匠である僧侶・光邑は、研吾を立ち直らせるため、ラップのリリック作りに夢中な高校生・羽田融を送り込む。融は剣道初心者だったが、本人も気づかない恐るべき剣の才能を秘めていた。綾野扮する主人公・研吾と魂の決闘を繰り広げる融役に「2つ目の窓」の村上虹郎。研吾の恋人役を前田敦子、研吾が通う小料理屋の女将役を風吹ジュン、研吾の父役を小林薫、研吾の師・光邑役を柄本明がそれぞれ演じる。

    ネット上の声

    • 近年まれに見る「クズ大人気なかっこいい」作品
    • 邦画の魅力☆台風一過の青空のような映画
    • 常識的にありえないことが満載
    • 綾野剛の熱演だけでは厳しい。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2017年
    • 製作国日本
    • 時間125分
    • 監督熊切和嘉
    • 主演綾野剛
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  13. もらとりあむタマ子
    • E
    • 2.31
    「苦役列車」でもタッグを組んだ前田敦子と山下敦弘監督が、実家で自堕落な日々を送る女性タマ子の姿を描くドラマ。東京の大学を出たものの、父親がひとりで暮らす甲府の実家に戻ってきて就職もせず、家業も手伝わず、ただひたすらに食っちゃ寝の毎日を送る23歳のタマ子が、やがてわずかな一歩を踏み出すまでの1年を追う。音楽チャンネル「MUSIC ON! TV(エムオン!)」の30秒のステーションIDとして、春夏秋冬を通して描かれてきたタマ子の日常を長編化した。主題歌を星野源、脚本を「リンダ リンダ リンダ」「マイ・バック・ページ」の向井康介が担当。

    ネット上の声

    • 前田敦子の潜在能力を見つけられる作品
    • 前田敦子は、確実に良くなっている
    • 空前絶後の、つまらなさでした!!
    • 昨日に引き続き、山下敦弘監督作品
    青春、 ヒューマンドラマ、 コメディ
    • 製作年2013年
    • 製作国日本
    • 時間78分
    • 監督山下敦弘
    • 主演前田敦子
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  14. 苦役列車
    • E
    • 2.30
    西村賢太による2010年・第144回芥川賞作を「天然コケッコー」「マイ・バック・ページ」の山下敦弘監督が映画化。昭和の終わりの酒と風俗におぼれる日雇い労働の青年の姿を通して、孤独や窮乏、生きる力について描き出していく。1987年、中卒で19歳の北町貫多は、日当5500円の日雇い労働でその日暮らしの生活を続けていた。生来の素行の悪さと性犯罪者だった父をもつ引け目から友人も恋人もいない貫多だったが、ある出会いによって大きく変化していく。主演は「世界の中心で、愛をさけぶ」「モテキ」の森山未來。貫多が港湾労働で知り合い、貫多に変化をもたらしていく専門学校生・日下部正二に高良健吾が扮する。映画オリジナルのヒロイン・桜井康子役で「AKB48」の前田敦子も出演。

    ネット上の声

    • 『苦役列車 』が悲惨にみえないのは、“友ナシ、金ナシ、女ナシ”でも“若さ”があるからだろうと思った話
    • どうしようもないクズ男とか情けない男を演じさせたら、森山未來に勝る人はいないので
    • 反吐が出そうな映画だが観終わってからの…
    • 原作の西村賢太が「つまらない」と言う映画
    孤独、 青春
    • 製作年2012年
    • 製作国日本
    • 時間114分
    • 監督山下敦弘
    • 主演森山未來
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  15. さよなら歌舞伎町
    • E
    • 2.28
    話題作に引く手あまたの染谷将太と、「もらとりあむタマ子」が高い評価を受けた前田敦子が初共演したオリジナル作品。廣木隆一監督がメガホンをとり、脚本を廣木監督の「ヴァイブレータ」「やわらかい生活」も手がけたベテラン脚本家の荒井晴彦と、「戦争と一人の女」の中野太が担当。自らを一流ホテルマンだと偽る、しがないラブホテル店長の徹と、ミュージシャンを目指す沙耶のカップルを中心に、新宿歌舞伎町のラブホテルに集う5組の男女の人生が交錯する1日を描いた群像劇。イ・ウヌ、忍成修吾、大森南朋、田口トモロヲ、村上淳、松重豊、南果歩ら、いずれも実力派の俳優たちが共演している。

    ネット上の声

    • 下半身にまつわるスライス・オブ・ライフ
    • ●さよならできる者、とどまる者。
    • イ・ウンウの存在感が光る135分
    • 日本人の変態さ加減をみたか!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2014年
    • 製作国日本
    • 時間135分
    • 監督廣木隆一
    • 主演染谷将太
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  16. Seventh Code セブンス・コード
    • E
    • 2.23
    秋子(前田敦子)は松永(鈴木亮平)という男性を追い掛け、ウラジオストクを訪れる。ようやく極東の街で念願の相手と再会を果たすものの、向こうは彼女のことなどきれいさっぱり忘れていた。ある日、斉藤(山本浩司)が経営する小さな食堂で働きながら松永の行方を探していた秋子のもとに、ようやく情報が入ってくる。

    ネット上の声

    • ここまでのクソ映画、逆に見たことないです
    • まずは映画として評価すべき。
    • 60分で、この内容スゴいでしょ
    • 素晴らしい前田敦子の演技力
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年2013年
    • 製作国日本
    • 時間60分
    • 監督黒沢清
    • 主演前田敦子
  17. コンビニエンス・ストーリー
    • E
    • 2.16
    映画「インスタント沼」やドラマ「時効警察」シリーズの三木聡監督がメガホンをとり、成田凌と前田敦子の共演で描く異世界アドベンチャー。 スランプ中の売れない脚本家の加藤は、恋人ジグザグの飼い犬・ケルベロスに脚本執筆の邪魔をされ、腹立ちまぎれにケルベロスを山奥に捨ててしまうが、後味の悪さからケルベロスを探しにふたたび山へと入っていく。その途中でレンタカーが突然故障し、立ち往生してしまった加藤は霧の中にたたずむコンビニ「リソマート」で働く妖艶な人妻・惠子に助けられる。惠子の夫でコンビニオーナーの南雲の家に泊めてもらうことになった加藤は、とりあえず難を逃れたかと思われたが、その時すでに、彼は現世から切り離された異世界に入り込んでしまっていた。 加藤役を成田、惠子役を前田が演じるほか、六角精児、片山友希、岩松了、渋川清彦、ふせえりらが顔をそろえる。ジャパンタイムズで日本映画の批評を行う映画評論家でプロデューサーのマーク・シリングが企画・考案したオリジナルストーリーをもとに、三木監督が脚本を手がけた。

    ネット上の声

    • 最悪でした!
    • 失笑系小ワザ
    • 演者はこの世界観どこまで理解していたのだろうか…🐕まず三木監督ファンのマークシリ
    • あの三木聡監督で、原案がマーク・シリングと云うアメリカの映画評論家の方
    ファンタジー
    • 製作年2022年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督三木聡
    • 主演成田凌
    • レンタル
    • レンタル
    • レンタル
    • 定額
  18. 葬式の名人
    • E
    • 2.14
    日本人初のノーベル文学賞作家・川端康成の作品群をモチーフに、前田敦子と高良健吾が主演を務めて描いた青春群像ファンタジー。川端が幼児期から旧制茨木中学校(現・府立茨木高等学校)を卒業するまで暮らした大阪府茨木市が市制70周年記念事業として全面協力し、少年時代をもとにした「十六歳の日記」をはじめとするさまざまな川端作品の要素がちりばめられている。簡素な木造アパートで小学生の息子と2人で暮らすシングルマザーの雪子。ある日、高校時代の同級生の訃報が届いた雪子は通夜の席に足を運ぶ。高校卒業から10年、久しぶりに顔を合わせた雪子と同級生たち。雪子たちが参列したその通夜は、これまで誰も体験したことのない奇想天外なお通夜だった。前田、高良のほか、白洲迅、有馬稲子、尾上寛之、中西美帆、奥野瑛太、佐藤都輝子、樋井明日香らが顔をそろえる。閉館した銀座シネパトスを題材にした「インターミッション」で初メガホンをとった映画評論家・樋口尚文の監督第2作。

    ネット上の声

    • ジャンル『葬式の名人』として観るべし。
    • 目をつぶれるところと、そうでないところ
    • 地元じゃなかったら観ないかなぁ。。
    • 不思議な世界観。
    ファンタジー、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2018年
    • 製作国日本
    • 時間98分
    • 監督樋口尚文
    • 主演前田敦子
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  19. あしたの私のつくり方
    • E
    • 2.13
    「神童」など話題作への出演が相次ぐ成海璃子主演の青春ドラマ。学校でも家でも周囲に自分を合わせてしまう女子高生・寿梨は、優等生からイジメられっ子に変わってしまった小・中学校時代の同級生・日南子に、偽名で携帯メールを送り始める。“本当の自分”と“偽りの自分”との間で葛藤し成長していく思春期の少女たちの心情を、「トニー滝谷」の市川準監督がみずみずしいタッチで描き出す。共演はアイドルグループAKB48の前田敦子。

    ネット上の声

    • 【”お前は嘘が巧いから、行いだけでも良くなさい。”校内ヒエラルキーの中で必死に生きる二人の少女の姿を描いた作品。本当の自分を探そうとする少女達の心の機微を、清廉なタッチで描き出した作品でもある。】
    • 「私なんでこんなに頑張っているんだろう」 という人に見てもらいたい。
    • 見た時には、まさか市川準監督の遺作になるとは思わず...
    • 主題は新味皆無、でも演技◎な成海璃子さん
    高校、 青春、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2007年
    • 製作国日本
    • 時間97分
    • 監督市川準
    • 主演成海璃子
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  20. もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
    • E
    • 1.99
    2009年12月に発売され、発行部数236万部を超えるベストセラーとなった岩崎夏海の同名小説を、人気アイドルグループ「AKB48」前田敦子の初主演で映画化。公立高校の弱小野球部でマネージャーを務める川島みなみが、勘違いして購入した経営学者ピーター・ドラッカーの著書「マネジメント」を参考に野球部を改革し、甲子園出場という夢を実現するために奔走する姿を描く。監督は「うた魂♪」の田中誠。共演に瀬戸康史、峯岸みなみ(AKB48)、池松壮亮、川口春奈、大泉洋ら。

    ネット上の声

    • おもしろかった! フィルマのスコアなんでこんなに低いの? 女子高生とドラッカーの
    • 最低、見る価値なし。長澤、前田は消える
    • もしも前田敦子が映画の主演をやったら
    • 結局野球を馬鹿にした最悪な映画だった
    野球、 部活も、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2011年
    • 製作国日本
    • 時間125分
    • 監督田中誠
    • 主演前田敦子
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  21. クロユリ団地
    • E
    • 1.96
    「リング」「仄暗い水の底から」の中田秀夫監督が、前田敦子と成宮寛貴の主演で、老朽化した団地を舞台に描くホラー。13年前から謎の死が続いているクロユリ団地に、そうとは知らずに引っ越してきた若い女性・明日香は、隣の部屋から響く不気味な音に悩まされる。そして、隣室で孤独死した老人を発見してしまい、その日を境に周囲でおぞましい出来事が続発。老人の遺品整理にやってきた青年・笹塚の助けを借りながら、老人が伝えようとしていた事実を探るが……。

    ネット上の声

    • 小学生以下の子に見せるのはオススメしない
    • いつまでも「秋元先生」に頼るな!
    • 前田敦子のワンマンショーかよ!!
    • ☆0個は出来ないんですか?
    ホラー
    • 製作年2013年
    • 製作国日本
    • 時間106分
    • 監督中田秀夫
    • 主演前田敦子
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。